ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 
メキシコとアメリカの国境線。摂氏50度の砂漠。砂と岩、サボテンとガラガラヘビ。
 
車が故障して砂漠を徒歩で抜けるハメになった密入国者15名。彼らをライフルスコープに収める冷徹なハンターの目。
 
さあ、狩りの時間だ。
 

「ノー・エスケープ 自由への国境」

2015年/ホナス・キュアロン監督)
 
移民問題がどーしたこーしたな視点がついて回りますがどーでもいいです。過酷な状況で見えない敵に狙われる、というシチュエーションが作りたかっただけでしょう。
 
であれば、視点は移民側に固定すべきでした。半端に両サイド均等に描いてしまったので、どっちにも全く感情移入できません。
 
ハンターの得物は半自動小銃スプリングフィールド M1 “M1ガーランド(制式名称は「U.S.Rifle Cal.30.MODEL1」)。


イメージ 2
 
1936年にボルトアクションのM1903小銃に替わり採用され、1957年にM14小銃が採用されるまで、米軍の主力小銃でした。
 
上下区別不要・差し込むだけで装填可能なクリップによる素早い装填速度や、照準したまま連続して8発撃てるセミオート射撃能力を誇る優れものです。


イメージ 3
 
「ジョーズ」のラストでロイ・シャイダーが『Smile, you son of a bitch!』の決め台詞と共にサメを屠った時に使っていたのもM1ガーランドでした。


イメージ 5

これほどの武器と腕(走る移民を遠距離から次々捕捉)を持ちながら、何故か主人公(ガエル・ガルシア・ベルナル)にだけは弾が当たらない。

 
何度も照準に捕らえながら「そこで外すか?!の連続。移動ターゲット(走行中の車の助手席とか)を射抜きながら、近距離・停止中の的を外す外す。


イメージ 4
マッドマックス2のオーストラリアン・キャトル・ドック並みに有能な猟犬トラッカー
 
岩場での追っかけとか完全にドリフ。銃を離して岩場登るハンターを上から眺めているだけの主人公もボンクラ大将。石投げつけるだけで落とせるだろう。反撃しろよ。
 
正直途中からあーもうどっちが死んでもいいや、な感じになりました。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事