ここから本文です
デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
「世の中には、メタルか、そうでないものかの2種類しかない」byジョーイ・ディマイオ@マノウォー

書庫日記

記事検索
検索
イメージ 1
 

アクション映画としては小粒。地味。脚本もかなり手抜き…ではありますが。

 

メルギブがソードオフされたタブルバレル・ショットガンを手に取った、それだけで十分じゃないですか。

 

「ブラッド・ファーザー」

2016年/ジャン=フランソワ・リシェ監督)

 

所謂“娘のためならお父ちゃん無敵モード発動しちゃうぞ”モノ。

 

ジョン・リンク(メル・ギブソン)は7年喰らって仮出獄中。トレーラーハウスで細々と彫り物師をしながら食いつなぐ日々。

 

アル中克服の自助サークルでくだらない告白。家に戻れば客の愚にもつかない話に相槌を打ち…。あームシャクシャする。

 

ただひとつの気がかりは行方知れずになった娘リディアの事。生きているのか死んでいるのか。

 

その頃、娘は文字通り生きるか死ぬかの瀬戸際におりました。

 

ヤバイ彼氏とヤバイ仲間、ヤバイヤマに殺傷事件。前に警察、後ろにギャング。助けてダディ。

 

常套なら父ちゃん実は元特殊工作員で…な設定になるところですが、メルギブさんは普通にただのクズ(裏社会に多少の顔は利く)。

 

しかし、愛する娘のためなら保釈取り消しも厭わない。掛かってこい青二才ども。

 

イメージ 2
メルギブと言えばダブルバレル・ショットガンですよねえ。

 

一般人の身体能力を景気よくフライングしたお父ちゃんパワーを期待すると肩すかしを喰らいますが、そこはまあ“等身大”って事で(車内でヘッドバット乱れ打ちのシーンとか見ているこっちも頭が動いてしまいました)。

 

そこかしこにメルギブリスペクトな映像が挿入され、ちょっとジョン・ウェインの「ラスト・シューテスト」な趣き。

 

イメージ 3
あのシーンも完全再現(大は小を跳ねる)。

 

お相手(娘のヤバイ彼氏)に「天国の口、終わりの楽園」の悪ガキの片割れ(ディエゴ・ルナ)。得物はTaurus PT92AFS

 

金で雇われた殺し屋(Cleaner)にラオール・トゥルヒージョ。得物はSIG-Sauer P226


イメージ 4
左:ディエゴ×Taurus PT92AFS/右:ラオール×SIG-Sauer P226
 

ウィリアム・H・メイシーとかも出ていて小品の割に結構豪華。監督は「アサルト13 要塞警察(リメイクの方ね)」撮った人です。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 
「のんのんびより」の3期製作が発表されました。めでたい!
 
記念して、
 
「のんのんびより/第10巻・OAD付特装版」
2016923KADOKAWAより発売/あっと著)
 
OADは“オリジナル・アニメーションDVD”の略で、主としてコミックスに同梱されるDVDを指す言葉(出版社によってDは単にDiscの略だったりする)。
 
言い出しっぺは講談社だったと思いますが、現在は本作のようにKADOKAWAも使っています(ややこしいからOVAでいいじゃん、とも思いますが…)。
 
10巻同梱のDVD「のんのんびより りぴーと」第13という位置づけ。
 
蛍目線の春夏秋冬(エピタイは「蛍が楽しんだ」)。
 
雪にはしゃぎ、クッキーを焼き、宿題をこなして木の実を集め…。


イメージ 2
 
駄菓子屋と蛍でクッキー製作。レアな組み合わせ。
 
駄菓子屋のベストパートナーはれんちょんですが、この人、誰とくっつけてもいい味出します。
 
小鞠がムササビにおちょくられながらの木の実集めの和やかさ。
 
3期の詳細はこれからの発表待ちですが楽しみです(ひかげの出番が増えるといいなぁ。文字通りひかげの人なので)。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 

出合いは3年前。って鈴木、中学生か。それでも恋は恋。

 

「なんでここに先生が!?6時限目」

2019512日深夜BS11放送/藤代和也、葛谷直行演出

 

教員採用試験当日、遅刻ギリのタイミングでこける⇒靴壊れるでタイムアウトオープンリーチの松風真由。

 

『大丈夫ですか?』と声を掛けてきたのは近くの工事現場で働く鈴木凛14歳(には見えません。普通に成人。因みに建設業は家業)。


イメージ 2
 

事情と試験会場を聞くや『そこなら5分で着きます』と宣言。真由をおぶって猛ダッシュ。

 

余裕で会場到着。ついでに靴もリペア(すげーな鈴木)。

 

良い運動になりましたと爽やかな笑顔。そりゃ惚れちゃいます。


イメージ 3
 

あれから3年。同じ学校の教師と生徒という距離にありながら進展なし。

 

同僚の児嶋加奈は酔っぱらっても電話1本で佐藤が迎えに来てくれる…いいなぁ。出合った時の鈴木の背中の感触を思い出しつつ眠ってしまい、気づいたら鈴木の背中。

 

なんでここに鈴木くんがぁ!?


イメージ 4
 

『佐藤先輩が“松風先生も酔ってると思うから迎えに行ってやれ”って』

 

佐藤、グッジョブ!

