アナ・チュマチェンコ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


行ってきました。アナ・チュマチェンコ先生の室内楽コンサート。


「アナと室内楽の名手たち〜チュマチェンコ女史とともに」

日時: 2015年4月27日(月) 紀尾井ホール

出演: アナ・チュマチェンコ(Vn)
     菊池洋子(Pf)、鈴木学(Va)、中木健二(Vc)、池松宏(Cb)、
     齋藤雄介(Cl)、福士マリ子(Fg)、福川伸陽(Hr) 

曲目: モーツァルト: ピアノ四重奏曲第2番変ホ長調 KV493
     ベートーヴェン: 七重奏曲 変ホ長調 Op.20

いやはや、もう言葉がない。(といいつつ感想は溢れ出る・・・)
アナ先生のヴァイオリンを味わいつくすことができる室内楽プログラム。

モーツァルトとベートーヴェン、古典派の傑作室内楽。
ピアノ四重奏と管弦七重奏。いずれも変ホ長調。
新芽が萌え出るうららかな春。まさに祝祭的な明朗さです。

この日のアナ先生は、アンサンブルの一員でありながら、
まるで指揮者のようであり、コンサートマスターのようであり、
もう縦横無尽、八面六臂の大活躍。その溢れ出る音楽とスタミナに、
圧倒されっぱなしの、あっという間の2時間でした。

「アナと室内楽の名手たち」とありますが、
イタリアの大家族の台所を守る、陽気で頼りがいのあるマンマと、
それぞれ性格も個性も違うけど、かわいくてたまらない7人の子どもたち、
という印象。そう書くと、共演者の皆さんに失礼かもしれませんが
いまの地中海や当時のウィーンにはまだ残っていそうな大家族の姿。

弟子の玉菜採さんの公演に寄せたメッセージにもありましたが、
アナ先生と共演者の皆さんと、そしてホールに集ったお客さんたちとの、
みんなで囲むダイニング。一期一会の、とびきりの、ほっぺが落ちそうな、
おいしい手料理のテーブル。演奏会が終わった時のみんなの気持ちは、
きっと一緒だったと思います。「あ〜、おいしかった!ママ、ごちそうさま!」

モーツァルトでは、あたたかく、柔らかく、まろやかな音色で、
全体をすっぽり包み込み、もう身も心もとろけてしまいそうでした。
菊池洋子さんのピアノは、アナのヴァイオリンのテイストに寄り添って、
実に柔軟に反応し、見事に呼吸を合わせて、親密に語り合っていました。
菊池さんの音は、弦楽トリオ、特にアナの音色にピッタリで、粒立ちの良い
甘やかな音でした。もっと思い切って前面に出てもいいかなと思う瞬間も
ありましたが、控えめに一歩引いていても、細部まで丁寧に歌われていて
常に音楽的だから、不足感はまったくありませんでした。むしろバランスに
十分配慮しながら、弦としっかり組み合った、素晴らしい演奏でした。

そして、ベートーヴェン。
ピアノに代わり、コントラバス、ホルン、クラリネット、ファゴットが加わる、
6楽章編成の巨大な七重奏曲。メヌエットあり、行進曲風の変奏曲あり、
コミカルなスケルツォあり、盛りだくさんのこの曲は、50分近くにおよび、
その間ヴァイオリンはほぼ弾きっぱなし。難しくて弾きにくい音形は、そこかしこ。
愉しくも手ごわい大曲を、皆さん立って弾いてました!(もちろんチェロ以外)

誰よりも楽しそうに、すばしっこく、スウィングしていたのは、
他ならぬアナ先生。一番ノリノリで、キレキレで、スパーク!
楽曲を細部まで知り抜いているがゆえの、音符のすべてにいのちが宿る、
語りと歌とダンスのシークエンス。大技小技が次々と繰り出される、
アイディアとインスピレーションの連鎖。それが緻密な計算のようでいて、
アイディアをアイディアとも思っていないような、無意識に出てきてしまう、
そんな即興性。もう、お口あんぐり。

