韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

日本で11月3日にホラー映画「IT/”それ”が見えたら、終わり。」が
公開されましたね。

このタイトル、入力するの、かなり面倒くさい!
、。”/とか、タイトルにこんなにたくさん入ってるのは、
珍しいんじゃないですかね。

韓国では、9月6日に公開されました。
韓国タイトルはそのまま訳して、「それ」です。
シンプルすぎるし、そのままだと思って、
最初は、ちょっと笑ってしまいました。
でも、友達に、「それ」見た?って聞くのが、
なんか、心地よくて、最終的には好きなタイトルになりました。

少年たちの成長を中心に描いているので、
まさに、ホラー版の「スタンドバイミー」だと思いました。
少年たちが恐怖に打ち勝って成長する姿に、
感動させられる映画でした。

アメリカでも爆発的なヒットになったようですね。納得です。

この映画の撮影を担当したのは、韓国人のカメラマン、
チョン・ジョンフンさんです。
彼は、パク・チャヌク監督の「お嬢さん」の撮影監督でもあります。
パク・チャヌク監督の「オールド・ボーイ」からずっと
監督とタッグを組んでいる人で、監督が誰よりも信頼している人です。
ここ最近はハリウッドで仕事をしているということは
知っていましたが、まさか、この作品を撮っていたとは!!
驚きました。
大ヒットによって、今後はさらに大きなチャンスが
舞い込んでくることでしょう。

そうそう、パク・チャヌク監督のハリウッド進出作の
ミア・ワシコウスカ、ニコール・キッドマン主演の
「イノセント・ガーデン」の撮影も彼がやってますが、
確か、優雅であり、グロテスクなイメージだったように思います。
パク・チャヌク監督のイメージを十分に表現できる撮影監督です。
「イノセント・ガーデン」のイメージが今回のオファーの
大きなポイントになったのでしょうかね。どうだろう。

「それ」を見るとき、ジョンフンさんが切り取った絵を
しっかり見るぞ!と思っていたのに、
映画に集中しすぎて、まったく気にしてみることができませんでした。
それほど、映画自体が面白かったということです。

イメージ 1
インパクト大なポスターですよね。シンプルで好きです。
赤と黄色。風船という子供なら誰もが好きであろうアイテムが、
恐怖のアイテムとして、感じられてしまう。
赤い風船を見たら、今後、「それ」を思い出してしまいそうです。

イメージ 2
悪役のピエロも、コミカルにも見えて、かなり不気味。

イメージ 3
撮影現場の写真のようです。
左が、撮影監督のチョン・ジョンフンさん。
真ん中はパク・チャヌク監督です。
現場見に行ったんですね。
自分もいつか、ハリウッド映画の現場を見てみたいですね。

パク・チャヌク監督の次回作は、イギリスのドラマであることが、
最近、発表されました。
ジョンフンさんも一緒にやるのか、気になります。

では、少年たちの感動成長記「IT/”それ”が見えたら、終わり。」を
劇場で楽しんでくださいね。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事