ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 

『ぼちぼち分かってきたかい?』

『何がだ?』

『お前さんがなりたがっているサムライって奴がさ』

『…分からねえ!分からねえ!』

 

空っ風が砂塵吹き上げる上州の宿場町。圧政に苦しむ民・百姓に代わって城代家老を斬った青年武士七人。

 

彼らの義を私闘として闇に葬り、藩乗っ取りを画策する次席家老。

 

ここに首を突っ込んだ男がふたり。武士を捨ててやくざになった男・弥源太(仲代達矢)と武士になるため田畑売って脇差を買った農民・半次郎(高橋悦史)。

 

各々の思惑で敵味方に分かれた二人。邪魔する奴は、

 

「斬る!」1968年/岡本喜八監督)

イメージ 2

上記設定に激しいデジャヴ。勿論原因は「用心棒」と「椿三十郎」(特に後者)。

 

「椿三十郎」はかっちょいいの佃煮みたいな映画です。『あばよ』の一言にテーマ曲が被るタイミングの良さ、小粋さにはため息が出ます。

 

明らかに二番煎じの企画。同じ原作者(山本周五郎)、同じ作曲者(佐藤勝)。

 

それでもどっちが好きかと聞かれれば迷わず「斬る!」。

 

どこを切ってもどぼどぼ溢れる岡本喜八な人間讃歌。眉間に皺寄せて悲壮感まき散らすサムライ共に対して、失うものが何もない民・百姓の「なるようにしかならねえ」な豪放磊落さ。

 

楽観ではない。悲観でもない。ただ生きていくという生命力。

 

思い思いの鳴り物で歌い踊り騒ぐ様はギグか、セッションか、ラグタイムか。

 

映像が踊っている。笑いは緊張と背中合わせ。岡本喜八という人間が刻むリズムがそこにはある。

 

正義を貫いた七人の侍のエピローグは描かれない。主役はやくざと百姓と女郎だから。サムライをヒーローになぞするものか、という喜八の矜持。

 

砂塵に始まり土砂降りで終わる岡本喜八のウェスタン。主役はいつもアウトロー。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

この記事に

  • おはようございます。

    これ見たくなりましたね。ウン!

    ADSO

    2018/1/8(月) 午前 9:37

    返信する
  • 顔アイコン

    是非、ご覧ください。そしてキハチスト(?)になりましょう。

    [ ナルシスト伊藤 ]

    2018/1/8(月) 午前 10:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事