ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 

昨日のマーフィ繋がりでもう1本。ロス市警のヘリ・パイロット、フランク・マーフィの戦い。

 

「ブルーサンダー」1983年/ジョン・バダム監督)

 

予てよりBDHD画像+ドルビーTrue HD5.1chで再見したいと思っていた作品。

 

シナリオの荒さ・適当さなど武装ヘリの市街戦(CG無しのリアルファイト)の前には枝葉末節。ご近所には後でお茶菓子持って謝りに行く覚悟で爆音再生を推奨します。

 

さて、ヘリはその美しいシルエットと小回りの効く動き、何より“速過ぎない”スピードが魅力ですが、これは“撃ち落としやすい”という弱点でもあります。

 

イメージ 2とうい訳で、撃墜&爆発ヘリ選手権開催。撃墜ヘリと言えば何はさておき、

 

「ブラックホーク・ダウン」

2001年/リドリー・スコット監督)

 

でしょう(げ、1位に推しておいてレビュー書いてない!)。激突系には「マトリックス」「ガントレット」などがありますが、ドッグチェイスの素晴らしさから

 

「カプリコン1

1977年/ピーター・ハイアムズ監督)

 

を推します。撃ち落とし(落とされ)系では、

 

「ビッグマグナム77

1976年/マーティン・ハーバート監督)

 

「刑事マルティンベック」

1976年/ボー・ウィデルベルイ監督)

 

が好み。爆発系では爆発の瞬間を俯瞰スローで捉えた

 

「地獄の黙示録」1979年/フランシス・フォード・コッポラ監督)

 

を(次点:「殺人者にラブソングを」)。

 

さて、マーフィと言えばもう一人、忘れてはならないアレックス・J・マーフィさんがおりますが、しつこくなるので今回はこの辺で。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

この記事に

  • おはようございます。

    なにしろ“RPG!?ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ”には要注意でしょう。(笑)
    最近では、フレア・デコイを敢えなく使い切ったシーンの“London Has Fallen”もよかったなぁ。
    尤もあれは“Stinger”だったけど、(笑)

    ADSO

    2018/1/4(木) 午前 6:33

    返信する
  • 顔アイコン

    あーるぴーじー!ちゅどどどーん! 要注意ですね、確かに。

    [ ナルシスト伊藤 ]

    2018/1/5(金) 午前 0:45

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事