ここから本文です
甲州市塩山 信玄館 〜山梨のお土産と美味しいお食事処〜
山梨県甲州市塩山にある お土産&お食事処です。当館HPもどうぞご覧ください http://shingenyakata.com/

書庫全体表示

2/12 早春のお雛様!!

こんにちは〜若林です
 
今日は寒いっすね
最近日差しがあったかかったからちょっとなめてたけど、チャリこいでると手が冷た〜い
温室なのに葉っぱがシミてるうちの植物たち・・・底冷えするような寒さにまた今日あたりシオシオかも
 
ところで、気づかなかったんだけど、
 
イメージ 1
 
やだ!!インフルで寝込んでる間にとっくにやってたのね!!
宝物館のひな飾りの展示ですよ
2月11日から4月18日の桃の花まつりの期間中にしか見られない展示なので、さっそく行ってきました
 
イメージ 2
 
ぴしっっっと凍った恵林寺の池。。。
うおお。世間的にもやっぱ寒かったんだ。。。と再認識。
恵林寺で写真撮るの、もしや年始ぶりかしら??
1月は店内の飾りつけやPOPの入れ替えなんかでなかなか出てこれなかったんだよねえ。
 
イメージ 8
 
というわけで宝物館へ。
入口からすでにチラ見してるひな飾りにわくわくじゃないですかね
 
今回はブログ撮影ということで特別に写真撮影(フラッシュなし)をご許可いただきました。
宝物館さんありがとうございます
普段は絶対禁止なので、あしからず〜。私も今回のみです。
 
それではレッツゴー
 
イメージ 9
 
ガラス戸入ってすぐ右にコレ
お屋敷型のって今ないですよね・・・・しかも今のものより高そう(笑)
お人形が小さいのが特徴でしょうか?
お屋敷が豪華絢爛でとっても立派!!
 
イメージ 10
 
向かい側(入ってすぐ左)にはこちら。
金色です
色のトーンが抑えられてて3段ながらもとても美しいわ
 
イメージ 11
 
すっかり感動してここでやっと中の戸を開けるのですがwwww
 
イメージ 12
 
正面にも大きな屏風のお雛様、お内裏様が。
調度品がかなりきれいで、本物のようです
 
ひな飾りって1段から7段まであるけど、どれもそれぞれ良いところがあるんですねえ。
↑奥に写っている4段は初めて見たけど、コンパクトで家に欲しい感じ
赤い着物が鮮やかで、豪華でした
 
イメージ 13
 
入口左の階段を登ると、階段にもたくさんの吊るし雛が。
当館売店にも今たくさんの吊るし雛がありますが、これがちょっと面白かったです
丸いお盆が吊るされていて、中にはお雛様??じゃないなあ。
たぶんひな祭りの家庭の様子じゃないかと思います
紙細工なので、お屠蘇やごちそう、鞠など、とても繊細なつくりでした
 
イメージ 14
 
階段登ってすぐの7段飾りについていた、美少女なぼんぼり〜
とっても可愛らしい
 
イメージ 15
 
2階のひな飾り展示。すっごーーーい圧巻だなあ
 
イメージ 3
 
ケースの中にはお雛様だけじゃなく、飾りに使う調度品の展示も。
お餅とかお膳とか細かいものがとても状態良く展示されています。
こういうミニチュアものって、女子好きだよね
 
イメージ 4
 
ほうほう、菱餅はくちなしの赤とよもぎの緑で作られていたのね。
3色の由来は確か魔よけのようなそんなことを聞いたことがありますが、昔の健康食品だったというのは初耳です
確かに、女の子の成長を願うためのものですもんね
あ、魔よけってのは桃だったかな。
 
イメージ 5
 
と思っていたらこんなつるし雛が
可愛い超フルーティー
触っちゃダメなんで何で出来てるのか分からなかったけど、紙粘土??
布ではないような感じでしたよ。
 
イメージ 6
 
2階の一番奥にひっそりと飾られる7段飾り。
そうそう、見ていくと名札がついているのね。昭和●年代 ●様邸所持 とか。
これを見ると、ああ庶民の文化のものなんだなって思います。
豪華絢爛だから大きなお屋敷だけにあるわけじゃなく、誰でも小さな時から広く楽しめる伝統文化なんですよねえ。
ちなみにこちらは牧丘の方のようです。
昭和50年代と書いてあったので、納得。
私のものも同じ年代の7段飾りなので、やけに似てるなあと思っていたところでした。
その年の風潮や流行なんかもちょっとは入るんでしょうね。
お雛様の顔がそうだよね
やっぱ昔のものはお顔が違うもんね。
下の写真右側のガラスの中には、年代もののお雛様がいっぱい!
昭和20年で「おおっ」とか言ってたけど、年代表記がなくても明らかに歴史を感じる貴重なお人形がたくさん
これは絶対見に来て
 
しかし、ちょっと暗い奥の飾りもフラッシュなしで明るく撮れるマイ一眼は優秀だ・・・・
 
イメージ 7
 
吊るし雛って、実は静岡のどこかでも伝統文化として伝わっているんです。(あいまいですまぬ)
でも、この飾りだけはここしかないな
と思ってしまったちりめんの武田菱。
他にもキレイな折り紙で作った軍配とかかぶととかありました。
手作りならではだなあ
最近では吊るし雛の存在が見直されてきて、おうちでも作れることから、子供に作っておうちで飾るお母さんが増えてきたのですよ
作り方の本もけっこう出ているので、まさにその時代のものが作られて吊るされるのでしょうね
 
そんなわけで、開館直後の宝物館にお邪魔いたしました。
たまたま誰もいなくて良かった・・・撮影してたら通報されます(笑)
 
あ、今日は看板猫たちがいなかったですね
寒いからお外にはいないのかにゃん??
天気の良い日は受付でどっしりお出迎えしてくれますので、ぜひ狙って行ってみてくださいね
 
宝物館のHPはこちら http://shingen.iooo.jp/
              PR大使猫&鴨が面白いです(笑)
恵林寺はこちら    http://www.erinji.jp/
 
ひな飾り展示は4月23日までです
 

 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事