韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

4月30日に、リュ・スンリョン、イ・ジヌク、ユ・ジュンサン、キム・ソンリョン主演の「標的」が公開されます。

キャラクターポスターとティーザー予告編です。

イメージ 1
俺が直接行く
36時間の息の詰まる追撃
「標的」


イメージ 2
妻を救うには、あなたが必要だ
36時間の息の詰まる追撃
「標的」

かっこいい、キャラクターポスターだと思います。リュ・スンリョン、アクションスターの仲間入りですね。ついに、本格アクションまで!!イ・ジヌクも主演としてアピールできる映画は、これが初めてじゃないでしょうか。キャラポスターまでできて。観客動員数、860万人を超え、今も、少しずつ動員数を延ばしているシム・ウンギョン主演の「怪しい彼女」にもイ・ジヌクは出ていましたけど、そこまでアピールできる役柄ではなかったですよね。あくまでも、シム・ウンギョンの魅力が詰まった、彼女メインの映画なので。これから、映画でも頑張ってほしいと思います。

ティーザー予告編です。

スリル満点ですね。でも、音楽がスリルなだけ?とも思ったり。アクションはこのティーザー予告編だけを見て判断すると、そこまですごい!!とは思わないかも。


あらすじ

真夜中に怒った謎の殺人事件。
汚名を着せられ追われていたヨフン(リュ・スンリョン)は交通事故によって病院に送られる。ヨフンの担当医のテジュン(イ・ジヌク)はその日から、いきなり謎の人物たちの襲撃を受けるようになり、拉致された妻を救うために、病院からヨフンを逃し、危険な同行を始める。

一方、事件の陰謀を直感した女刑事ヨンジュ(キム・ソンリョン)と犯人検挙率100%のソン刑事(ユ・ジュンサン)は、新たに事件に投入される。

殺人容疑者のヨフン。
彼と同行する共犯者テジュン。
それぞれ別の目的で彼らを追う二人の追跡者。

36時間の息の詰まる追撃。
追われる者も、追う者もすべてが標的だ。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

4月30日、ヒョンビン対リュ・スンリョンの戦い。楽しみです。
4月30日に公開予定のヒョンビン、チョン・ジェヨン主演の「逆麟」のポスターがアップされましたね。

イメージ 1

時代物のポスターって、主役たちの顔が大きく、組み合わされてるような、そういうポスターを想像してしまいますが、これは、みんなで一緒に撮ったようにも見える感じがいい感じです。実際は、別々に撮って合成しているわけですが。明るい感じだから他のポスターとはちょっと違って見えるんですかね。気合いの入ったドラマのポスターのような印象もあるかも。

イメージ 2


メイン予告編です。


共演は、チョ・ジョンソク、ハン・ジミン、チョン・ウンチェ、チョ・ジェヒョン、パク・ソンウン、キム・ソンリョン、ソ・イスク。

最近、ヒョンビンの広告を見たんですけど、いい感じで老けましたね。

軍隊から帰ってきたヒョンビンに人気が今は、どうなっているかを確かめる映画になりますね。ヒョンビンも、ドキドキしてるんじゃないでしょうかね。同じ日に公開する、リュ・スンリョン、イ・ジヌク主演の「標的」もそれなりの期待作なので、どうなるかドキドキしてしまいますね。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13

韓国の映画チケットが値上がりします。

CGVでは、すでに値上がりした模様です。

自分がよく利用しているロッテシネマ系列では、4月1日から値上がりするようです。

2D映画
月〜木 → 9000ウォン(早朝割引6000ウォン)
金〜日 → 10000ウォン(早朝割引6000ウォン)

3D映画
月〜木 → 11000ウォン(早朝割引8000ウォン)
金〜日 → 12000ウォン(早朝割引8000ウォン)

ついに、1万ウォン代に突入しましたね。自分が最初に韓国に来た2001年は6000ウォンくらいだったはずだけど。結構、値上がりしましたね。まだ日本よりは全然安いですけど。日本の料金ってほんとやばいくらいに高いですよね。見に行きたくても、気楽に行けないレベル。日本の料金ってもうずっと値上がりしてないですよね?かなり前から、今の料金でしたよね?早くに値上げしすぎたのが問題だと思います。

韓国では、早朝割引ってのがあるんですよ。朝一は安めになってます。そのスクリーンで最初の上映が割引対象。9時前スタートもあれば、10時以降スタートもあります。

今回の値段変更で面白いのが、3Dの料金が逆に下がったことです!!今までは、普通に13000ウォンとかしたと思うんですけど、下がってます!!3Dが身近になりました。正直、3D離れがあったと思うんですよね。ブームにのって、面白くもない3Dがたくさんでてきたりして。自分も正直、3Dはもういいかなと思っていたんですけど、ゼロ・グラビティを見て、3Dの魅力に再びはまってしまいました。

