ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 

エルマンノ・オルミ監督がお亡くなりになりました。

 

55日。イタリア北部アジアーゴの病院で妻と子どもたちに看取られながら。享年86歳。

 

オルミ監督と言えばやはり1978年度カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「木靴の樹」でしょう。


イメージ 2
 

19世紀。北イタリアの寒村ベルガモ(オルミ監督の故郷でもある)で暮らす農民たちの四季。日常の風景をひとつひとつ丁寧に積み重ねていく187分。

 

手もとのチラシには「全世界を感動の涙であらう映像詩人オルミの名作!」の文字が躍っています。


イメージ 3
 

動く絵画と評される事の多い本作ですが、監督の視点はちょっと違っていたようで。

 

『絵画に似た画づくりは徹底して避けたつもりで、自然光で撮ることだけを心がけました。さもないと、19世紀を背景とするカラー映画の類型にはまってしまいますから』

(公開当時のパンフレットに掲載された監督インタビューより)

 

それが結果的に“絵画的”と言われ、“映像詩人”という肩書きに。

 

本作を観たのは19798月。今はなき日劇文化で(「惑星ソラリス」「戦艦ポチョムキン」もここで観た)。

 

日劇文化は所謂2番館で、ロードショーは同年4月の岩波ホール。

 

当時、わたしは“岩波ホール症候群(フランス映画社症候群とも言う)”というはしかに罹っておりました。

 

「株式会社 ザ・カンパニー」(サタジット・ライ監督)、「アメリカの伯父さん」(アラン・レネ監督)、「約束の土地」(アンジェイ・ワイダ監督)、「山猫」(ルキノ・ビスコンティ監督)などあしげく通っておりました。

 

曼荼羅畑とは縁遠い作品ばかり(笑)。どうもビスコンティで挫けたようで、これを最後に岩波ホールには足を向けなくなっております。

 

やはりわたしには“ホラーテラーで皆殺し”が性に合っているようです。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事