各楽章のキャラクターをしっかり掴み、テンポ設定も絶妙。
巧みに緩急をつけ、トリッキーなリズムや凝った音形のひとつひとつが、
信じがたいボウ・コントロールで完璧に分節され、クリアに粒が立つ。
先生の手には、普通の人には存在しない「秘密の関節」があるんじゃないかと
思ってしまうくらい、自由自在のボウイングに、目が釘付けになってしまう。

また裏に回って、伴奏や合いの手を打つ番になっても、小さな一音二音にさえ
音楽的で、味わい深い意味を与える。そして美しいハーモニーを引き立てる。
主役脇役が入れ替わり立ち替わり、歌と会話を交わす、室内楽の真骨頂。
これぞ最高のお手本。名演奏家にして名教師ならではの、極上の模範。

そして共演者のみなさんの熱演にも、感動しました。
アナ先生の紀尾井シンフォニエッタとのリハーサルの合間を縫って
このコンサートのための合わせが行われたと思います。
短い時間の中、必ずしも細部まで作り込んだ演奏というより、
名手たちの感じ方が尊重された、ある種の余白を保ったアンサンブル
そこをアナが自由に動き回って、想像力をかき立てるという感じ。
だから、かしこまった演奏会というより、「音楽家の日常」にふれる、
和やかな雰囲気のコンサートになりました。

たしかに、弦の音色にもう少し統一感があったらよかったかな、とか、
低弦がもう少し「声部」として機能したら、響きがより立体的になり、
ハーモニーも美しかっただろうなとか、ファゴットがもう少し聴こえたら、
一層味わい深かっただろうなとか、いろいろ感じたこともありました。
少し悔やまれるのは、3楽章のテンポ・ディ・メヌエットの主題。
ヴァイオリンが作り出した弾力のあるリズム・アーティキュレーションが、
チェロにそのまま受け継がれなかったのは、ちょっと惜しまれます。
でも終わってしまえば、超しあわせでお腹いっぱい。もう大満足。

ホールの歓喜と興奮に押されて、アンコールでは、七重奏曲の第3楽章、
さらに第5楽章も。アナは、さらに大胆に遊んで、アクセントを変えてみたり、
思い切って間を取って、メンバーも聴衆も、疲れ知らずのマンマにびっくり。
山っ気のあるサービスで会場を熱狂させてくれました。ああ楽しかった。

今回のこの演奏会、NHKの収録が入ってくれたこと、本当にうれしいです。
放送日が待ち遠しいです。

みそ


行ってきました。アナ・チュマチェンコ+紀尾井シンフォニエッタ 2日目。

2015年4月25日(土)
紀尾井シンフォニエッタ東京 第99回定期演奏会
指揮: サッシャ・ゲッツェル
ヴァイオリン: アナ・チュマチェンコ、玉井菜採 
オーケストラ: 紀尾井シンフォニエッタ東京
(コンサートマスター: 玉井菜採)

モーツァルト:2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ ハ長調 KV190 
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 KV218  
シューベルト:交響曲第8番ハ長調 D944 「グレイト」


1曲目のコンチェルトーネ。
タクトが振りおろされ、ふたりのソリストがトゥッティと共に演奏を始めた時、
すぐに感じました。「あ、今日はすごいぞ!」

先日のブログに書いたように、初日の演奏もほんとに素晴らしかった。
でも2日目を迎え、初日ならではの緊張もとれ、清々しい表情のアナ先生。
その演奏は、一層柔軟で、伸びやかで、余裕と確信に満ちていました。
音楽により安定した推進力と明確なダイレクションが感じられます。

それは、単に「同じことの2回目だから」という以上のことです。
だって、初日と全然違うことが、いっぱい起きるんだもん!
ボウイングは違うし、なれば当然アーティキュレーションもフレージングも
変わってくるし・・・。(それに、柔軟に反応する玉井さんもすごいけど。)
歌と語りは、より自由闊達で、音楽の運びは軽妙そのもの。
そんな自由を支えていたのは、絶妙のテンポ感でした。