劇場側としては、3Dも2Dと同じ感覚え身近に見てほしいし、そうしたほうが、売り上げはあがると考えたのでしょう。これ、正解なようなきがします。3D上映を確保しても、客が入らないなら、意味がない。だからといって、すぐに3D上映を降ろすってわけにもいかないと思うので。

3Dが安くなったことで、今回の映画チケットが上がったことに対する文句が少しは半減するんじゃないでしょうか。

ちなみに、この値段は、ロッテシネマ基準なので他の劇場は違うかもしれません。

去年、韓国は世界で一番映画を見た国になりました。人口比での1年間に映画を見た本数です。チケット料金がアップすることで、かなりの額がプラスで入ってくることになりますね。そのかわりに、ちゃんと施設サービスの向上にも力を入れてほしいなと思います。
クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン主演の「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」を見てきました。韓国では昨日、公開しました。

イメージ 1


日本ではそれほどヒットしなかったかもしれませんが、韓国では「アベンジャーズ」がかなりのヒットを記録。このアベンジャーズシリーズは韓国では大人気ですね。「アイアンマン」もヒットしてますし。だから、この「キャプテン・アメリカ」を首を長くして待ってる観客はかなり多いはず。

初日のスコアは、16万6798人。なかなかのスコアですね。先週、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ワトソン主演の「ノア 約束の舟」が公開したんですけど、キャプテン・アメリカは速攻でノアを沈めてしまいました。昨日のノアとの観客差は10万人程度。

キャプテン・アメリカ、アクションシーンかっこいいし、カーアクションもスリル満点だし、ほんと誰を信じればいいのか、ハラハラドキドキの連続。CGもやっぱ素晴らしいんですよね。あるキャラが、死んでしまった!!という衝撃もあったり、個人的に好きなシナリオでした。エンディングは、しっかりと次に続く感じになっています。ちょうど、昨日かな?パート3の製作も正式に発表されましたね。

本編が終わって、少しエンドクレジットが流れた後に、アベンジャーズ2に続く映像が流れます。そして、さらにエンドクレジットが全部流れた後に、さらなるおまけ映像が流れますよ。

韓国は、エンドクレジットが始まると、掃除のおばちゃんが入ってきて、客がアウトするのを待っています。早く出ろと、プレッシャーをかけてくる感じ。ときには、客が残っているのに、掃除を始めたりもします。自分は最後までクレジットを見るタイプなんですが、今回、クレジットが終わった後に、掃除のおばちゃんが、あ、アベンジャーズにつながるんだね!!と言っていました。笑。60代後半くらいに見えるおばちゃんで、こんなヒーロー映画なんて絶対見ないように見えるのに。映画館の掃除業が長いんですかね。エンドクレジットは誰よりも見てる!!感じなんでしょうね。

クリス・エヴァンスは、韓国では、ただのアベンジャーズのクリス・エヴァンスではもうなくて、ポン・ジュノ監督の「スノーピアサー」のクリス・エヴァンス、ソン・ガンホと共演したクリス・エヴァンスになっているので、かなりのアピール力があります。

スカーレット・ヨハンソン演じる、ブラック・ウィドウは最初、アイアンマン2かに出てきましたよね。あの時は、かなりのミスキャスト?と思ったし、全然、魅力的じゃなかったんですけど、アベンジャーズを経てかなりの魅力キャラになってきました。最高です。ブラック・ウィドウを主演にした映画を作っても、それなりにいけそう。

アベンジャーズ2の撮影がソウルで行われるんですよ!!

3月30日からだったかな。もうすぐです。ソウル市内、いたる所で撮影が予定されていて、撮影計画も正式に発表されています。普通は、人が集まらないようにこっそり撮影すると思うんですが、今回は大規模な撮影のため、大きな道を封鎖しての撮影が多いらしいのです。なので、混乱を防ぐために、事前に、どこどこの道は、何日の、何時から何時まで通行禁止になります、と事前に通知しています。

さらに、メイン役者がみんな出演するシーンらしいので、映画の中のあのヒーローたちがソウルで暴れてくれると思うと、もうわくわくして死にそうです。ミーハー心がうずきます。笑。

アベンジャーズ2の撮影もあるということで、キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーはかなり話題になっています。チケット予約率も、どんどん上昇してますし。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事