韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
4月27日(水)に韓国で
「シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ」が公開されました!!
なんと、初日の観客動員記録で新記録!!

イメージ 4

イメージ 1


水曜日という平日なのに、koficの統計によると72万7995人!!
昨日、木曜の記録は47万4041人。
初日よりは、数を落としてますが、
それにしても、平日でも47万人ってのはすごいです。
この週末にどれだけの記録をつくるのか、楽しみです。

自分は、昨日、見てきましたが、かなりよかったです。
キャラクターが多いのに、
ちゃんとすべてのキャラに見せ場がある。
そして、今回も時々現れるニヤリとさせてくれる場面。
アクションはもちろは文句なくかっこいいですし、
みんなで戦うシーンでは、それぞれが助け合いながら戦うという、
コンビネーションもやっぱりいいなと。
あと、アイアンマンとキャプテンが対立するという、
かなりの緊張状態のまま物語が進むので、
ハラハラドキドキはずっと持続します。
今までは一緒に戦っていたのに、
今回は、お互いを傷つけ合ってる、戦ってるシーンは、
心がかなり痛みました。
そういう部分が、ヒーロー映画としては、新しい感じでしたね。

アントマンとスパイダーマンは、
少しだけの登場ながらも、かなりのインパクトを与えてくれます。
笑わせてくれます。

koficの予約率を見ると、94.5%!!
これは、恐ろしい数ですよね。
独占しすぎだろ!!とツッコミを入れたくなるほどです。
1000人いたら、945人がこの映画を見るわけですから。
ちなみに、NAVERの映画ページの予約率は、今現在、88.5%です。
NAVERの10点満点の観客の評価は9.13。
これも、こういうヒーロー物としては、
かなり高い数字だと思います。

昨日の統計だと思いますが、
スクリーン数は、1809スクリーン!!
9022回上映!!
スクリーン数の統計は、個人的には、あまり気にしていません。
結局、1日1回上映しても、1スクリーンだし、
1日5回上映しても、1スクリーンだし。
なので、何回上映されたかってのが、重要な数字だと思っています。
上映占有率は、62.7%ということです。
韓国全土の63%がこの映画を上映しているということになります。
さらに、観客が集まるいい時間に集中していると思うので、
独占率はさらに高いと思います。
韓国では、よく配給会社のスクリーン独占問題が話にあがります。
上映回数が多すぎて、他に見るものがない。
しかたなく見る。そしてヒットする。
そこまでヒットする映画じゃないのに、なんで1000万人を超えたのか?
と、よく話に出てきます。
でも、今回の映画は、観客の評価も高いですし、
韓国と同じく27日、
一足先に公開した、フランス、フィリピン、台湾、タイ、香港でも
ヒットしているようです。
あと、他の映画がこの映画を避けて公開時期をずらしたりしているので、
配給の力でヒットしたんだ!!と言われないことを願います。

この週末、全席の映画マーケット63%の国家で公開されるようです。
そして、アメリカでは、5月6日に公開。
世界中で先に公開なんて、アメリカのファンたちは、
かなりドキドキ、イライラしながら待っていそう。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12

先週の土曜に、大泉洋、有村架純、長澤まさみ主演の
「アイアムアヒーロー」が日本で公開されましたね。
みなさん、見てくれましたか?

イメージ 1


主役のみなさんが、宣伝を頑張ってくれてるらしく、
日本にいる多くの友達からテレビで宣伝してたよ、とか、
現場のメイキングに信介がちらっと映ってたよ、などと、
ちょこちょこ連絡が来てます。

映画ニュースはチェックしてるようにしてるんですが、
確かに、アイアムアヒーローの記事は多いように感じます。

世界の3大ファンタスティック映画祭を制覇と
記事が出ていましたが、
ほんとにこれはすごいことじゃないでしょうか。
3大ファンタスティック映画祭で賞をもらった映画は、
もしかして初めてとか!?

第34回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭では、最高賞にあたる、
インターナショナルコンペティション部門ゴールデンレイブン賞受賞!!