テンポ設定は初日と特に変わっていません。にもかかわらず、
2日目のテンポ感は、完全にアナ先生の体から出てくるように聴こえました。
やや硬く緊張した中、一番しっくりくるテンポをどこか探っているような印象を
受けた初日に対して、2日目のテンポ感は、音楽が完全に体の中に入っていて、
それが内側から溢れ出てくるようでした。曲の魅力が最高に引き出される
絶妙なテンポ。改めて、テンポ設定がいかに重要か、思い知らされました。

そして4番のコンチェルトになると、ホールはもう「アナ・ワールド」。
彼女の“オーラ”に、ステージがすっぽりと包まれるようでした。
演奏は一層チャーミングで軽やかになり、アゴーギクやデュナーミクも変幻自在。
弾いているまさにその瞬間に、インスピレーションがどんどん湧いてくる
そんな新鮮さは、何十年もの豊富な経験と研鑽の賜物。まさに真の自由。

音楽を生きている、モーツァルトを生きている。
そんな「音楽家の生」に聴き手も招き入れられる。幸せですね。
天国のモーツァルトも、さぞ喜んでいたに違いない。

それにしても、アナのリズム感には、あいた口が塞がらない。
ロンドのリズム感。ダンスそのもの。彼女、やっぱりラテンね〜。
ウクライナ系のイタリア生まれ、アルゼンチン育ちだもんね。
「コンチェルトのイタリア」「モーツァルトのイタリア趣味」を改めて実感。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 
さて後半。マエストロ・ゲッツェル率いるシューベルト「グレート」。
これについては、1日目と2日目は、まるで別のオケでした。
いいところはいっぱいあり、なかなか優れた指揮者であることは、
モーツァルトの付けの段階からよく分かりましたが、初日を聴いた段階では、
やっぱり「グレート」は難しいな、というのが正直な印象でした。

何が問題だったのだろう。バランスの問題だと思う。
「グレート」は、バランスが悪いと、色んな意味で恰好がつかない・・・。
特に気になったのは、ヴァイオリンが非常に弱かったこと。
室内オケ特有のヴァイオリンの弱さは、言わば宿命的なものですが、
それでも、玉井コンマスの時の紀尾井の弦は、しなやかで美しく、
かつ十分なボリュームもあり、いつも惚れ惚れしていたので、
正直ちょっと残念でした。ホールの音響特性もあるのかな。

あれだけヴァイオリンが小さいのに、マエストロからは煽る指示はなく、
かといって抑制する指示もないので、意図的に抑えていたとは考えられない。
とすると、舞台上の指揮者には、ちょうどいい塩梅に聴こえており、
また演奏する側も、むしろ大きくなりすぎることを心配するほど、
舞台上では自分たちの音がよく聴こえているのかもしれません。
しかし客席から聴くと、ヴァイオリンの音はなかなか届いてこない・・・
このホールでは、そんな状況に時々遭遇します。
もちろんリハーサル時に、客席に降りてバランスチェックするだろうけど
音響バランスはなかなか思い通りにいかないもの。

でも2日目は、さすがホームのオーケストラ。コンマスのリーダーシップの下、
オケが完璧に修正していました。はるかに存在感が増した第1Vn.によって
オケ全体にエンジンがかかったようで、音楽に太い骨と推進力が生まれました。
「グレート」ならではの韻律と律動も、くっきりと明晰に聴こえてきます。
また、弦5部のバランスが修正されたことで、弦全体のハーモニーもはるかに
美しくなり、シューベルトらしい和声美を堪能することができました。
マエストロも、バランス問題に関しては、オケを信頼して任せた感があり、
よい意味で開き直って、しっかりアクセル踏んでいました。

ということで、2日目の「グレート」で、私、正直救われました。快演!

さあ明日は、アナ先生と素晴らしいプレーヤーたちによる室内楽コンサート。
待ち待った“アナ・チュマチェンコ祭 in 2015”も、明日で終わっちゃう。
集中して、全身耳にして聴いてきます!

