ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1「見ろ、タカヤ。あれがお前に無いものの全てだ!」
「お、お姉様が鉄下駄を!!」


日高のり子が、モニターから目を逸らし、膝をつねりながら(そうしないと笑ってしまう←コメンタリーより)アテたオープニングの一言。

宇宙怪獣迎撃パイロットになるために、鬼コーチの下で特訓するドジでノロマな亀。憧れのお姉様はレオタード姿で石段を鉄下駄で・・。

どう見ても馬鹿アニメです。よもやこれが体液搾り出す男泣き劇場になろうとは、この段階では誰も想像しなかったでしょう。

「トップをねらえ!劇場版[Blu-ray]」(2006年/庵野秀明監督)

改めて88年のオリジナル版(3時間)を観た上で劇場版(95分)を鑑賞しましたが、編集が絶品なので、ほとんど違和感がありません。

唯一、ユング・フロイトのエピ削減が、物語の厚みを損ねているかもしれません。

努力と根性のタカヤノリコに対し、精進不要・仲間無用の天才少女ユング(アスカのプロトタイプですね)。

彼女が、ノリコ、カズミ(お姉様)と接し、仲間と同じ時を過ごす歓びを知る過程は本作のサイド・ストーリーであり、クライマックスの伏線でもあるので、そこだけが残念でした。

木星を圧縮したブラックホール爆弾で宇宙怪獣を銀河ごと飲み込む「カルネアデス計画」。しかし、あと一歩の所で縮退連鎖が起きず不発。

「奇跡は起きなかったか・・」
「奇跡は起きます!起こしてみせます!」

バスターマシン1号の縮退炉を暴走させ自らを導火線としようとするノリコ。2号の縮退炉を脱出用にと共に特攻するカズミ。そして量産型シズラー・ブラックで後を追うユング。

「あたしも行くわ」
「シズラー・ブラックでは木星の重力に耐えられないわ」
「構わないわ」
「勘違いしないで。私たちは死にに行くんじゃないのよ」

「だって、こんな所にいたらいつ地球に帰れるか。何十年、何百年・・もう同じ時は過ごせないのよ

「でも、皆は同じ時を過ごせるわ」
「さよならは言わないわ。行ってきます
「帰ってきたら、おかえりなさいって言ってあげるわ」

その約束が果たされるのは1万2千年後・・。

もう台詞のことごとくがツボ。ほぼ全編泣き笑い。ガイナックス・アニメの頂点で、エヴァはこの残滓のような気すらしてきます(でも「Q」は観たい)。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事