ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 

“殺人未遂 4年追加” 『…これは安かった

 

大小重ねてコツコツと。最長刑期417ヶ月

 

“犬か猫になってもいい。俺は<シャバ>に出たい”という力強い惹句がピタリと嵌る“脱獄バカ一代”。松方弘樹物語。

 

「脱獄広島殺人囚」1974年/中島貞夫監督)

 

タイトルから連想するような殺伐さはありません。あるのは折れない負けない挫けない生命力と自由への渇望。

 

企画当初のタイトルは「脱獄広島刑務所」。これが法務省からのクレームで変更になったんだとか。

 

脱獄×刑務所という組み合わせがマズかったようですが、翌年「暴動島根刑務所」が公開されたって事は、暴動×刑務所はOKという事か。暴れてもいいけど逃げちゃ駄目。分かりやすいな、法務省。

 

昭和22年、殺人罪で20年の判決を受けた植田正之(松方弘樹)は、特技脱獄、趣味脱獄。

 

中庭にある独居房“お稲荷監房”の建て付けが古いと見るや、即大暴れして入居権確保。

 

6時間掛けて手錠を壊し、便器を砕き、腰骨削って大脱走


イメージ 2
 

以降、脱獄→間抜けな理由で再逮捕→刑期加算を繰り返します。刑期加算テロップが何度も踊る様はもはや笑うしかありません。

 
イメージ 3

これが実話ベースというんだからもう…。

 

線路内を大根丸かじりしながらふてくされたように歩くラストシーンの見事なぶったぎり感。潔さに惚れ惚れします。「仁義なき戦い」とは一味違うアナーキーの極北。

 

人生賛歌と言っていいと思います。


イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事