韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
キム・ユンソク、JYJのパク・ユチョン、ハン・イェリ、イ・ヒジュン、ムン・ソングン、キム・サンホ、ユ・スンモク主演の「海霧 ヘム」を見てきました。

イメージ 1

かつては海を牛耳っていた「チョンジン号」だが、今では古ぼけた漁船に姿を変え、収穫に恵まれないため、減船事業の対象になってしまう。船を失う危機に面した船長のチョルジュ(キム・ユンソク)は最後の機会だと船員たちと共に船に乗り込む。
船長を筆頭に、船に隠れて生活する情に熱い機関長ウォンホ(ムン・ソングン)、船長の命令に黙った従う甲板長ホヨン(キム・サンホ)、金がこの世で一番だと考えるギョング(ユ・スンモク)、いつでもどこでも自分の欲求で行動するチャンウク(イ・ヒジュン)、まだ船の経験が少ないドンシク(パク・ユチョン)の6人の船員が最後の夢を見て出航する。
しかし、彼らの任務は魚を釣ることではなく、人を移動させることだった。
船長のチョルジュは船員たちに密航を持ちかける。命をかけて海を渡ってきた密航者と船を共にすることになった6人の船員たち。
そして、海霧に多いか込まれたチョンジン号は予想もしない事件に振り回されることになる。

監督は、シム・ソンボ、製作はポン・ジュノ。ポン・ジュノが初めてプロデュースをするということで、前から注目されていた作品ですね。撮影中は、撮影がかなり大変らしいという話が結構聞こえてきてましたね。

映画の感想は、正直言うと、大したことはありませんでした。密航者が船に乗り込んで、ある事件が起きます。それからは、先が読めるというか、ま、こうなるしかないよねという。演技がうまい役者が揃っているので、その演技を楽しめばいいのかもしれませんが、それも楽しめなかったんですよね。キム・ユンソクは相変わらずうまいんですが、いままでと同じようなキャラクターというか演技なので、新しさはなく。

でも、パク・ユチョンはよかったですよ。彼の演技を見るのは初めてでしたし、アイドルだからなーとまったく期待してなかったんですけど、よかったです。外見もかなりの田舎ものって感じで、アイドルを完全に消しての演技、よかったです。アイドルだということを完全に忘れさせてくれました。

あと、この映画で一番よかったのは、ハン・イェリですね。ハ・ジウォン、ペ・ドゥナ主演の卓球映画「ハナ奇跡の46日間」で注目された女優さん。外見的には、美人タイプでもないし、子供か大人かまったくわからない感じ。外見に比べてそれなりの年なんですけどね。彼女がやっぱりいいんですよね。外見ではなく、100%演技で見せてくれる女優。パク・ユチョンとのラブラインもあるんですが、普通は、セクシーさがゼロ?な女優さんとのラブラインなんて、ドキドキしませんが、彼女はどきどきさせてくれるんですよ。変な魅力があるんですよね。今後がさらに頼もしい女優さんです。大注目です。

上のメインポスター、全然ダメですね。韓国映画のポスターで一番嫌いなパターンです。ただただ団体ショット。映画の緊張感ゼロ。もっと緊張感を前面に出せばいいのに。これじゃ、何も想像できませんよね。ただただ仲いい船員たい。以上。って感じで。なんか、仲良し6人の人情ドラマ、って思われてもしかたないという。あー、もったいない。

2014年の韓国の夏映画は、海ばかりです。チェ・ミンシク、リュ・スンリョン主演でモンスター級のヒットを飛ばし続けている「海梁 渦巻く海」、キム・ナムジン、ソン・イェジン主演の「海賊」、そしてこの「海霧」。アクションドラマ、アクションコメディー、サスペンスドラマ、それぞれジャンルは違いますが、すべて海がらみ。これじゃ、後に公開した映画が損するような。「海梁 渦巻く海」「海賊」が公開された後に、最後に「海霧」だったんですが、飽きられますよね。新鮮味がゼロ。海に飽きた人が見たい映画だったらよかったんですが。不思議ですよね、同じ時期に海がらみが製作されて公開されるとは。時々ありますが、そのからくりが知りたい。

イメージ 2
この船は俺がしきる

イメージ 3
俺が最後まで守るから

イメージ 4
無事にたどり着けるよね?

イメージ 5
何もなかったんだぞ

イメージ 6
命が第一だ

イメージ 7
金はいくらくれるんだ?

イメージ 8
女もいるよな?

イメージ 9

ご無沙汰してます。

参加していた映画の撮影が終わり、今日1ヶ月半ぶりに家に戻ってきました。

今回、参加していた映画は日本映画「アイアムアヒーロー」というゾンビ映画です。主演は大泉洋さん、有村香澄さん、長澤まさみさん。

今まで映画の現場をやりながら、ここまでブログを書けなかったのは初めてかも。ほったらかしにしてて、すいません。ほんと書く暇がありませんでした。

日本映画ですが、韓国での撮影もある作品で、自分は韓国作品にだけ参加しました。日本のスタッフのみなさんは、日本に戻って残りの日本の撮影。日本のスタッフのみなさん、最後まで頑張って下さい!!

