韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

全体表示

[ リスト ]

4月10日にチョン・ジェヨン、イ・ソンミン、ソ・ジュニョン、キム・デミョン主演の「さまよう刃」という映画が公開されます。

タイトルを見て、気づいた人もいると思いますが、これは東野圭吾原作の「さまよう刃」の映画化作品です。日本では、2009年に寺尾聡、竹野内豊主演で映画化されましたね。

チャン・ヒョク、チョ・ボア、ソン・ウソン、イ・ドア主演の「刺」と同じ日の公開なので、自分にとってはライバル映画。笑。でも、原作が大好きなので、ぜひとも見たいと思っています。


イメージ 1
ティーザーポスターでしょう。結構、インパクトのあるポスターだと思います。目にすぐに入ってくる!!「刺」とのティーザーポスター対決は、「さまよう刃」の勝ち!!

あらすじ。
銭湯で死体として発見された女子中学生スジン。父サンヒョンは一人娘スジンの死にショックを受ける。そんなある日、サンヒョンに犯人の情報を伝える匿名のメールが届く。そして、メールに書かれた住所に行ってみると、そこで、少年たちにレイプされる娘の映像を見て、楽しんでいるチョリョンを発見するサンヒョン。その瞬間、理性を失い衝動的にチョリョンを殺害するサンヒョン。共犯者の存在を知った彼は、そいつを探し始める。一方、スジンの殺害事件の担当刑事のオックァンはチョリョンの殺害現場を見て、サンヒョンが犯人であることに気づき、彼を追跡し始める。

予告編。

雪山でのシーンが、かっこよさそう!!

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

ジョン・ジェヨンは、最近、勢いが落ちたイメージがあるので、この作品がヒットしたらいいですね。今年頭に公開された「プランマン」は大失敗に終わったので。今年公開予定のヒョンビン共演の「逆麟」が控えてますが、こちらはヒョンビン効果もあるのでヒット間違いないと思います。

あと、2番目にクレジットされているイ・ソンミンですが、期待したい役者です。いい助演役者として活躍してます。大きな映画での主演級は初めてじゃないでしょうか。楽しみです。

イメージ 9

日本の小説が原作ですが、これが大きくヒットすれば、日本原作を映画化しようとする動きも広がると思うので、そこも期待したいなと思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事