韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2月3日に公開されたファン・ジョンミン、カン・ドンウォン主演の
「検事外伝(原題)」を先週、公開初日に観てきました。

イメージ 1


かなりヒットしてますね!!

2月6日(土)のスコアが、939,265人。
2月7日(日)のスコアが、771,314人。
2月8日(月)のスコアが、947,425人。
2月9日(火)のスコアが、1,174,678人。
2月10日(水)のスコアが、931,330人。

やばいくらいにヒットしてます!!
旧正月を独占しちゃいましたね!!
1日で、100万人越えはすごい!!

公開一週間で、6,376,467人!!600万人越え!!
ネイバーの予約率を今見てみると、まだ50%を超えています。

映画「ヒマラヤ」で、観客の心をしっかり掴んだファン・ジョンミン効果も強いでしょうし、
カン・ドンウォンというスターの力もかなり強いでしょうね。

この映画、正直、あまりチェックしてなかったんですが、
監督のイ・イルヒョンと昔、一緒に仕事をしたことがあって、
公開初日に、そういえば、これは彼の作品だった!と思って、
公開と同時に観てきました。

彼とは、チャン・ドンゴン、オダギリジョー主演の「マイウェイ」で一緒に仕事しました。
当時は、人物担当の助監督で、かなりの数のエキストラを大声で叫びながら、
仕切っていたのを今でも鮮明に覚えています。
彼のデビュー作がこんなにヒットして、本当に嬉しいです。

ファン・ジョンミンは、やはりうまいの一言!!
この人が出たら、絶対ヒットするくらいの韓国を代表する役者になっていますね。

カン・ドンウォンについては、
今まで、かっこいいだけの役者としてしか見てなかったんですけど、
今回の軽めの役がかなり気に入り、役者としても、かなり好きになりました。
この映画、彼のキャラクターの軽さがいいポイントになってると思います。
重くなりすぎず、そして、ちょっと映画的な強引な展開も
彼のキャラクターのおかげで、笑いとつなげて、
うまく映画を進めていたように思います。

悪役にイ・ソンミンさん。
彼は、ドラマでかなりの人気を得ましたが、
彼の初の?主演の先日公開された「ロボット、ソリ」は、興行的には失敗に終わったようすね。
でも、この映画で挽回したかな?
いや、どうでしょうね。
嬉しいでしょうけど、主演映画がヒットしなかったのは、かなりのショックだと思います。
いろんな要因があるとは思いますが、
個人的には、ドラマがヒットして、
中年役者では、映画界では引っ張りだこ的な印象があったので、
ちょっと意外でした。

パク・ソンウンさんも、重くもあり、軽くもある演技が心地よかったです。

キム・ウォンへ(キム・ウォネ)さんという役者さんが出てますが、
彼、大人気パフォーマンス公演のナンタ出身なんですね!!
さっき、知りました。
リュ・スンリョンさんもナンタ出身で、
2000年に自分が初めて、韓国に旅行で来て、ナンタを見たときに、
公演メンバーと一緒に写真を撮ったんですが、
そこにリュ・ソンリョンさんが写っていました。
ってことに去年、気づいたんですが、
さっき、その写真を見てみたら、キム・ウォンへさんも写っていて、びっくり!!
いつか、リュ・スンリョンさん、キム・ウォンへさんと仕事する機会があったら、
写真を見せたいなと思います。

このヒットがどこまで続くのか、楽しみです。
一本目で、ここまで当ててしまった、監督。
次の作品では、プレッシャーを感じるかもしれませんが、
でも、まだ若いから、勢いで、次も素晴らしい映画を見せてくれると思います。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事