ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
もうすぐお別れ、さらばYahooブログ!!

書庫全体表示

イメージ 1
 

76日、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の冒頭映像である「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1(冒頭104000コマ)0706版」が東京・日比谷ステップ広場を含む世界9カ所で同時公開されました。

 

各国現場に居合わせた人が早速映像をUPしてくださいましたが…。

 

正直、嫌な予感しかしません。

 

理想は前作「Q」をなかった事にして、「QTRUE+」みたいな形にしてくれる事ですが、流石にそれは無理というもの。

 

「破」の温度感に戻すための大鉈振るう軌道修正も能わず。雰囲気はモロ「Q」の延長線上。

 

冒頭1040秒にシンジ、レイ、アスカの姿なく(リツコは僅かに声のみ)、出て来たのはマリとダサいにも程があるプラグスーツを着込んだおばさんリツコとマヤら。


イメージ 2
 

サードだかフォースだかで壊滅したパリを復興させる(地下格納都市を浮上させる)下りにはそれなりの高揚感がありましたが、ここは「絵」ではなく「物語」で掴んで欲しかったなあ。

 

相変わらずネルフvs叛旗を翻したヴィレという構図は変わっていないようだし。

 

Q」の最後に荒野に向かって歩き出した3人はどこへ行ってしまったのやら。

 

マリの台詞から察するにシンジくんはまたどこか(パリの地下?)にお隠れになっているようです。

 

何と言うかワクワクする箇所がビタ一文なく、嫌な予感しかしない冒頭10分でした。

 

これが全部ブラフで、蓋を開けたら全く別の映像になっていたら拍手喝采ですが…。

 

庵野監督は早くエヴァの呪縛から開放されて「シン・ウルトラマン」に向かった方が良いのかもしれません。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事