ここから本文です

神雅のつぶやき、

目指せ!1週間1回以上更新!

書庫全体表示

記事検索
検索

全107ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

どうも、お久しぶりです。ゆにこんです。

今日はCC2松山洋社長の著作
『エンターテインメントという薬 -光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの-』の話。

もちろん、私も購入しています!(2冊)
ゲーム会社の社長ですがハウツー本とかではなく、ノンフィクションです!

冒頭6ページが無料で読めますので、ぜひ試読してみてください。
(※拡大して読んでください)
3週間後、全盲になるとしたらあなたは何をしたいですか?
何をするでしょうか。したいでしょうか。

私はやっぱりゲームでしょうか。漫画も捨てがたい。
アニメも映画も見たいものが多すぎる!

やっぱり3週間は短すぎますよ!
しかし否応に関係なく、それが運命として与えられたのが作中のヒロシ君です。

彼は「ゲームがしたい」と望みました。
そのゲームこそ『.hack//G.U.』

.hackシリーズ2作目で、G.U.は三部作。
当時は3本目の「Vol.3 歩くような速さで」が発売間際。
しかし、ヒロシ君の手術の日は2007年1月9日。
電話が来た日は2006年12月23日なので、3週間弱で彼は全盲になってしまう。
ゲーム発売日は1月18日。。。足りない。

そんな中で大人たちは考え、覚悟をきめ、奇跡的な早さで
奇しくも12月25日。電話が来てからわずか2日後のクリスマスに、彼に発売前のゲームを届けたのです。


それから10年経ち、松山社長自身がこの本を執筆する際に取材を行ったそうです。
その中で発覚した真実もこの本の中には描かれています。

バンダイナムコをはじめとして、声優さんの協力など、それらすべてが噛み合ったからこそ起こった奇跡の物語ではないでしょうか。

奇跡は簡単には起こらないが、奇跡を起こせるように動く大人たちのカッコよさがそこには描かれています。

「エンターテインメントとは必ずしも生きるのに必要なものではありません」
これはクリエイターが考える命題の一つでしょう。

しかし、この本は題名こそ『エンターテインメントという薬』で、
全盲になるヒロシ君に勇気という薬を与えた物語ですが、
同時にヒロシ君からもクリエイターは希望という薬を貰えたことでしょう。


先日、クリーク・アンド・リバー社で行われたCC2松山洋社長のトークイベントに伺いましたが、
その中で11月3日に仙台に住むヒロシ君のもとに無事、この本を(朗読ソフトで)届けることができたと報告がありました。
ヒロシ君自身がこの本を読んだ感想が『パンが食べたくなった』だそうですw

本編にも出てきますが、東中野のパン屋さん。
私も行ってみたくなりました。
…どんなパン屋かは本を読んでくださいね。

CC2松山洋社長が先日、仙台を訪れた時の様子がこちらにも書かれていますので、
こちらもぜひ読んでみてくださいね。
https://t.co/a6BvAVJ7rU

エンタメ薬をぜひ読んだらTwitterでハッシュタグ(#エンタメ薬)を付けて書き込むと、
CC2松山社長から「いいね!」がもらえますよ!


ヒロシ君へ届けたG.U.のリメイク『.hack//G.U. Last Recode』も
エンタメ薬と同日11月1日に出てますので、
そちらも後々、ブログを書こうと思います。

以上。それではまた。

開くトラックバック(0)

久しぶりの書きこ。

CCチュウのマイクラスキンを作ってみたのでテスト上げ!

まあ、ヘッドパーツとか長髪とか再現できてないんだけども。
イメージ 1

開くトラックバック(0)

新世界より

どうも、ゆにこんです。

.hack//シリーズの新作品が発表されましたね!

