韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
私は大統領に会わなければなりません
IQ168のバカ
アメリカ大陸を揺るがす感動ストーリー
「マイネーム・イズ・ハーン」
2011年春、一本の映画が世界を変えます
 
 
3月24日に韓国で公開した「マイネーム・イズ・ハーン」を見てきました!!
日本では去年公開したのかな?
 
韓国で公開するとき、宣伝はあまりされておらず、
まー、低予算映画なんだなー。機会があったら見てみるか、と
軽く思うくらいでした。
しかし、有名人もでてない、こういう映画はすぐに、
スクリーン数が減って、いつの間にか上映が終了してるんですが、
前よりも盛り上がってる雰囲気があったんですよ。
公開劇場では、ずっと公開してるし、
上映してなかった劇場でも、上映スケジュールに混ざっていたり。
で、今日ちょうど時間が空いて、
他の映画を見ようと思ってたんですが、
時間がまったく合わず、時間が合う映画は、
この映画だけだったので、見てみました。
チケットを買うときに、一番小さいスクリーンだろうと思ってたら、
中間くらいの広さのスクリーンで、
映画前の宣伝の時に急いで入ったんですが、
真ん中の方は、客で埋まってるじゃないですか!!
 
というか、この映画は、インド映画なんですが、
それすらも知りませんでした。
チケット買うために、並んでいるときに、
近くにいた客が、あの映画はインド映画なんだって・・・と話しているのを聞いて、
初めて、インド映画だということを知りました(笑。
自分は公開する映画は、それなりにチェックしてますが、
この映画に関しては、それだけ、宣伝してないってことですよ!!
 
イメージ 2
 
で、映画の内容は、こんな感じです。


天才の自閉症男ハーンの奇跡のような旅が始まる!!
自閉症ではあるが、天才的な知的能力と母親から教わった世界を見つめる
純粋な目を持っているハーン。
彼は母親の死後、弟がいるアメリカに向かう。
ハーンは偶然出会った、美しいシングルマザーと運命的な恋に落ち、結婚する。
しかし、911テロ以後、一瞬にして幸せは壊れてしまう。
誤解が生んだむごい事件によって、
すべてを失った妻は、すべての憎悪をハーンに向け、
ハーンは彼女との約束を守るために、
大統領に会うための旅行に出る。
 
果たして、彼は大統領に会うことができるのか!?


 
で、泣きました。
最後のほう、ずっと泣いてたかも。
 
インド映画だから、ちょっとは、しょぼいのかな?と思っていましたが、
(正直、インド映画は見たことありません)
最初のカットから、かなりいい色だ!!と思ってて、
雰囲気も最高で、すぐに映画に引き込まれました。
 
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
 
空港。
主人公がどこかに行くのだろうと、想像。
何故だか荷物チェックで捕まってしまった男。
何かがおかしい?この男。視線かな?
そして、個室で荷物チェックしてた警備員たちが、
ちょっとおかしい男をからかい始める。
旅への目的は?という質問に、
大統領に会いに行かなければならないんだ・・・
と、答えて、映画が始まります。
 
内容は、インドでの子供時代があり、
母が死に、そして弟がいるアメリカへ。
弟は、兄ばかり可愛がる母親を見て、
小さいころから兄が嫌いだった・・・
 
そして、大好きになった女性。シングルマザー。
結婚してくれと頼むが、断られ。
ある約束を果たしたら、結婚してもいいと言われ、
必死に目的を果たそうとするハーン。
 
最高の時間が続いたが、
911テロを機に最悪の事態が起こる。。。
そして、それを機にさらにハーンは最悪の状況に陥る・・・
 
イメージ 11
 
ハーンの純粋さに、見てる人は、彼を心から応援し、
そして一緒に笑い、そして涙を流します。
劇場には、笑い声と、鼻をすする音。
 
イメージ 12
 
この映画、たくさん音楽がでてきます。
でも、インド映画のように踊りのシーンはありません。
よかった、よかった。
音楽でも、結構、楽しませてくれるんですが、
重要なシーンで、ちょっと鳥肌的なタイミングで
オーバーな音楽が始まるんですよ、
そこは、ちょっと引いちゃいました(笑。
キスすのか?と思った0.5秒後に、
ジャーン!!!!!!!となる。
で、引く。
雰囲気ぶち壊しですよ(笑。
 
イメージ 13
 
この映画を見て、
911テロの後、アメリカにもともといるのに、
いろんな差別が起こったことを、改めて知りました。
白人だけじゃなくて、
いろんな人たちが、悲しい境遇に立たされました・・・
そして、宗教の意味を知りました。
宗教は愛であるのに、いろんなことに利用されているなと。
 


一番上のポスターは、韓国ポスターです。
なかなか気に入ってます。
純粋そうな映画で、ロードムービーを連想させます。
何よりも、背景の青空が目を引きます。
でも、一番右のハングルの上のシルエット人影は必要なし(笑!!
 
イメージ 3
イメージ 4
 
この2枚は、アメリカ公開バージョンのポスターでしょう・・・?
どうだろう、一枚はインド公開バージョンかな?
上の写真は、茶色メインでしっとりと、感動物語です!!を強調。
下の写真は、アメリカ国旗が顔にかかってる感じが
あまり好きじゃないです。
2人の顔が、青、そして赤。
なんか、別々って感じで、寂しいなー。
 
イメージ 5
こちらが、日本版のポスターかな。
かなりシンプルですが、でも、映画とかけ離れてる感があります。
このギターを弾いているハーンのシーンはなかったんですよ。
でも、韓国での上映バージョンは127分となっていて、
ヤフージャパンの映画ページでは、162分となってます!!
どっちが正しいんだろう。
162分はあまりにも長すぎるから、間違いだと思いますが。
ということは、日本でも韓国バージョンと同じなら、
このギターシーンはありません。
 
イメージ 6
 
日本では、DVD出てますんで、
是非とも見てほしいです!!!

「マイネーム・イズ・ハーン」
出演:
シャー・ルク・カーン、カジョール、ジェニファー・ニコルズ、
クリストファー・B・エコルズ、エイドリアン・カリ・ターナー
監督:
カラン・ジョーハル

開く コメント(14)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事