韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

インディーズ映画にしては、かなりヒットしてるチョン・ウヒ主演の「ハン・コンジュ」を見てきました。

イメージ 1


昨日までの成績で、17万人を超えています。公開前からだったから、映画検索語で上位にランクインし、同時に、主演のチョン・ウヒも検索語で上位につけていました。公開した後も、それは下がらなかったので、見た人の口コミでさらに感心が高まったように思います。

今現在、ネイバーの映画検索語ランキングでは、3位。映画人検索語ランキングでは、チョン・ウヒが1位!!すごいですね!!

悪くない映画だと思います。でも、期待しすぎたせいか、個人的には、そこまでではありませんでした。でも、主演のチョン・ウヒの力量はかなりのものでしたね。主人公の心のつらさを痛々しいくらいに演じていました。しゃべり方ひとつとっても、完全に主人公に入り込みまくってるなというのが伝わってきました。映画人検索語ランキングで1位ということは、やはりこの映画を見た人たちが、チョン・ウヒのうまさにやられて、この女優は誰だ?と、かなり気になっているのでしょう。

チョン・ウヒの次の映画が楽しみです。いろんな映画会社、監督が狙っているのではないでしょうか。

チョン・ウヒが演じる女子高生は、何やら問題があり、インチョンの高校に転校した。何が起こったのかは、現在と過去を行ったり来たりしながら、語られます。いったい何が起こったんだ??と気になりますが、少しずつ予想はつきました。物語の真相はどうなんだ?というよりも、個人的には、チョン・ウヒの演技、そしてこの少女がいったいどうなってしまうのか、という部分に焦点を当てて、追いました。

正直、最初のほうは、現在なのか、過去なのか、はっきりしない部分があり、もどかしかったです。それを狙ったのか?いや、多分違うような。もっと現在と過去を最初からしっかり区分して見せてくれたほうが、主人公の感情にもっとついて行けたように思います。

主人公は、転校した後、水泳を学びます。泳げないんですが、25メートルを泳げるようになるのが夢だと、必死に練習します。映画の全体的な内容としては、途中から過去に何があったのか、想像もついたので、そこまでは心には来ませんでしたが、最後に水泳を練習する意味が明かされますが、恐らく、この部分にみんな、はっとして余韻が残ってしまう映画なんだと思います。ナノで、家に帰っても、この映画が頭から離れなくて、チョン・ウヒとかを検索するのかも。

海外の映画祭で賞をいくつかとっていますが、この水泳の目的の部分で評価されているのではないかと思っています。

友達役で登場する、チョン・インソン。なかなか魅力的でしたね。ショートカットのせいか、中世的な雰囲気を醸し出していて、妙が魅力がありました。

ちなみに、劇中、男子学生の父親役を演じているのは、知り合いのスタッフでした!!いきなり登場したとき、かなり驚いてしまい、さらにその演技のうまさ、自然さに驚いてしまいました。役者で充分やっていける!!笑

昨日一日のボックスオフィスでは、6位でした。この週末も、同じように突っ走るのではないでしょうか。このようなインディース映画は、一度火がついたら、長くいきますからね。

共演、チョン・インソン、キム・ソヨン、イ・ヨンラン、クォン・ボムテク、チョ・テヒ、キムチェ・ヨンジュン、キム・ヒョンジュン、ユ・スンモク、ソン・イェジン、キム・ジョンソク、ソン・スルギ、イ・チョンヒ、キム・イェウォン、イ・ジャヨン、ハ・ジョンヒ、イム・ドンソク。

監督、イ・スジン。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事