ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1イギリスの田園地帯。外部から完全隔離された寄宿舎。

牧歌的な風景の中で遊び、学び、恋をする少年少女。

しかし、彼らには生まれながらにして背負わされた重すぎる十字架が。

「わたしを離さないで」
(2010年/マーク・ロマネク監督)

緑豊かな自然に囲まれた寄宿学校ヘールシャム。彼らは外の暮らしを知りません。

飲食店を舞台にしたお芝居の授業。演技の勉強? いいえ。どのように振る舞えば良いのかのシミュレーションです。

彼らに親はいません。兄弟も。親戚も。知人も。

彼らはどこの誰とも知らない“オリジナル”からコピーされた誰かのための義肢パーツ。

生まれながらのドナー達。

ここで育ったキャシー(キャリー・マリガン)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)、ルース(キーラ・ナイトレイ)の3人の幼少期とその後の短い人生をキャシーの視点で朴訥に語る静かなSF映画です。

誰かのために臓器を提供する。死ぬまで。何度も。

そんな人生を受け入れる事が可能でしょうか? どんな諦観を涵養すればそのような境地に辿り付けるのでしょう。

自分の“オリジナル”が誰なのか知りたい、という欲求、真に愛し合っている事が証明できれば“提供”の期間を猶予されるという伝説にすがる生への希求…。

間違ってもこんな人生は御免こうむりたい。が、こういう死の受け入れ方、達観の仕方はアリかもしれない。

ふと、星新一の「処刑」という中編小説を思い出しました。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事