第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭のコンペティション部門で、
観客賞と最優秀特殊効果賞を受賞!!

第36回ポルト国際映画祭では、
観客賞とオリエンタルエキスプレス特別賞を受賞!!

評論家からも、一般の観客からも認められたってことは、
しっかり映画が作られていて、
そして楽しめる映画であるということが証明されましたね。

撮影を振り返ると、
暑い熱い夏でしたね。ほんと、いろんな意味でかなり熱かったです。
韓国の撮影はアウトレットモールのシーンがメインでしたが、
広いアウトレットモールが本当にZQNに襲われた世界になったかのように、
隅々までセッティングされていて、
ZQN映画好きの自分としては、
かなり興奮ものの、仕事を忘れて楽しむことができました。
また、エキストラのZQNたちにZQN演技を仕込むのも、
かなり楽しかったです。
そんな後ろまで、絶対に見えない!!ピンボケで見えるわけがない!!
という場所にいるZQNにまで、
ZQN的な動きを教えるとか、仕事を超えて、ただの趣味行動みたいな。(笑)
そして、本番で、エキストラさんたちが、
一生懸命、自分が教えた通りに、
自分が教えた以上に、さらに本人のアレンジも加えて、
素晴らしいZQNを演じてくれました。
一人で感動していました。(笑)
自分は、まだ映画は見れてませんが、
おそらく、エキストラのZQNの動きまでは詳しく見えないだろうけど、
これはこれで、満足のいく仕事が個人的にできたということで、
自分の中で一生残る映画になると思います。

この映画で、
「道〜白磁の人」の吉沢悠さんと再会できて、
また一緒に現場ができたことも、とても嬉しかったです。
白磁の人では、浅川巧を演じていた人が、
今回はまったく違う人間を演じていたので、
まるで、違う役者さんかと思うくらいでした。

公式ホームページです。


シアター情報です。


まだ、見てない人は、ぜひ見てくださいね!!!
4月13日に韓国で公開されたハン・ヒョジュ、ユ・ヨンソク、
チョン・ウヒ主演の「解語花(原題)」を見てきました。

イメージ 1


公開前のスタッフ試写会で見てきました。
自分はこの映画には関わっていませんが、
知り合いの役者さんが出演してるので、
誘ってもらって、一緒に行ってきました。

出演、ハン・ヒョジュ、ユ・ソンヨク、チョン・ウヒ、チャン・ヨンナム、
パク・ソンウン、イ・ハンウィ、リュ・ヘヨン。

監督は、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ゴウン主演の
「メモリーズ 追憶の剣」のパク・フンシクさん。

1943年の最後のキセン(韓国の芸者)学校を背景に、
ソユル(ハン・ヒョジュ)とヨニ(チョン・ウヒ)は、
幼い頃から共に育ち、最高の友達になっていた。
そこに当時、
ヒット曲を飛ばす最高の作曲家ユヌ(ユ・ヨンソク)が現れる。
ソユルは彼の恋人じゃなくて、
彼が作る歌を歌って歌手を夢見るようになる。
ユヌもそのつもりでいたが、
偶然、ヨニの歌声を聴いたとたん、
ヨニの声に魅了され、彼女のために曲を書くことになる。
友情を取るのか、最高の歌を取るのか、
ソユルとヨニの間に、まさにゴングが鳴り響こうとしている!!
という感じの内容です。

愛を取るのか、友情を取るのか、夢をとるのか、
どの時代にも通じる三角関係を描いた映画です。

メインポスターは、
それぞれの表情は好きで、3段になった構図も面白いと思いますが、
インパクトに欠けますね。
ぱっと見た感じ、見逃してしまう系のポスターだなと。

ハン・ヒョジュは、やっぱり可愛いですね。
自分の中では、元気はつらつ娘というイメージで、
いつも、ニコニコ輝いてるイメージ。
でも、今回は愛、夢、友情の間で揺れ動き、
嫉妬もする人間らしい部分もしっかりと演じていたと思います。

