ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 
ラブクラフトの代表作の1本をロジャー・コーマンが映画化。既にこの1文の中に複数の地雷。それでも観たい踏みたい弾けたい。
 
なかなか機会がなかったのですが、昨年ランコーポレーションが廉価版DVDを発売。念願叶って観賞と相成りましたが、いやあ、聞きしに勝る低予算。
 
当初目論んでいたスタッフ、キャストが集まらなかった段階で「こりゃヒットは望めんのう」と判断したコーマンが予算をごりっと削ったらしく、本来金をかけるべきクライマックスが貧乏長屋の痴話喧嘩みたいなスケールに…。
 
コーマンのケチ…。
 
「ダンウィッチの怪」1970年/ダニエル・ホラー監督)
 
監督はラブクラフトものでは数少ない成功例と言われる「襲い狂う呪い」(原作は「異次元の色彩」)撮った人なのであちこち工夫の跡は見られるのですが、やはり予算の壁は厚かったようで。


イメージ 2
セットやら美術やらはそれなりにいい感じ。
 
しかし本当に残念だったのは原作設定をこまごまと逸脱しているところ。
 
ウィルバーは10歳で大人サイズに成長した異形の人間なのですが、普通に好青年。本来なら大学図書館にネクロノミコンを盗みに入った際に番犬に殺されるはずが、警備員殺して奪取成功(おいおい)。


イメージ 3
盗み出したネクロノミコンを使って宇宙の扉を開かんとするウィルバー。
 
結果、ウィルバーが残した日記から彼の企み(外なる神の扉を開き宇宙を始原に帰す)を知ったアーミテイジ教授が、ネクロノミコンから扉を閉ざす呪文を解析し、併せて邪神の血を継いだウィルバーの双子の弟を倒して村を(宇宙を?)守るという後半の展開が全部チャラに。


イメージ 4
誤魔化しまくったウィルバー弟(左)。本来は右のような怪物になるべき。
 
ソフトにも問題が。ヨグ=ソトート(もしくはソトース)と表記されるべき“外なる神”が何故か(字幕では)ヤグ・サハ。確かにそう聞こえなくもないのですが、スクリプト見ると“YOG-SOTHOTH”になっています。ここは既に認知されている表現にして欲しかった。
 
原作読むの面倒だから映画で済ませちゃえ、とお考えでしたら本作はお薦めしません。
 
これなら漫画版「ダンウィッチの怪」PHP研究所)の方がいいかも。
 
時間がなければ画ニメの「ダニッチ・ホラー」、じっくり確認したければ水木しげる先生の翻案「地底の足音」をご覧ください。
 
目も使いたくないという無精者は人間椅子の「ダンウィッチの怪」をどうぞ。
 
余談ですが本作にはエイドリアンになる前のタリア・シャイアがタリア・コッポラ名義で出演しています。


イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

この記事に

  • おはようございます。

    小説(国書刊行会の全集で)は読んでおりますが、映画は未見ですね。
    ☝ブログ村×2クリックしました。と言うかお邪魔した折は毎回してます。

    ADSO

    2018/3/13(火) 午前 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    懐かしい映画です。
    中身はともかく音楽は素晴らしかった記憶が。
    宜しければアーティスト名と曲名を教えて頂けませんでしょうか。

    [ leb*ns_**rn ]

    2018/3/13(火) 午後 0:08

    返信する
  • 顔アイコン

    ADSOさん、leb*ns_**rnさん、こんばんは。
    音楽担当はLes Baxter(レス・バクスター)って人ですね。
    「吸血の群れ」とか「恐怖の振子」の音楽やってます。
    曲名は「THE DUNWICH HORROR MAIN TITLE」でいいんじゃないでしょうか。
    ちぃっとプレミアついちゃってますがアマゾンでサントラ売ってます。
    https://www.amazon.co.jp/Ost-Dunwich-Horror-Baxter/dp/B002A16GBE

    [ ナルシスト伊藤 ]

    2018/3/13(火) 午後 10:28

    返信する
  • 顔アイコン

    この作品、かなり昔にみました。
    ラチされた女性が「女子大生」と言うことらしいですが
    もう少し若い女優がいなかったのか?と思いました。
    (美人ですが、どう見ても20代前半にはみえませんでしたwww)

    あと肝である「ウィルバー弟」が中々姿を見せず、
    やっとでたらなんだかよくわからない造詣で笑えました。 削除

    [ ダムダム人 ]

    2018/3/14(水) 午後 4:15

    返信する
  • 顔アイコン

    いやあ、噂にたがわぬショボさでしたねえ「ウィルバー弟」。
    サンドラ・ディーは確かに…(笑)
    でも実年齢28くらいだと思うので、びっくりするほどサバを読んでいる訳でもないんですが…。

    [ ナルシスト伊藤 ]

    2018/3/15(木) 午前 2:40

    返信する
  • 顔アイコン

    これはテレビ東京で見たんでしたか。原作は創元推理文庫で読みました。
    ラフマニノフのヴォーカリーズっぽい音楽に、ソウル・バス風と言えなくもないオープニングが印象的なんですが、映画自体は「何じゃこりゃ」でした。登場人物のヒゲとモミアゲが、いかにも70年代。怪物視点の描写もあったかな。
    クトゥルー物の映像化はなかなか難しいですね。ではまた。 削除

    [ あかなめい ]

    2018/3/17(土) 午前 0:24

    返信する
  • 顔アイコン

    怪物視点と犠牲者視点、互いに色つけたりソライゾしたり頑張って誤魔化してましたね。
    効果は今ひとつふたつみっつでしたが…。

    [ ナルシスト伊藤 ]

    2018/3/17(土) 午前 5:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事