大泉さんも、有村さんも、長澤さんも、みんな気さくな感じで、いい人だったなー。

監督は、佐藤信介監督。
自分は今まで行きてきて、シンスケという名前の人に直接会ったことがないんですよ。で、今回、初めて「シンスケ」に会いました。しかも、漢字も同じということで、かなり驚きましたね。監督も、「信介」という漢字は珍しいと思うと言っていました。さらに、「佐藤」と「藤本」。「藤」が同じってことで、自分と監督は4文字中、3文字が同じ漢字ってすごいですよね。

あと、今回の映画は、ゾンビものですが、個人的に、ゾンビ映画が大好きなんですよ。小6くらいからゾンビ映画ばかりレンタルしてたのを覚えています。新しい方向のゾンビ映画が出てくるたびに、心舞い上がっていました。今回、ゾンビ好きの自分がゾンビ映画に参加できるなんて、夢のような出来事でした。準備、撮影ははやり大変ではありましたが、自分にとっては、大好きなゾンビに関われるということが、力の源になり、最後まで乗り切ることができました。

エキストラさんたちに、ゾンビの動きを指導するときが、一番楽しかったですね。笑。画面で見たら、後ろのエキストラさんの動きなんて、恐らく見えないと思いますが、だからといって、適当にするわけにはいかず、そういう細部のディテールを作って撮影を楽しみました。

日本では初の本格派ゾンビ映画ですよね。予算も結構かかってるみたいですし、大きなスケールでゾンビ映画を鑑賞することができます!!

あー、完成が待ち遠しい!!まだまだ、まだまだ先になると思いますが、楽しみに待っていたいと思います。
ご無沙汰してます。全然、ブログのアップができませんでした。。。すいません。

新しい映画の準備をしてます。
参加して、1ヶ月ちょっとたったんですが、最初、2週間で4キロ体重が減ってしまいました。笑。今は少しずつは戻ってきてるとは思いますが。もうすぐでクランクインなので、現場に入ったら、また痩せると思います。ま、30代半ばになっても、体重が減らすことができるというのは、嬉しいことですよね。笑。普通は、減らしたくても、なかなか落ちないですからね。

今回の映画は、日本映画なんですが、韓国での撮影もあります。自分は韓国撮影だけに参加です。日韓スタッフが最後には、離れたくない!!ずっと一緒にいたい!!また一緒に仕事がしたい!!と思えるような、そう現場作りをしたいと思います。

頑張ります。楽しみます。熱い熱い夏をみんなで作ります!!

5月29日に韓国で、西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子主演の「ゲノムハザード」がついに公開されます。

20日(火)に韓国でマスコミ試写会と、一般試写会が行われました。

西島さんも、忙しいスケジュールをぬって、韓国に来てくれました!!

自分も試写会に行きたかったんですが、今やってる仕事のせいで、行けず・・・

試写会が終わったあとの飲み会には行きたいと思い、なんとか駆けつけたのは、夜の12時半すぎ・・・

向かってるのに、いろんなスタッフから電話がかかってきて、早く来い!!!と。

西島さんは、次の日、朝一の飛行機で日本に帰る予定だったので、早く宿に戻らなきゃならないのに、信介が来るまで待つしかなく・・・みたいな状況になり・・・かなり申し訳なかったです・・・

それでも待ってくれた西島さんには感謝!!!次は、いつ会えるかわからない状況なのでほんと嬉しかったです。また次、一緒に仕事できたらいいなー。

西島さんのストイックな役者魂はほんと、感動レベルなんで。

自分は、今回の試写会も見れなかったし、去年の5月に映画が完成したときのスタッフが集まっての最終チェック上映にも「イチゴミルク」のため、行けず。まだ韓国の劇場で見れてないんですよ。

今回、「ゲノムハザード」のサウンドは、なんと、ドルビーアトモス!!!ドルビーサウンドの新バージョン!!

日本でも、韓国でも、アトモスサウンドで上映できる劇場は、全国10以下だと思います。

韓国映画としては、近々日本で公開されるゴリラの野球映画「ミスターゴー」についで、2本目。全世界では83番目。

日本での「ミスターゴー」の上映はアトモスではないはずです。

韓国でもアトモス劇場は少ないですけど、公開されたらアトモス館に行って、新世界のサウンドを体験したいです!!!

開く トラックバック(1)

5月29日に韓国で公開する西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子主演の「ゲノムハザード」の韓国版ポスターです。

イメージ 1

愛する妻、平凡な日常、大切な記憶
すべてが操作される!
他人の記憶を持った
「無名人」

銃を持った西島さんと、ヘッドフォンで何かを聞いているヒョジンさん。このヒョジンさん、なんか盗聴してる感じですよね。実際、映画を見た人はわかると思いますが、この映画をまだ見てない韓国人が見たら、ヒョジンさんの役は、盗聴、スパイ?みたいに思うかもしれませんね。

予告編

宣伝期間が短いので、ティーザーポスターも予告編もなく、メインのみ。でも、メインにしては、30秒の予告編は短いですね。なんか、ごちゃごちゃしていて、結局、どんなストーリーなのか、理解できず。。。

20日に、西島さんが韓国に来て、宣伝をします。試写会もあるので、是非とも駆けつけたいんですが、今やってる仕事が忙しくて行けるかどうか、微妙。。。試写会には行けなくても、終わってからの食事の席には行けたらいいなー。

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事