みそ




行ってきました。アナ・チュマチェンコ+紀尾井シンフォニエッタ 第1日。

2015年4月24日(金)
紀尾井シンフォニエッタ東京 第99回定期演奏会
指揮: サッシャ・ゲッツェル
ヴァイオリン: アナ・チュマチェンコ、玉井菜採 
オーケストラ: 紀尾井シンフォニエッタ東京
(コンサートマスター: 玉井菜採)

モーツァルト:2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ ハ長調 KV190 
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 KV218  
シューベルト:交響曲第8番ハ長調 D944 「グレイト」


私、明日も行くので(もちろん!)、改めてじっくり感想を書きたいと思います。
だけど、ちょっとだけ。

まず、アナ先生と愛弟子の玉井菜採さんとの、コンチェルトーネから。
ハーモニー!ハーモニー!ハーモニー!! なんという和声の美しさ。
うつくしき師弟愛のデュエット。

しなやかなボウイング、柔らかいヴィブラート、粒立ちの良い音、
しっかり共有されたフレージング。
母娘の何気ない会話を愉しむようなアンサンブル。

遠い東京の地で初日を迎えるマンマの、どこかピリッとした緊張感を、
自分の「ホーム」に迎えた愛娘が、優しく解きほぐすような、親密な寄り添い。
音楽が進むとともに、どんどんほぐれてきたビッグマザーの大きな包容力。
ああ、うっとりした心地よい時間。

それにしても、ふたり並んであの驚異的な右手の手さばきを見られるのって、
本当に凄いことだし、極上の贅沢。そしてふたりの和声感、脱帽です。
さらに加えて、絶賛すべき、オーボエ・ソロの蠣崎さん。見事。

次に、アナ先生のモーツァルトの第4コンチェルト。
まさに「自由」の世界。溢れ出るイマジネーション。豊富なアイディア。
いままで見たこともない弓順の、ハッと驚く斬新さと、不思議なほどの説得力。
そして、声色の多彩さは、1人何役ものお芝居を見ているよう。
転調時に一変する情景の変化は、まさに舞台転換ですね。

一音一音に意味があり、ふさわしいキャラクターが添えられ、
リズムや音形は生彩を放ち、一弓の中で自在に変化する音色と緩急。
テンションとリラックス。低弦はチェロやヴィオラのように深々と、
高弦は、柔らかいヴィブラートと共に、空気の粒が光るような倍音が放たれる。
たっぷり歌っても、オーバーロードせず、決して重くならず、
切ないほどの囁きの中でも、音が決して死んでしまうことはない。

ああ、ほんのちょっと書くつもりが、ずいぶんながくなっちゃった。
さあ、あすの2日目は、アナ先生、さらにスパークするにちがいないわ。
今日に輪をかけて「遊興自在」なモーツァルトになることでしょう。

もう明日が楽しみでしょうがない。
グレートもなかなか良かったです。それについては、また今度。

みそ






もうすぐアナ・チュマチェンコ先生がやってくる!③

いよいよ今週の金・土曜日、ヴァイオリニストのアナ・チュマチェンコさんが
紀尾井シンフォニエッタの定期演奏会に登場!楽しみですね。

そのプログラムの1曲目を飾るのが、玉井菜採さんと共演する、
モーツァルト作曲 二つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ K.190。
あまり演奏される機会のない曲ですよね。私も生で聴くの、初めてです。
どこかお気楽な曲なので、当日初めて聴いても、分かりやすく楽しめると
思うのですが、ちょっと予習してみるのも、愉しみを倍増させるはず。

さて、この曲、「二つのヴァイオリンのための」とありますが、
オーボエ・ソロは主役二人に匹敵する重要な役回りですし、
2楽章には、チェロのソロもおいしい仕事をしています。
コンチェルトーネは、大協奏曲とでも訳されるスタイルですが、
協奏交響曲(シンフォニー・コンチェルタンテ)と大差ありません。
ただヴァイオリンとヴィオラのコンチェルタンテ(K.364)と比較すると、
内容的にはだいぶ素朴で、ずっと小振りに聴こえます。

