ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫日記

記事検索
検索
イメージ 1
 
 『ふ、不覚…緊張したわ』


 『絶対ない…絶対好きになるはずがない。友達が好きな人の事』


イメージ 2
 
これまでフラグらしいフラグも無く、イベントスルーで不戦敗状態だった古橋文乃と、エントリーすらしていなかった桐須真冬先生がロケットスタート。
 
インを突いて一気に先頭集団に。
 
「ぼくたちは勉強ができない/第7話・前任者の秘匿領域は[X]な有様である
2019518日深夜BS11放送/横山ひろゆき演出
 
アニメにしか登場しない猫という記号の謎動物を軽やかなステップで助けた真冬先生ですが、着地時に足首グキ。


イメージ 3
 
成幸の肩を借りて着いたマンションは、独身女性の1人住まいと言う甘い幻想から幾星霜の汚部屋でした(入った瞬間、落盤が起きて先生生き埋め)。


イメージ 4
なんでここに先生(の尻)が!?
 
助けたお礼に勉強を見てもらった成幸ですが、無造作に散乱している下着に辛抱堪らず、掃除を志願。
 
先生の部屋にはフィギュアスケートのトロフィーが幾つも。
 
それは一時の感情で才能を棒に振った女の自戒の印。後悔の象徴。


イメージ 5
 
『教育者は生徒たちの感情の如何に由らず、才ある道に導く事に徹するべきなのよ。そうは思わない? 君はどう考えているのかしら?』
 
成幸の答えは…
 
「出来ない事に本気で立ち向かってるやつらを出来ないからやめろって見捨てるくらいなら、胸張って一緒に後悔する道を選びます。先生が才能の味方なら、俺は出来ない奴の味方ですから」
 
部屋中に 立ったフラグが 万国旗。
 
努めて冷静にクールに成幸を見送った先生でしたが、内心は頸動脈どっくんばっくん


イメージ 6
 
『ふ、不覚…緊張したわ。男の人(子ではない)を部屋に入れるなんて生まれて初めてだって事、バレていないでしょうね…』
 
そして文乃。
 
何故か日々、成幸に“女心”を伝授する“師匠”というポジションに。
 
『え?桐須先生の家に行った…?』
 
成幸の不用意な行動を問いただす文乃(素直に報告する成幸もどうかと思いますが)。そんな事、りっちゃんやうるかちゃんが知ったら…。
 
≪何も大丈夫じゃねえよ!だよ唯我くん!≫
 
内心とは言え、この毒づき方、いい感じです。


イメージ 7
 
『唯我君、今の話、私以外の誰にも言っちゃ駄目だからね。特にりっちゃんとうるかちゃんには!』
 
壁ドンならぬ大樹ドンで迫る文乃。こんなトコ誰かに見られたら…勿論、見られてました。
 
それも古橋文乃私設ファンクラブ3-A眠り姫を守る会(通称いばらの会)」のリーダーに。
 
二人の接近に待ったをかけるのかと思いきや、成幸と文乃が彼氏彼女の垣根を越えた熱い信頼で結ばれていると判断して“見守り”に徹する大英断。
 
この一件は逆に文乃に成幸を意識させる結果に…。


イメージ 8
 
『大丈夫、絶対ない…絶対好きになるはずがない。友達が好きな人の事』
 
それはもう好きって事すよ文乃さん。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 
“お前も奴の首を殺(と)る夢を見たか…!?
 
殺伐とした惹句。菅原文太はじめ鶴田浩二、梅宮辰夫、安藤昇らオールスターキャスト。
 
お話のベースは二代目松田組傘下の村田組大日本正義団の若者・鳴海清が山口組組長・田岡一雄を銃撃した「ベラミ事件」
 
監督は「日本暗殺秘録」「日本の首領」の中島貞夫。
 
こりゃあ大型実録モノに違いない、と思ったら出てきたのはドン詰まりの青春群像劇でした。
 
「総長の首」1979年/中島貞夫監督)
 
昭和の初め、浅草(山口組を刺激しないように時代も場所も変更←ベラミ事件が起きたのは1978年7月11日。ネタとしてはまだ熱々)。
 
賭場荒らしをきっかけに始まった安藤昇率いる昔かたぎの中小企業・花森組と全国規模の大企業・関東侠友会の抗争。
 
花森組と兄弟杯を交わした小池朝雄(表向きはペンキ屋だが裏で右翼の若者束ねた「血桜団」を結成している)が関東侠友会に殺(と)られた報復に血桜団の若者・清水健太郎が侠友会の総長を銃撃。
 
