ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 
『名前を聞いといてやるよ。墓石がリングネームじゃ困るだろ』
『ヘッ…野良犬にそんなもんねえよ』
 
本作が「あしたのジョー」連載開始50周年企画であることは知っていましたが、原案「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、ちばてつや/講談社刊)というテロップにはちとびっくり。
 
おおう、原案なのか。インスパイアとかリスペクトとかじゃないんだ。
 
どう換骨奪胎させるつもりなんだ…。
 
「メガロボクス/ROUND1BUY OR DIE?
201846日深夜TBS放送/森山洋演出)
 
居住区域が「認可地区」と「未認可地区」に分断され、色々と管理がややこしくなっていそうな近未来。
 
認可地区では白都コンツェルン次期総帥と目される白都ゆき子が、メガロボクス・トーナメント「メガロニア」の開催を華々しく宣言。


イメージ 2
未認可地区のテレビがブラウン管! 昭和臭満開!
 
タイトルにもなっているメガロボクスってのはテクノロジーで強化されたギアを装着して戦うボクシングのこと(ギアの効能−攻撃力強化なのか防御力強化なのか−はまだ不明)。
 
まあ言ってみれば猪木がIWGPの開催を宣言したようなものなのですが、この手の設定(「ローラーボール」とか「デスレース2000」とか)を見るたびに思います。「国民を国レベルで熱狂させる(為政者にとって都合のいい)スポーツイベントなぞ存在するのか」と。
 
オリンピックですら「興味なし」な人間(俺だ!)が増えているというのに、より娯楽が多様化していそうな近未来で国中の視線を集めるボクシングイベントにリアリティはあるのか?…という疑問を持つと話が先に進まないので思考中断(笑)。
 
トーナメントは市民ならだれでも参加可能なオープン形式。そして市民IDを持たない非市民が暮らしているのが未認可地区。
 
その未認可地区の賭けボクシングで糊口を凌いでいる二人の喰い詰め者。


イメージ 3
 
強すぎてガチンコ勝負をすると賭けが成立しなくなってしまうので胴元に命じられるまま八百長試合をしているジャンクドックとそのトレーナー兼マネージャーの南部贋作(まんま段平のおっちゃんやんか!)
 
ある雨の夜。トーナメント会場建設地。出逢った3人。白都のお嬢様と白都が抱える優勝候補にして現チャンピオン・勇利(ゆうり)、そしてジャンクドック。
 
血統書付の飼い犬と名前もない野良犬。一触即発の接近遭遇はゆき子の「待ちなさい!」の一言でお預け。


イメージ 4
 
『ヘッ…随分しつけられてるじゃねえか。犬ってのはどっちのことだよ』
 
出向いたのは勇利。未認可地区の賭けボクシング会場にジャンクドックの対戦相手として。


イメージ 5
 
『悪いな。今夜は止める者はいない』
 
少年院の対力石戦にあたるのがこの地下試合ということか。
 
「あしたのジョー」と言うよりは「ボトムズ」の香りが強いですが、これは…意外とイケるかも。


イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事