 

この二人、再会した時ってどんな感じだったんでしょうね。松風先生はともかく、鈴木はちゃんと覚えていたのでしょうか?

 

原作エピがあるのなら是非見てみたいです。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 

PS回帰大作戦、4本目のタイトルはシリーズ初のHD作品「バイオハザード5

 

ゴシックホラーからシューティングに舵を切った「4」の流れを更に発展。

 

主役はクリス・レッドフィールド。時間軸はアンブレラ崩壊、ジル死亡(死体は無い)の後(ウェスカーは依然暗躍中)。

 

舞台はアフリカ。この“灼熱のアフリカの大地”という絵面がエライ事新鮮(ま、まぶしい!)。


イメージ 2
 

お相手はゾンビではなく、プラーガという寄生体に支配された現地住民マジニ。こいつら走るわ武器使うわで、ホラーと言うよりは暴動鎮圧アクション。気分は「ブラックホークダウン」。

 

全編「謎解きって何?」な勢いで撃って燃やして殺戮ショー。ガキが出てこないだけで気分爽快。


イメージ 3
 

マジニは死ぬと弾薬落としたり金落としたりするのでせっせと回収。あちこちに点在している木樽や木箱も叩き壊すと中に弾薬や金が入っていたりするので見つけたら即破壊。

 

この「君たち大事なミッションの最中に何やっとんねん?」な火事場泥棒感が堪りません(アフリカの人のへそくりかもしれない金品を片っ端から奪っていく背徳感よ)。

 

集めた金で武器購入/強化。

 

撃ちまくり殺しまくり奪い尽くして武器に代え、更に撃ってまた奪う。何と言うか搾取の縮図を見ているようです(笑)。

 

序盤の見所は何と言ってもCHAPTER1-1の集会所。普通死ぬとプレイヤーキャラが血の海に沈んでYOU ARE DEADの文字が出るのですが、ここで殺られるとマジニにフルボッコされるリンチムービーを拝む事ができます。

 

倒れたプレイヤー目線で上から棒やら刃物やらをドカスカ打ち下ろされてYOU ARE DEAD。初めて見た時、大笑いしてしまいました(「RE:2」と違い、殺されても悔しくない)。

 

町から港、洞窟、湖と次々変わる景観も風光明媚でいい感じ。

 

個人的にはプロペラボートで島巡り、なCHAPTER3-1がお気に入り。


イメージ 4
 

PS4版には以前はDLCとして別売りだった追加シナリオがまるっと入っているので、時間を掛けて楽しめそうです。

 

中盤以降〜追加シナリオに関してはまた別途。



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

イメージ 1
 
『じゃあな。頼んだぜ、相棒』『任せろ』
 
互いの背中にグータッチ。病んだライナー、覚悟を決めたベルトルト。OPの名シーン回収。
 
壁の内部に潜んでタイミングを伺っていたライナーでしたが、アルミンの推理で居場所露見。鎧の巨人となるも調査兵団の新兵器「雷槍」の集中砲火で機能停止。
 
最後の力で放つ咆哮一閃。それを聞いた獣の巨人が車力の巨人の背に積まれた樽を掴んで大投擲。樽の中には…
 
そこにいたのかベルトルト!
 
『全員、鎧の巨人から離れろ! 超大型巨人が落ちてくるぞ!』
 
「進撃の巨人 Season3/通算第52話・光臨」
2019512日深夜NHK放送/肥塚正史監督)
 
冒頭でマルコ戦死の経緯が。あの無残に噛み千切られた死体の謎。その真相はあまりに悲しすぎ…。


イメージ 2
 
カプセル怪獣のように投擲されたベルトルトですが、討ち取られたライナーを見て空中変身を中止。ライナーの元へ。まだ生きている。


イメージ 3
 
『ライナー、ひとつ頼みがある。少しだけ体を動かしてくれ。
 出来なかったら…すまない、覚悟を決めてくれ。…終わらせて来る』
 
殺り合う前に“交渉”を試みるアルミン。
 
『ベルトルト! 話をしよう!』
イメージ 4
『話をしたら全員死んでくれるか?!』
 
ベルトルトの弱点であるアニをブラフに揺さぶりをかけるも通じず。奇襲をしかけたミカサの刃も一蹴(耳斬りおとされても動じず)。迷いも躊躇も憐憫も捨て去ったベルトルトに死角無し。


イメージ 5
 
『恐怖もあまり感じていないし周りがよく見える。
 きっとどんな結果になっても受け入れられる気がする。
 そうだ…誰も悪くない…全部しかたなかった。
 だって世界はこんなにも残酷じゃないか』
 
まるで主人公のような独白を枕に変身。爆発。立ち上るキノコ雲。…光臨!


イメージ 6
 
吹き抜ける爆風。爆発に巻き込まれるハンジ班。登場だけで街半壊。半端ねえな超大型巨人。
 
超大型を壁に近づけるわけにはいかない。僅かとも呼べない残存兵力で即時殲滅…ってそりゃ無理ゲーってもんだろ。
 
次回「完全試合(パーフェクト・ゲーム)」。そりゃどっちにとってのさ?



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事