で、早速、ナクソス・ミュージック・ライブラリーを聴ける方は、
ぜひ2つほど聴いてみると面白いと思います。

ひとつは、“ピリオド・アンサンブル”の演奏。
バロック・ヴァイオリンの名手2人による競演。
この曲の瑞々しい華やかさ、オペラのデュエットを思わせる掛け合いの面白さ、
色んな意味で、魅力的な演奏。よく歌い、よく語る演奏です。

もうひとつは、モダンの王者の演奏。
偉大なるヴァイオリン父子による競演。
アーティキュレーションやフレージングなど、モダンの格調高い演奏。
隅から隅まで、その歌は端正の極み。特にファーストを務める父オイストラの、
一音一音の音の深みは、ほんとうに素晴らしい。
アンサンブルは厚みがありますが、決してロマンティックな味つけにならず、
その節度は紛れもなくクラシカル。和声美もしびれます。
改めてオイストラフの凄さを感じます。

さて、アナ先生と玉井さん、そしてマエストロ・ゲッツェルのアプローチやいかに。
楽しみですね。なんとなくイメージがわきますが、それはやはり聴いてみなくちゃ。

みそ




もうすぐ アナ・チュマチェンコ先生がやってくる!②

今月下旬、ヴァイオリンのアナ・チュマチェンコ先生は
紀尾井シンフォニエッタ東京の定期で、モーツァルトを演奏されますが、
そのあとさらに、4月27日月曜日、同じく紀尾井ホールで、
室内楽コンサートも開催されます。


日時: 2015年4月27日(月) 紀尾井ホール

出演: アナ・チュマチェンコ(Vn)
     菊池洋子(Pf)、鈴木学(Va)、中木健二(Vc)、池松宏(Cb)、
     齋藤雄介(Cl)、福士マリ子(Fg)、福川伸陽(Hr) 

曲目: モーツァルト: ピアノ四重奏曲第2番変ホ長調 KV493
     ベートーヴェン: 七重奏曲 変ホ長調 Op.20

アナ先生の真骨頂は、何といっても室内楽。
そして今回、前半のプログラムで聴けるのは、
レコーディングもある、モーツァルトのピアノ四重奏曲。
それを実演で聴けることを、本当に楽しみにしています。

イメージ 1


このCDには、モーツァルトのピアノ四重奏曲が全2曲収録されていて、
アナ先生が、ヴィオリストである夫オスカー・リジー、さらに名チェリスト、
ヴォルフガング・メルホルンと共に結成していたミュンヘン弦楽トリオに、
盟友ピアニストのラルフ・ゴトーニを迎えての、実に晴れやかなアンサンブルです。

気持ちよい春の清流のような、淀みのない、音の連なり。
あたたかいチェロのバスに支えられ、かつ絶妙な合いの手を入れながら
響きと音色に深みを添えるヴィオラに守られ、ピアノとヴァイオリンは
どこまでも伸びやかに、しなやかに、自由に歌っています。

音楽の流れの良さは、もっとも心地よく聴こえるテンポ設定のうえに、
呼吸するような柔らかいフレージング、作為的な極端に走らない強弱変化、
そして「おいしい!」としか表現できないような、うっとりする和声美が重なるから。
ほんの小さな音符や休符にもいのちを与え、リズムや音形のもつキャラクターを
存分に輝かせるアナ先生のボウイングの賜物です。

今度の紀尾井ホール公演では、ピアノは菊池洋子さん、
ヴィオラは鈴木学さん、チェロは中木健二さんという、溌剌とした名手たちとの
共演になります。きっと、25年前の録音時以上に、丁々発止の、自由闊達な
モーツァルトを聴けるに違いありません。
だって、アナ先生のヴァイオリンは、いつだってフレッシュですから!

さあ、ぜひ皆さんも、4月27日(月)、紀尾井ホールにお運びください。
後半は、ベートーヴェンの七重奏曲です! それについてはまた改めて。

みそ




全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事