ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「戦車に通れない道はありません! 戦車は火砕流の中だって進むんです!」 by西住みほ@ガールズ&パンツァー劇場版

書庫全体表示

プロレス者としては現役引退(?)しているので最近の格闘事情にはトンと疎くなっておりますが、世Ⅳ虎vs安川惡斗”の陰惨マッチはちと気になりました。
 
女子プロレス団体「スターダム」の後楽園ホール興行(2015.02.22)に於けるワールド・オブ・スターダム選手権試合「王者・世Ⅳ虎(よしこ)vs挑戦者・安川惡斗」。
 
仕掛けたのは安川。開始早々顔面パンチ(本人の弁によれば、首を狙ったロシアン・フック)。応戦する形で世Ⅳ虎もナックル。
 
同じ鉄拳でもふたりの体格差を考えると1発の重みが違います。ボクシングがウェイト制をとっている理由がよく分かります。
 
後は世Ⅳ虎がマウントをとって一方的に顔面連打。途中、和田恭平レフェリーが二人を分けてインターバルをとりますが、流れは変わらず。
 
気が付けば安川の顔面が完全崩壊。リング下にエスケープした安川の顔を見た和田の「あ、ヤバイな」というリアルなつぶやき。


イメージ 1
 
結局、若手にタオル投入を促して世Ⅳ虎のTKO勝ちに。
 
安川は病院に直行。頬と鼻、左眼窩底など複数個所を骨折。
 
さて、女子プロでシューティングと言えば、神取忍vsジャッキー佐藤
 
1987718日、神奈川県大和車体工業体育館に於けるジャパン女子プロレス興行。
 
前田vsアンドレと並んで永らく映像を渇望してきた試合ですが、何とtubeにアップされておりました!(マジびっくり)。
 
どんな喧嘩マッチだったのか、と乗り出して観ましたが、これはギリギリでプロレス
 
最初は首四つ、手四つの体勢からバックを取り合い、腕ひしぎ逆十字に繋ぐストロングスタイル。
 
先に手を出したのは神取。いきなりの顔面パンチ。さらに連打。「殴ってみろ」と顔を差し出すジャッキーに「お言葉に甘えて」とばかりに拳を叩き込む神取。


イメージ 2
 
戦意喪失気味のジャッキーにアンクル・ホールド、アキレス腱固めと畳み掛け、最後はチキンウィング・アームロックでギブアップ勝ち(ジャッキー佐藤生涯唯一のギブアップ負け)。
 
「あの試合のとき、考えていたことは勝つことじゃないもん。相手の心を折ることだった­もん。骨でも、肉でもない、心を折ることだけ考えていた(神取忍)
 
事のいきさつは近くのプロレス者に聞くかググッてくださいませ。決して神取が勝手に仕掛けた喧嘩マッチではなく、互いに納得した“そういう試合”だったのだと思います。
 
※いつ消えるか分からない貴重な映像はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=VuNjIVD5TDc
 
これ観た後に“世Ⅳ虎vs安川惡斗”を観ると、ちょっと悲しくなりますね。
 
技術、気迫、レスラーとしてのオーラ、エンターテイナーとしての自覚、何もかもが稚拙
 
因みに、この試合、安川の主演映画公開のプロモーションも兼ねていたみたいです。
 
映画、と言っても安川のドキュメンタリー(タイトル「がむしゃら」)ですが。


イメージ 3
 
予告観ましたが、安川って人、結構な業を背負っていますね。
 
予告にインサートされる言葉が“いじめ”“レイプ”“解離性人格障害”“自殺未遂”“バセドウ病”…。
 
映画の存在すら知らなかった私の耳にも届いたくらいですから、パブリシティとしての効果は絶大だったかもしれません。しれませんが…。
 
映画「がむしゃら」公開は328日〜イメージフォーラムにて(モーニング&レイトショー)。御見舞い兼ねて宣伝しておきます。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事