チョン・ウヒ、かなり輝いてました。
ほんと、この女優は、演技が上手すぎる!!!
若手では今、一番演技が上手いんじゃないかと思います。
演技で今の人気を自力でつかんできたタイプなので、
彼女の演技に引き込まれること、間違いなし!!
ずっと前のブログにも書いたかもしれませんが、
以前、他の映画のオーディションで目の前で
演技を見たことがあるんですが、
そんな彼女がスクリーンの中で演技をしているのを見ると、
不思議な感じで、かなり応援したくなります。
5月に公開される「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督の
「哭声」にも出演してるんですが、かなり楽しみです。
おそらく、作品性ということを考えると、
一番注目されることになる映画だと思います。
共演は、クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼。
この作品はパク・チャヌク監督の「アガシ」と共に、
カンヌ映画祭に出品されているので、注目されること間違いなし。
カンヌにはどの役者さんが行くのはわかりませんが、
チョン・ウヒも行ったらいいなあ。
着飾ってレッドカーペットを歩いてほしい!!

最近、チョン・ウヒと同じく、飛ばしてきてるリュ・ヘヨンも出てました。
出番はかなり少なくて、編集できられたのかな?と思いました。
でも、彼女さらしは、しっかり出てたので、よしとしましょう。

パク・ソンウンさんも出てます。
日本人役なので、100%日本語のセリフです。
個人的には、この役者さんも、
どんどん主役をはっていってほしいと期待している役者さんです。
今回は、出番も少ないのに、出演しています。
話では、製作会社なのか、製作陣と仲良いらしくて、
出演を決めたとか。
人情、義理があるイメージです。
勝手な思いこみですが。。。

この映画は、歌のシーンがかなり多いです。
それが、最初は映画を飽きさせない要素だったかもしれませんが、
でも、最終的には、ちょっと多すぎたイメージがありました。
もっと、少なくして、もっと印象的に描いたほうが、
効果的だったようにも思います。
でも、歌手になりたい、この歌を誰よりも歌いたい、
この人が作った曲を歌いたいという内容なので、
歌のシーンが多くなるのは、仕方なかったのかな。

辛口コメントすると、
もう少し深みがあったほうがよかったように思います。
三角関係というドロドロした内容でもあるので、
もっとドロドロした雰囲気が欲しかったかなと。
でも、チョン・ウヒの活躍を楽しむには、十分な映画だと思います。

イメージ 2
ハン・ヒョジュ キャラクターポスター
「作ってよ。私だけの歌。」

ハン・ヒョジュの顔って、派手な顔じゃないので、
こういう古風な雰囲気の衣装もかなり似合うと思います。

イメージ 3
ユ・ヨンソク キャクターポスター
「俺の歌には、どうしても、お前の声が必要なんだ。」

イメージ 4
チョン・ウヒ キャラクターポスター
「歌を、どうしても歌いたい。」

めっちゃ、綺麗!!
チョン・ウヒは時代ものの衣装メイクも似合うなあ。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
英語のタイトルは、「LOVE, LIES」なんですね。。
正直、「誤語花」というタイトルは、
説明されないとわからないと思います。
そして、なんなのか、漢字を見ても想像できないという。
でも、英語タイトルは、シンプルながらも、
何が嘘なんだろう。
単純に考えると、愛が嘘?と思うけど、
愛が嘘というよりも、愛と嘘なので、
何が嘘なのか、ちょっと気になります。
ハン・ヒョジュだけが、韓国バージョンの
キャラクターポスターと違いますね。

イメージ 8
このポスターは、
公開されてから、やたらと目につきます。
いろんなところに貼ってあります。
タイトルは、ハングルバージョンでですが。

メインポスターを見ると、
ハン・ヒョジュとユ・ヨンソクは何かが手前に見えます。
ピンボケしてる部分のことです。
キャラクターポスターを見ても、
ハン・ヒョジュとユ・ヨンソクは手前にピンボケした部分があります。
でも、チョン・ウヒにはないんですよね。
これには、何か意図があるのでしょうかね。
手前にピンボケがあるということは、
手前から奥のものを見ているような、覗き見ているような印象でしょうか。
チョン・ウヒが二人を眺め見ている?ってわけでもないしなあ。
ちょっと、深読みすぎるか。。。