その名もニューワールド。
公式サイトはこちら → 
http://www.cc2.co.jp/newworld/

すでにひと月経つので知ってる人も多いと思いますが、、、
残念ながらまたスマフォ作品でしたが、応援していきたいと思います。

まあ、きちんとサービスが続いて、きちんとサービスが終了する。。。
それを最後まで見届けられるのが今の望みです。


一応、新シリーズ(4thシーズン?)になるようなので、無印やG.U.のころのにぎわい。
地上波アニメやコンシューマで作品を出す。

があればいいなぁ…と。皆思っていることが俺もただただ望みます。

エヴァの貞本先生がひさびさに原画を行っているみたいですし、
人気になればいなぁ…と祈ります。

とりあえず、装備デザインコンテストをかいて投稿でもしましょうか。


そんなわけで、また半年ぶりの投稿でした。

あ、そういえば無事4月に就職しました。
今は埼玉の新居から投稿しています。
そろそろPC用デスクが欲しいなぁと思っている今日この頃。

それではいずれまた。

開くトラックバック(0)

新挑戦。

どうも、いまだ転活なうなゆにこんです。

前回いつ書いたっけ?とおもい見返してみたら12月でしたねw
みなさん、あけましておめでとうございます←

そして、まだ転活中ということは内定は取れなかったということです。
厳しい戦いですね…orz


ところで今回、ファミ通でCC2の今後についてちょっと進展がありましたね。

前回?のブログでもつづっている通り、昨年末ナルスト4とジョジョEOHの発表がされました。

今回はそれ以外のオリジナル?作品についてです。
まあ、特にタイトルが発表されたとか、そーいう事じゃないのですが…

まず事の発端は、2週間前のファミ通。
CC2がおそらくオリジナルな作品開発に向けて、意味ありげなキーワードをならべた求人募集の広告を出しました。


新挑戦。
その文字がでかでかと出ていますが、よくよく見てみると気になる単語が並んでいます。
大規模開発。AI。RPG。ワールドワイド。オープンワールドetc...

その時はこれに関して特に言及もなかったのですが、
今週のファミ通にCC2が20周年を迎えるにあたり特集が組まれており、その中でぴろし社長のインタビュー記事にて、多少の説明がありました。

ファミ通さんの先出し記事はコチラ→http://www.famitsu.com/news/201503/10073610.html


まあ、だいたい読んだことをまとめると…
・キーワードは未発表のタイトル3つ分
・ひとつ目は「フォトリアルRPGで、ワールドワイドで、アンリアルエンジン4で、物理ベースレンダリング」なタイトル
・ふたつ目は「オープンワールド」なタイトル
・みっつ目は「VR」なタイトル

他にも「超アニメ表現の向こう側」や「シネマティック」などなど、ナルティに使われていた広告的なキーワードや、他にも気になるものはありますが、特に言及はなし。

ひとつ目のタイトルは新規といっているのですが、最近の風潮を見ると何らかのオリジナルタイトルの続編ってことも考えられますねー…フォトリアルなUEってとこだけで考えると、アスラ…いやないか。

個人的にはオープンワールドで.hackを作ってほしいが…うーんどうなる事やら。

この3つとも「新世代機向け」といってるので、少なくともPS4またはXONEでしょうねー…買わねば…

あとは以前、トークイベントかなんか(昨年夏のイベントかな?)でぴろし社長が言っていましたが、CC2の開発ラインの比率いままで家庭用とスマホで5:5だったのが、7:3になるそうです。

先のキーワードの前にもふれられてますが、フルボッコとジョジョはこれからも進化していくようですお。…で、ギルドラは?

まあ、なんにせよ新作が楽しみですね。
来年の2月までと、インタビューラストで言われてますので、今年は怒涛の1年になりそうです。
今後、新作を発表するタイミングとしては、6月のE3が最初で、9月のTGSなどありますので、楽しみに待ちましょう。

まあ、まずは来月のLieNライブ。
そこでなんかしらのぽろし発言があらんことを願ってw←

ではではノシ

全107ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事