ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 

室賀厚とか小沢仁志(要するにSCORE関係者)が観たらきゃーきゃー言って喜びそうな映画。

 

「フリー・ファイヤー」

2016年/ベン・ウィートリー監督)

 

廃工場で銃取引。ささいな切っ掛けがこじれてもつれて鉛弾が雨あられ。

 

もう清々しいまでに銃撃戦(だけ)。痛々しいまでに偏差値貧乏。

 

IRAが密売組織に「M16を頂戴」と言ったのに届いたのはAR70。「おいおい注文と違うじゃねえか」。


イメージ 2
Beretta AR-70
 

間の悪いことに昨夜バーで大喧嘩した者同士が鉢合わせ。謝るつもりが大挑発。頭に血が昇った相手が撃鉄落として交渉決裂。乱射祭りの幕が開く。


イメージ 4
 

ハンドガンは、Beretta 950 JetfireBrowning Hi-PowerColt M1911A1Taurus Model 85などなど。

 

弾は当たるが致命傷にはならず、全員、腕やら足やら引きずりながら芋虫のように這いつくばって応戦。


イメージ 3
『痛ぇじゃねぇかコノヤロー!』
 

「ぼちぼち飽きたな」って辺りで、ガスボンベ誘爆、謎のスナイパー乱入などで状況に変化を加えて行きます。

 

中盤からどちらが先に電話に辿り着いて仲間を呼べるか、というシチュに。「何だお前ら携帯も持ってないのかよ」と思いましたが、どうも時代設定が80年代(AR70が開発されたのがこの頃)みたいです。

 

レザボアには遠く及びませんし、製作総指揮がスコセッシだと思うとウルトラ肩すかしですが、心意気だけの映画と割り切ればそこそこ楽しめます。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事