いきなりてっぺん的にかけられた侠友会代貸・梅宮辰夫は大激怒。花森組の殲滅を宣言。
 
と、ここまでは従来の実録路線なのですが…。
 
血桜団の若者(清水健太郎、ジョニー大倉、三浦洋一)を中心に売れないコメディアン小倉一郎を巻き込んで視点と色合いが前に後に左に右に。


イメージ 2
 
鶴田・安藤の任侠芝居と、文太・梅宮の実録芝居がまるで交じり合わない中、「え、そこ掘り下げちゃう?」な脇エピと不思議映像が炸裂。
 
中でも小倉一郎が浅草コメディアンの道を諦めて、漫才師(相方はレッツゴーじゅん)になろうとドサ回りの一団に加わった際に出逢った初老の紳士・西村晃が凄い。
 
出し物は無言劇。タイトルが自殺志願。白塗りのパントマイムで死にたいのに死ねない男の悲喜劇を熱演…するものの田舎のおっちゃんおばちゃんはそんな崇高な芝居観ちゃいません。
 
『こんなドサの客に俺の芸が分かってたまるかい!浅草も田舎もクソだー!こんな監獄みたいな国はクソだー!俺の芸はニューヨークの芸だ!パリの芸だ!分かってたまるかい!クソがー!』
 
三和土で一升瓶叩き割ってガラスの破片を貪り喰ってだらけになる西村。内容の割りに137分という長尺になったのは、こういう本筋とビタ一文関係の無い所にまで力を入れたためなんですね。


イメージ 3
左はマッパの刺客、岸田森
 
白塗りと言えば、最後に浅草祭りか何かで東京音頭を歌い踊るシーンがあるのですが、何故か全員白塗り。板前さんとかも白塗り。
 
一瞬、当時の浅草では東京音頭を踊る時は白塗りが正装なのかと思ってしまいました。
 
主要メンバーの中では血桜団の金井を演じたジョニー大倉がいい。
 
カンフーチックなアクションとか出来たんですね、この人。若手女優(森下愛子)に入れ込んで後援会会長になって告白するも激しく拒絶され…。
 
『だって金井さん、本当は朝鮮人…』
『言うなあ!言わないでくれ…言わないで…』(そのまま絞殺→指名手配)
 
警官隊に追いつめられたジョニーは軍刀でささらもさらにされるのですが、逮捕時に軍刀使うシーンって珍しいかも…。
 
他には包丁1本手ぬぐいに巻いて湯船に浸かるマッパの刺客・岸田森、ガリった体で梅宮辰夫の楯になる舟木一夫、その舟木を殺(と)った田中邦衛あたりか光っておりました。
 
おまけ
イメージ 4

たったのワンカット(台詞は『西…西だな』の一言だけ)というエコ演技で楽して儲けた易者役の丹波哲郎。
 
★中島貞夫監督作と言えば…


イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 
4人目の嫁と共にコスプレ吟遊詩人と化したリッチー・ブラックモアが2016年にロックに回帰。一過性のお祭り(青春プレイバック)かと思いきや、その後も活動継続。
 
ギターの構えが田端靖男みたいになったリッチーを見た時は軽い衝撃を受けましたが、それでもシーン復帰はめでたい限り。
 
更には新曲まで発表。リアルタイムのファンとしては喜ばしい話ではありますが…。
 
色々複雑…。
 
まず発表されたのがBlack Sheep of the Family(クオーターマスのカバー。パープルでレコーディングしようとしてメンバーに反対され断念。レインボーの1st「銀嶺の覇者」に「黒い羊」として収録という脱退の遠因になった曰く付の曲)の新録。
 
その後Waiting for a Signを経て最新作The Storm発表。


イメージ 2
 
雰囲気だけで言えば「バビロンの城門」辺りに収録されていても違和感がない出来ではあるのですが、やっぱりこのボーカル(ロニー・ロメロ)は好みじゃないなあ。
 
見た目がゲイっぽいとか、名前がゾンビ化したディオみたいとかではなく、歌いっぷりが。
 
上手な人なんだとは思いますが、どうにも特徴が無いというか歌メロに光るものが無いと言うか。
 
ロビン・マッコリー(@MSG)のような。もしくは少し劣化したトニー・マーティン(@ブラックサバス)のような…。
 
The Storm」とかこの節回しなら絶対ジョー・リン・ターナーの方が巧い(←この人、コンディションさえ良ければ、良いパフォーマンス見せるのよ。スタジオ版はそんなに悪くないでしょ。ロックの歌詞に感情を乗せられる数少ない歌い手さんだと思っているのですが)。
 
