ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫全体表示

イメージ 1
 

アクション映画としては小粒。地味。脚本もかなり手抜き…ではありますが。

 

メルギブがソードオフされたタブルバレル・ショットガンを手に取った、それだけで十分じゃないですか。

 

「ブラッド・ファーザー」

2016年/ジャン=フランソワ・リシェ監督)

 

所謂“娘のためならお父ちゃん無敵モード発動しちゃうぞ”モノ。

 

ジョン・リンク(メル・ギブソン)は7年喰らって仮出獄中。トレーラーハウスで細々と彫り物師をしながら食いつなぐ日々。

 

アル中克服の自助サークルでくだらない告白。家に戻れば客の愚にもつかない話に相槌を打ち…。あームシャクシャする。

 

ただひとつの気がかりは行方知れずになった娘リディアの事。生きているのか死んでいるのか。

 

その頃、娘は文字通り生きるか死ぬかの瀬戸際におりました。

 

ヤバイ彼氏とヤバイ仲間、ヤバイヤマに殺傷事件。前に警察、後ろにギャング。助けてダディ。

 

常套なら父ちゃん実は元特殊工作員で…な設定になるところですが、メルギブさんは普通にただのクズ(裏社会に多少の顔は利く)。

 

しかし、愛する娘のためなら保釈取り消しも厭わない。掛かってこい青二才ども。

 

イメージ 2
メルギブと言えばダブルバレル・ショットガンですよねえ。

 

一般人の身体能力を景気よくフライングしたお父ちゃんパワーを期待すると肩すかしを喰らいますが、そこはまあ“等身大”って事で(車内でヘッドバット乱れ打ちのシーンとか見ているこっちも頭が動いてしまいました)。

 

そこかしこにメルギブリスペクトな映像が挿入され、ちょっとジョン・ウェインの「ラスト・シューテスト」な趣き。

 

イメージ 3
あのシーンも完全再現(大は小を跳ねる)。

 

お相手(娘のヤバイ彼氏)に「天国の口、終わりの楽園」の悪ガキの片割れ(ディエゴ・ルナ)。得物はTaurus PT92AFS

 

金で雇われた殺し屋(Cleaner)にラオール・トゥルヒージョ。得物はSIG-Sauer P226


イメージ 4
左:ディエゴ×Taurus PT92AFS/右:ラオール×SIG-Sauer P226
 

ウィリアム・H・メイシーとかも出ていて小品の割に結構豪華。監督は「アサルト13 要塞警察(リメイクの方ね)」撮った人です。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事