新ハイキング よもやま情報

新ハイキング社の情報、『新ハイキング』編集部の情報、新ハイキングクラブ事務局の情報ほか、ハイキングに役立つあれこれを発信中。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全112ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


会越国境・御神楽岳の福島県側の林道・本名室谷線が本名ダムより2.1km先で通行止めになっています。この林道は貉ヶ森山のアプローチにも重要な道です。

金山町役場建設課の回答では「金山町側林道は4箇所で道が崩落し通行できません。今年度は工事のため御神楽岳の山開き(福島県側)も行えません」とのことです。
以上、クラブ山行リーダー竹田さんより報告がありました。






この記事に

開く コメント(0)

■新ハイキングクラブ 会員のための山行計画 

山会(さんかい)42
高原山(釈迦ヶ岳) (健脚向き)

期 日  4月28日(土)日帰り

集 合  JR宇都宮線矢板駅改札9時10分
     (東京駅7時32分発 新幹線やまびこ125号、8時21分宇都宮駅着で
      8時32分発・宇都宮線で9時2分矢板駅着が便利)
コース  矢板駅=小間々駐車場―大間々台―八海山神社―大入道分岐―釈   
      迦ヶ岳―大入道岐―大入道―桜沢―小間々駐車場=矢板駅
歩 行  約7時間
乗車券  矢板駅まで各自で買う
費 用  保険料等300円、タクシー往復3500円
地 図  2万5千=高原山

係     ◎数見 直 ○松永美津子 ○萩原宏行 ○高瀬真佐子 ○杉敬子 
申込み  〒167−0034 杉並区桃井1の14の10 数見(すみ)まで

 一等三角点のある関東平野の展望台、釈迦ヶ岳に登ります。高原山(三百名山)の最高峰で、日光や那須、南会津、男鹿山塊の山々と関東平野のパノラマが一望できます。定員あり。

■新ハイキングクラブ会員限定の山行です。




この記事に

開く コメント(0)

新ハイキングクラブ山行、3月18日の仏頂山―高峰が、係の都合によりアド山(栃木県葛生)に変更になりました。グレードは一般向きで、歩行時間は2時間40分になります。

この記事に

開く コメント(0)

こんな景色を見ませんか!

イメージ 1


来年はこの山にチャレンジ!「中央日本四県サミット グレーディング活用セミナー」を12月17日に開催

中央日本四県(長野、新潟、山梨、静岡)は、12月17日(日)に東京・神保町にて初めて「グレーディング活用セミナー」を開催します。中央日本四県がそれぞれ策定している「山のグレーディング」を利用して、「自分の力量にあった山選び」と「登山体力セルフチェック」の理解を深めながら活用していただくため、中央日本四県の魅力あるグレーディングルートを各県からご紹介します。また、参加者ご自身が登りたい山に“ステップアップ”しながら登るための計画を立てるワークショップを開催します。

「中央日本四県サミット グレーディング活用セミナー」

日時: 平成29年12月17日(日)
①12:30〜15:00(受付12:00)
②16:00〜18:30(受付15:30)
※①、②の内容は同じです。どちらかに参加してください。

会場: インプレスグループセミナールーム
(東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビルディング)

プログラム:
(1)講演 「山のグレーディング/登山体力セルフチェックについて」
講師 長野県山岳総合センター アドバイザー 杉田浩康 様

(2)講義 「魅力あるグレーディングルートのご紹介」
講師 長野県/新潟県/山梨県/静岡県の登山ガイド等

(3)ワークショップ:参加者による「来年登る山の計画」作成
アドバイス:講師

料金: 無料(ただし会場の席数の都合上、事前申し込みが必要です)
定員: 先着順 各部50名
詳細: イベント告知サイト
申し込み: 申込フォームサイトから申し込む

■問い合わせ
長野県観光部山岳高原観光課山岳高原観光係
電 話  026-235-7251(直通)

イメージ 2



この記事に

開く コメント(0)

内田さんには、秋元城(小糸城)―秋元浅間山をご寄稿いただきました。また毎号のように、「古城址巡りのハイキング」をご寄稿いただいております。
内田さんは、1976年日本城郭協会会員として、『日本城郭全集』(人物往来社)「千葉県の城300余城」を執筆。後、山城歩きからハイキング・登山に移られたとのことです。
イメージ 1

千葉県山岳史研究会代表。主な著書に『房総山岳誌』(崙書房出版)『房総・山と峠の物語』(崙書房出版)『房総のやまあるき』(新ハイキング社)『古城址ハイキング』(新ハイキング社)があります。
写真は、1610月鴨川の波太富士・浅間祠前でのものです。

この記事に

開く コメント(0)

全112ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事