で、この緑がフォーカスアウトになっている宣伝ポスターですが、
かなり目に入るんですよ!!
こういう爽やかな緑のポスターって今までなかったように思うんですよ。
なので、あれ?何かな?と思って、
何度も何度も目についてしまいました。
普通、役者の顔を大きくして、
役者の顔で目につかせると思うんですが、
このポスターの場合は、役者は見えず、
2人の女性がいるのを確認できる程度。
完全に、色で注目させる作戦!!
かなり気に入りました。
ハン・ヒョジュのチマチョゴリの下も同じく緑って、
かなり攻めのポスターだと思います。
かなり、好きです。

そうそう、映画の中には、いろんなチマチョゴリが出てくるんですが、
確かパステルな感じが多くて、すごく可愛かったです。

公開最初の週の成績ですが、ちょっと苦戦してますね。
多くの人にチョン・ウヒを見てもらいたいのになあ。
映画「オールドボーイ」のパク・チャヌク監督の
新作「アガシ(原題)」がカンヌ映画祭の最高賞「パルムドール」を競う、
長編コンペティション部門に出品されることが14日に決定しました!!

これは、監督、役者、スタッフ一同、かなりかなり嬉しいニュースです!!

アガシとは、韓国語で「お嬢さん」の意味で、
1930年代の韓国と日本を舞台にして、
金持ちの家のお嬢様(キム・ミニ)と、お嬢様に使える侍女(キム・テリ)、
そして、お嬢様の財産を狙う伯爵(ハ・ジョンウ)が
繰り広げるストーリーです。

映画の原作になっているのは、
イギリスの小説「荊の城」(著:サラ・ウォーターズ)です。
日本でも上下巻で翻訳されています。

出演は、キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン、
キム・ヘスク、ムン・ソリ。

イメージ 1

今回のカンヌ出品のニュースと共に
お披露目されたティーザーポスターですが、
どうですか?
個人的には、かなり気にっています。
松の下でただずんで入る白い服を着た男。
首の後ろからタバコと煙。
顔の下に見える四角い白い部分はなんだろう。。。
背負われて本を読んでいる男。
男はメガネをかけているかな?
ピンクの着物を着て、木にぶら下がっている女。
黒い服を着た男と、着物を着た少女と女性。
黒い男は何か手に持ってますね。
そして、下には、前を行く女性と、
後ろから傘をさしてあげている女性。

木の幹の部分の丸もいい感じだし、木の緑の部分も洒落てるなと思います。
ピンクの女性がぶら下がっている木だけが、桜ですね。
タイトルロゴも古風な感じもするし、
そして、キュートな感じもするし、
洒落てるなと思います。
そして、木に部分的に隠れているというのも、凝ってるなと。

韓国映画で、このようなポスターはあまり見た事ないですよね。
さすが、パク・チャヌク監督ですね。
監督は、ほんと美しいものは何かを見分ける目を持ってる人だと思います。
ほんと、すごい人です!!

下のリンクは、ティーザー予告編の前にあたる、予告編です。

セリフを字幕ごとに訳してみました。
キム・ヘスク「秀子お嬢様は、神経が過敏だから、夜中によく目が覚めるの」

キム・テリ「お嬢様が、あそこにいらっしゃるんですか?」

は・ジョンウ「お寂しいお嬢様をよろしく頼む」

キム・テリ「お嬢様」

キム・ミニ「正午になったら」

キム・ミニ「来て、門を叩いて、必ずよ」

4月21日にティーザ予告編がお披露目になるようです。
スタッフである自分も、本当にどのような予告編になっているのか、
楽しみでしょうがありません。
自分は、仕上げ作業に関しては、
日本語セリフのアフレコ作業だけに関わっているため、
マーケティングに関しては、詳しく知らないことが多いです。
この映画をどう短く編集して、
興味を持たせるのか。

5月のカンヌ映画祭、
そして、6月の韓国公開を楽しみにしていてくださいね。
日本でも時期はわかりませんが、公開されると思います。

2月3日に公開されたファン・ジョンミン、カン・ドンウォン主演の
「検事外伝(原題)」を先週、公開初日に観てきました。

イメージ 1


かなりヒットしてますね!!

