ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫日記

記事検索
検索

全854ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1
 

 『ねぇエレンこれ見てよ!壁の向こうには

 『海があって海の向こうには自由がある。ずっとそう信じてた。 

 でも違った。海の向こうにいるのは敵だ。

 何もかも親父の記憶で見たものと同じなんだ

 なぁ?向こうにいる敵全部殺せば俺達自由になれるのか?』


イメージ 2
 

恋い焦がれた自由の門、海。広がっていたのは残酷な世界。

 

「進撃の巨人 Season3/通算第59・壁の向こう側」

2019630日深夜NHK総合/若野哲也、いとがしんたろー、荒木哲郎演出

 

ウォールマリア奪還という宿願を果たした調査兵団。成果は超大型巨人の奪取とグリシャ・イェーガーの地下室に眠る彼の手記。そこから得られた衝撃の事実。

 

巨人は怪物ではなく同胞、エルディア人。壁の外には海があり、海の向こうには世界があり、世界はエルディア人の根絶を望んでいる。

 

敵は巨人ではなく、「世界」でした。


イメージ 3
 

父グリシャとグリシャに進撃の巨人を継承させたエレン・クルーガーの記憶を共有することにより、世界の真実を知ったエレン。

 

初めて見る海(美しすぎる作画)。驚愕し感動する兵団員の中、エレンだけが暗い。視線の先は海を通り越して世界へ。


イメージ 4
 

いたたまれないエンディング。しかし、本当の物語はここから…。

 

世界を相手にするThe Final Season2020年秋スタート。それまでに原作はどう展開しているのか(どう終わらせるのか)。

 

見届けるまでは死ねないですね。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 
『まさに天の光はすべて星!だね』
 
オールスターヒロインズ。しかし最後に持って行ったのは古橋文乃。祝!2期確定。
 
「ぼくたちは勉強ができない/第13話・天才の目に天の光はすべて[X]である2019629伊藤浩演出
 
最終回アバンは緒方宅に関城紗和子を招いてのパジャマパーティ。
 
結構端折られちゃいましたが、ここで関城を持ってくる人選が○。スタッフにも愛されてるな関城。


イメージ 2
3人に手を焼いた関城が成幸を召喚するくだりはカット。
 
本編の舞台は夏祭り。気分転換で弟・妹連れてきた成幸。偶然(?)にも浴衣姿の古橋とうるかに遭遇。
 
緒方は焼きうどんの出店、真冬先生は見回り(どう見てもただの射的場荒らしですが)、小美浪先輩はお父さんと救急テント出張とヒロインズ勢揃い。


イメージ 3
何故、夏祭りと言えばあんず飴なのか?
 
成幸は緒方の出前を手伝い、コケて膝小僧擦りむいた真冬先生をおぶって救急テントに向かい、そこで小美浪父娘につかまって医療補助。気がつけば終電ギリ。


イメージ 4
 
まだ間に合う!とダッシュ…したら途中に迷子のお子さんが…。
 
同じ頃、たこ焼き喰いながら一人ほけ〜っと星を見上げていた古橋も終電ギリに気づいてダッシュ…したら途中に迷子のお子さんが…。


イメージ 5
 
めでたく終電を逃した二人。タクシー求めて通りで出るもタクシーどころか人も車も…。
 
見上げれば旅館。空き室はひとつ。『高校生の男女が1つの部屋にっていうのはちょっとねぇ』という中居さんに古橋が一言。

イメージ 6
『大丈夫です!姉弟ですから!』
 
唯我文乃誕生の瞬間(笑)。部屋には大きなふとんが一組。『あぁいけない布団が一組しかなかったわ』…ってわざとだろ、楽しんでるだろ、中居さん。
 
夏とは言え、田舎の山間は冷える…やむなく同衾。
 
≪何でこいつこんないい匂いすんの? 同じシャンプー使ったよね?≫
 
これは間が持たん(いや理性が保てん)と見上げた窓に満点の星。『古橋…窓!』
 
『唯我くん、あれがてんびん座。あっちが北の皿キファ・ボレアリスで、
少し見えにくいこっちが南の皿キファ・アウストラリスだよ』
 
なんでしょう、このヒロインオーラ。
 
「かっこいいよなぁ 古橋は。緒方も武元も小美浪先輩もそうだけど苦手なものを克服してまでも追いかけたいものがあるのってやっぱかっこいいよ。俺は家族に楽させたいとは思っているけど俺自身がこれをしたいという具体的な夢があるわけじゃないし、正直羨ましいと思う」
 
成幸の今後を暗示するとても重要な台詞です。


イメージ 7
 
翌朝。目覚めれば「滅茶抱きしめてた」成幸。ウルトラ気まずい帰り道。別れ際に文乃が『唯我くん…またね』。そして「つづく」のテロップ。
 
? 続くの? 既に二期既定路線? 2nd Season 201910月より? 近いじゃん、中1クールで2?
 
ここから後って見せ場ばかり、と言うか見せ場しかないぞ。
 
うるかが当て馬扱いだったのと、妹ちゃんの出番がなかったのが残念でしたが、大満足の最終回(中締め)でした。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 

ピーター・フレデリクセン。デンマーク国籍。南アフリカ中部の都市ブルームフォンテーンで銃器店経営。デンマーク警察から銃器の違法取引で指名手配。

 

とあるジャーナリスト夫妻が彼に接近。インタビューに成功。

 

少年期からの銃火器への憧れ、店を持ち人脈を広げ、そうとは知らずにギャングに火薬を売り捌いて捕まった経緯を語ったピーターは最後に妙な事を付け加えた。

 

『実は女性の割礼に興味があってね』

 

礼者」2018年/マイケル・クリント監督)

 

デンマーク産の犯罪ドキュメンタリー。

 