ジョーが復活レインボーを指して「コピーバンド」と称したのも頷けます。
 
ライブの映像でCHILD IN TIMEとか歌ってるの観ましたが酷い。40年前のイアン・ギランに土下座して謝って欲しいレベル(今のギランは…まあいいや)。
 
STARGAZERはロニー、グラハム両方に詫び状書いて欲しいと思いました。
 
現メンバーにはイェンス・ヨハンソン(Key)とかの“手練れ”が入っているので演奏は堅調(ドラムとベースはBlackmore’s Nightから出向)。
 
マイケル・シェンカーみたいに歴代(存命)ボーカリスト従えるFestみたいな布陣にはできなかったのでしょうか。
 
日本公演…あっても多分行かないだろうなあ。
 
Black Sheep of the Family
 
 



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 

アクション映画としては小粒。地味。脚本もかなり手抜き…ではありますが。

 

メルギブがソードオフされたタブルバレル・ショットガンを手に取った、それだけで十分じゃないですか。

 

「ブラッド・ファーザー」

2016年/ジャン=フランソワ・リシェ監督)

 

所謂“娘のためならお父ちゃん無敵モード発動しちゃうぞ”モノ。

 

ジョン・リンク(メル・ギブソン)は7年喰らって仮出獄中。トレーラーハウスで細々と彫り物師をしながら食いつなぐ日々。

 

アル中克服の自助サークルでくだらない告白。家に戻れば客の愚にもつかない話に相槌を打ち…。あームシャクシャする。

 

ただひとつの気がかりは行方知れずになった娘リディアの事。生きているのか死んでいるのか。

 

その頃、娘は文字通り生きるか死ぬかの瀬戸際におりました。

 

ヤバイ彼氏とヤバイ仲間、ヤバイヤマに殺傷事件。前に警察、後ろにギャング。助けてダディ。

 

常套なら父ちゃん実は元特殊工作員で…な設定になるところですが、メルギブさんは普通にただのクズ(裏社会に多少の顔は利く)。

 

しかし、愛する娘のためなら保釈取り消しも厭わない。掛かってこい青二才ども。

 

イメージ 2
メルギブと言えばダブルバレル・ショットガンですよねえ。

 

一般人の身体能力を景気よくフライングしたお父ちゃんパワーを期待すると肩すかしを喰らいますが、そこはまあ“等身大”って事で(車内でヘッドバット乱れ打ちのシーンとか見ているこっちも頭が動いてしまいました)。

 

そこかしこにメルギブリスペクトな映像が挿入され、ちょっとジョン・ウェインの「ラスト・シューテスト」な趣き。

 

イメージ 3
あのシーンも完全再現(大は小を跳ねる)。

 

お相手(娘のヤバイ彼氏)に「天国の口、終わりの楽園」の悪ガキの片割れ(ディエゴ・ルナ)。得物はTaurus PT92AFS

 

金で雇われた殺し屋(Cleaner)にラオール・トゥルヒージョ。得物はSIG-Sauer P226


イメージ 4
左:ディエゴ×Taurus PT92AFS/右:ラオール×SIG-Sauer P226
 

ウィリアム・H・メイシーとかも出ていて小品の割に結構豪華。監督は「アサルト13 要塞警察(リメイクの方ね)」撮った人です。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 
「のんのんびより」の3期製作が発表されました。めでたい!
 
記念して、
 
「のんのんびより/第10巻・OAD付特装版」
2016923KADOKAWAより発売/あっと著)
 
OADは“オリジナル・アニメーションDVD”の略で、主としてコミックスに同梱されるDVDを指す言葉(出版社によってDは単にDiscの略だったりする)。
 
言い出しっぺは講談社だったと思いますが、現在は本作のようにKADOKAWAも使っています(ややこしいからOVAでいいじゃん、とも思いますが…)。
 
10巻同梱のDVD「のんのんびより りぴーと」第13という位置づけ。
 
蛍目線の春夏秋冬(エピタイは「蛍が楽しんだ」)。
 
雪にはしゃぎ、クッキーを焼き、宿題をこなして木の実を集め…。


イメージ 2
 
駄菓子屋と蛍でクッキー製作。レアな組み合わせ。
 
駄菓子屋のベストパートナーはれんちょんですが、この人、誰とくっつけてもいい味出します。
 
小鞠がムササビにおちょくられながらの木の実集めの和やかさ。
 
3期の詳細はこれからの発表待ちですが楽しみです(ひかげの出番が増えるといいなぁ。文字通りひかげの人なので)。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事