2月6日(土)のスコアが、939,265人。
2月7日(日)のスコアが、771,314人。
2月8日(月)のスコアが、947,425人。
2月9日(火)のスコアが、1,174,678人。
2月10日(水)のスコアが、931,330人。

やばいくらいにヒットしてます!!
旧正月を独占しちゃいましたね!!
1日で、100万人越えはすごい!!

公開一週間で、6,376,467人!!600万人越え!!
ネイバーの予約率を今見てみると、まだ50%を超えています。

映画「ヒマラヤ」で、観客の心をしっかり掴んだファン・ジョンミン効果も強いでしょうし、
カン・ドンウォンというスターの力もかなり強いでしょうね。

この映画、正直、あまりチェックしてなかったんですが、
監督のイ・イルヒョンと昔、一緒に仕事をしたことがあって、
公開初日に、そういえば、これは彼の作品だった!と思って、
公開と同時に観てきました。

彼とは、チャン・ドンゴン、オダギリジョー主演の「マイウェイ」で一緒に仕事しました。
当時は、人物担当の助監督で、かなりの数のエキストラを大声で叫びながら、
仕切っていたのを今でも鮮明に覚えています。
彼のデビュー作がこんなにヒットして、本当に嬉しいです。

ファン・ジョンミンは、やはりうまいの一言!!
この人が出たら、絶対ヒットするくらいの韓国を代表する役者になっていますね。

カン・ドンウォンについては、
今まで、かっこいいだけの役者としてしか見てなかったんですけど、
今回の軽めの役がかなり気に入り、役者としても、かなり好きになりました。
この映画、彼のキャラクターの軽さがいいポイントになってると思います。
重くなりすぎず、そして、ちょっと映画的な強引な展開も
彼のキャラクターのおかげで、笑いとつなげて、
うまく映画を進めていたように思います。

悪役にイ・ソンミンさん。
彼は、ドラマでかなりの人気を得ましたが、
彼の初の?主演の先日公開された「ロボット、ソリ」は、興行的には失敗に終わったようすね。
でも、この映画で挽回したかな?
いや、どうでしょうね。
嬉しいでしょうけど、主演映画がヒットしなかったのは、かなりのショックだと思います。
いろんな要因があるとは思いますが、
個人的には、ドラマがヒットして、
中年役者では、映画界では引っ張りだこ的な印象があったので、
ちょっと意外でした。

パク・ソンウンさんも、重くもあり、軽くもある演技が心地よかったです。

キム・ウォンへ(キム・ウォネ)さんという役者さんが出てますが、
彼、大人気パフォーマンス公演のナンタ出身なんですね!!
さっき、知りました。
リュ・スンリョンさんもナンタ出身で、
2000年に自分が初めて、韓国に旅行で来て、ナンタを見たときに、
公演メンバーと一緒に写真を撮ったんですが、
そこにリュ・ソンリョンさんが写っていました。
ってことに去年、気づいたんですが、
さっき、その写真を見てみたら、キム・ウォンへさんも写っていて、びっくり!!
いつか、リュ・スンリョンさん、キム・ウォンへさんと仕事する機会があったら、
写真を見せたいなと思います。

このヒットがどこまで続くのか、楽しみです。
一本目で、ここまで当ててしまった、監督。
次の作品では、プレッシャーを感じるかもしれませんが、
でも、まだ若いから、勢いで、次も素晴らしい映画を見せてくれると思います。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事