ピーター・フレデリクセンの自宅にある冷凍庫から発見された切り取られた女性器の一部21個(内ひとつは現地妻ディディのもの)。

 

ピーターさん(逮捕時58歳)、根っからのコレクターの様で、相手に飲ませたシャンパン(眠剤入り)のコルク(日付やら女性の名前やらメモ書き)、髪の毛、陰毛、写真、ビデオ、施術に関するメモなど事細かに保存。

 

作中では“トロフィー”と表現しておりました(悪趣味の極みだな)。

 

2015923日のサンスポ(WEB版)に「女性器の一部を冷凍保存南アでデンマーク人の男逮捕」なんて見出しの記事が。

 

本編は裁判の過程と結末までをしっかり捕捉しております。判決は各自ご確認を。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1

まさか目にする機会があろうとは…。
 
僥倖。ネット社会って素敵です。
 
「木曜洋画劇場 ゾンビ〜地球SOS 死者が甦った日〜【サスペリア・バージョン】」19801016日/東京12チャンネル放送)
 
以前、さわりだけご紹介した同作がまるっとネットに上がっておりました。ご丁寧なことに深沢哲也氏による解説もフル収録。
 
長生きはするもんです。
 
【サスペリア・バージョン】と言われるだけあって、確かに音楽は全編通してサスペリア。
 
とは言え、あの印象的なメインテーマが使われている訳ではなく、中心になるのは「エレナ・マルコス」「悪魔達の囁き」
 
これはこれでアリなのではないでしょうか(正直、あまり違和感がない)。
 
違和感があったのは吹き替えの方。上手い下手の話ではなく、設定が変わっちゃってます。
 
「だから二週間前、大爆発した惑星イオスの特殊光線が地球上に作用して、死者が甦りつつあるって言ってるんです!」は、まあ、いいとして(いいよね?)。
 
TV局でフラン(ゲイラン・ロス)が止めたのは不確かな(活きているのかどうかも分からない)救護センターの情報テロップだったはずですが、こっちでは番組そのものを止めちゃってます(大胆だなフラン)。
 
フランが妊娠していると分かった時、ピーターは中絶派(やり方も知っている)でしたが、こっちでは積極出産派。
 
これがラストの「赤ん坊を産む場所を探さないとな」「そうね」「…まかしときぃ!」という超訳(正しくは「燃料は?」「あまりないわ」「…まあいい」)の伏線になっていると思うと感慨深くはありますが…。
 
ピーターの名台詞『地獄が満室になると…』は異なる場面で似たような事を言う形に修正されておりました。
 
差し替えられたのはBGMだけではありません。何故かSEも差し替わっています。
 
ピーターが屋上で壁打ちしているシーン。本来ならスコーンパコーンとなる所が何故かぴょろーんぴろーん(笑)。
 
ロジャーの墓の前でシャンパンを開けるシーン。ポン!となるはずが何故かブシュ!(ゾンビをナイフで刺した時のような音)。差し替えの意図が分かりません。
 
放送コードの関係かゴアシーンはほとんどがカットもしくは寸止め(直前でストップモーション)またはトリミング。狂ったSWATウーリーの蛮行と始末もカット。


イメージ 2
カットされたシーンの数々。
 
放送時間の関係で「狩りを楽しむ人々」「給油所」はまるっと割愛。給油所シーンがないので、ピーターがスティーブンに嫌味を言うシーンが「4人で頑張ろう」な感じに変更されています。


イメージ 3
「給油所」シーンは子供ゾンビ蜂の巣、ヘリチョンパ含めて全カット。
 
あれこれ気になる箇所はありますが、全体的に巧くまとまってはいます。立派な「ゾンビ派生バージョン」と言って良いのではないかと。


イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1『この愚かなトルコ人め』

『マヘーシュはインド人だ、馬鹿め』

『どう違うんだ?!』

『ったくナチスはロクなことしねぇな』

 

「グリーンインフェルノ」丸パクリなポスターとタイトルにハード・ゴアな内容を期待しちゃいましたが全然違いました。

 

学祭のノリで撮りあげた“ひゃっは〜!”ななんちゃってゾンビものでした。

 

「デッドウォーカー・インフェルノ」

2015年/スラヴコ・シュピオニヤク監督

 

ダンと友人3人は田舎のキャンプ地“ハッピー・キャンピング”へ。

 

森の中はキャンパー一杯大盛況。飲めや歌えや踊れやまぐわえやの宴の翌朝。何故か全員雨の中、テントの外で爆睡。そんなに飲んだっけ?と思う間もなく女の悲鳴。


イメージ 2
男が女を喰ってる…。え、何、ゾンビ?

 

次々ゾンビ化するキャンパー。ゾンビ化を免れ、自衛モードに入る生存者。森を抜けようとするとどこからか銃弾が…。

 

OPの御陽気ソングが森に入った途端不穏な音楽に変わる演出は結構好き。

 

主人公らがアフガン遠征経験を持つソルジャーという調子こいた設定がミソ。ただのハッタリかと思ったら戦闘能力が半端ないので本当なのでしょう。

 

銃火器は無いので武器はキャンプ地備え付けの工具類(「怒りのアフガン」参加者なので手作り弓矢も)。


イメージ 3
 

で、この人為的策謀の背後にはナチがいて…(申し遅れましたがドイツ映画です)。

 

ナチのリーダーがマッチョな美青年というのがいかにもな感じ。

 

果たして彼らの目的は…。

 

主人公らにまったく緊張感がないのが逆にいい(好意的に見ればアフガンの惨状を見て色々不感症になっている、と言えなくもない)。

 

ひゃっは〜なノリで死体の山を築いて、いい汗かいたな感じで去っていくのほほんとした雰囲気が個人的には好印象でした。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

全854ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事