ここから本文です

登山ガイド ムーントレックのブログ

書庫全体表示

 前夜発、信州健康ランドで仮眠後、新穂高へ。ロープウェイ始発は、9時。ゆっくりと西穂高口へ上がります。絶好の天気、ゴンドラ内ですでにテンションはかなり上がって、西穂口へ。屋上展望台での朝一番の絶景を楽しみます。一冬で何回もないような大パノラマでした。
 西穂山荘を目指します。約1時間半。風もなく、暖か。ゆっくりと歩きます。樹間から、真っ白な西穂高岳、独標が望まれます。西穂山荘では、NHKBSプレミアム新番組の収録が行われていました。
 小屋でまず、ラーメンを食して、準備を整え、丸山までスノートレッキングを楽しみます。バックには、焼岳、乗鞍岳、その後ろ遠方には、白山連峰、西側には、端正な笠ヶ岳、梓川をはさんで霞沢岳など。オールキャストの山々が出迎えてくれます。前方には、もちろん西穂高岳、独標が。やがて右前方に前穂高岳と明神岳が姿を現わします。
いつまでも眺めていたい風景に別れを告げ、小屋に戻ります。ティータイムの後、ロープウェイ駅へ。今日の穂高連峰は、希にみる大サービスをしてくれました。

西穂高口駅の屋上展望台。朝いちばんの大パノラマに感動します。
イメージ 1

西穂山荘まで、踏み固められたトレースがあり、とても歩きやすいです。ゆっくりと歩きます。
イメージ 2

約1時間半で小屋に着きました。
イメージ 3

まずは、これで腹ごしらえです。
イメージ 4

まだ時間が早いので小屋の食堂は、空いていました。
イメージ 5

いよいよ丸山までスノートレッキングを楽しみます。焼岳の煙もまっすぐに上がっています。
イメージ 6

稜線に上がると、真っ白な峰々が出迎えてくれました。独標、ピラミッドピーク、そして西穂高岳本峰が見えます。
イメージ 7

登山者の列が見えます。この時間では、独標アタックでしょう。
イメージ 8

丸山に着きました。360度の絶景にみなさん、言葉少な目。
イメージ 9

笠ヶ岳
イメージ 10

右手に焼岳。奥には、乗鞍岳。手前は、西穂山荘から丸山までのトレッキングコースの尾根。
イメージ 11

前穂高岳、明神岳。
イメージ 12

霞沢岳を前に。
イメージ 13

小屋へ戻ります。
イメージ 14

小屋手前で。
イメージ 15

屋でティータイム。のんびりできます。
イメージ 16

西穂高口駅へ戻ります。途中の樹間から西穂高岳ピーク群に別れを告げます。
イメージ 17

ゴンドラ内からは、槍ヶ岳の穂先も眺められました。
イメージ 18


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事