ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 

あ、普通のサメだ…。

 

ちっとばかしお肌が硬くて頑丈という特異性はありますが、無駄にデカくもなく、タコと合体しているわけでもなく、大量に空から降ってくるわけでもありません。

 

正統派ジョーズ。1周回って新鮮かも。

 

「フライング・ジョーズ」2011年/グリス・ファースト監督)

 

飛びません(笑)。原題は「SWAMP SHARK」。“沼地のサメ”です。

 

希少種を違法入手してはディーラーに卸す事を“副業”にしている保安官。

 

今日のブツは深海サメ。搬送用のタンクローリーに納める時、作業員の半数を喰い殺した暴れん坊。

 

こいつがタンクごと文字通り川に転げ落ちて脱出イリュージョン。

 

川は“ワニ祭り”の準備で大賑わい…。実にわかりやすい設定です。

 

ワニの餌やりショーを売り物にしているレストランの女将がサメを目撃するも「沼にサメなんか」と取り合ってもらえず。

 

悪徳保安官に「マニアックコップ2のロバート・ダヴィ。ワニ屋の女将に「デッドリー・フレンド」のクリスティ・スワンソン。

 

ダヴィは「お変わりなく」ですが、スワンソンは何かマッチョなおばさんになってしまいました。


イメージ 2
お久しぶりですダヴィさん、逞しくなりましたねスワンソン。
 

そこかしこに散りばめられたジョーズ・リスペクトを見つけつつ、クライマックスへ。


イメージ 3
このカットは基本ですね。
 

あの倒し方?と思わせて新殺法を繰り出す辺り、捻りが効いていて好印象です。


イメージ 4
引きずられジョーズなサメの前方に待つものは…。
 

ショボイCG+ハリボテですが、SCI-FITVMですからそこは生温かい目で。

 

惜しむらくは、ワニが添え物でサメに喰われるだけなことと、ワニ祭りが大した惨事にならないこと。

 

やはり子供は喰えませんか(絶対大人より美味いと思うのですが)。この辺はTVMの視聴レート絡みなんでしょうね。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

この記事に

  • 顔アイコン

    この作品、2年くらい前に漢局で放送しました。
    この手の作品らしく可も無く不可もなくと言う感じでした。

    >スワンソンは何かマッチョなおばさん
    でも、相変わらずきれいな人だと思いました。

    閑話休題
    最近、ADSL(1.5M)から光に乗り換えました。
    さぬがに早いです!!!
    これだけ早くなると、今まであきらめていた「早い電脳」が
    欲しくなります。 削除

    [ ダムダム人 ]

    2018/3/8(木) 午後 6:06

    返信する
  • 顔アイコン

    乗り換えおめでとうございます。
    ADSLという言葉がもう、ある一定世代以下には通用しない単語になっているような…。
    光速通信をご堪能ください。

    [ ナルシスト伊藤 ]

    2018/3/9(金) 午前 0:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事