ひろし君の尺鮎釣行日記

静岡県浜松市から半径300km圏内にいる鮎様の宿敵になりたい

全体表示

[ リスト ]

8月6日(土) 9:00〜17:00 晴れ  風--無し
場所 木津川水系 名張川 走行距離588キロ
水温  9:00 28度   12:00 29度   15:00 29度
水況  減水
釣果  47匹  釣行回数13回  総匹数 267匹  avg 20.5
サイズ 15〜21  
竿   9.0m瀬抜
糸   Mステージ赤 005
針   タイプ2 6.0 ハリス 0.8号 3本イカリ
    タイプ2 6.5 ハリス 0.8号 3本イカリ

 

8月7日(日) 6:30〜12:00 晴れ  風--無し
場所 木津川水系 名張川 走行距離588キロ
水温  9:00 27度   12:00 28度   
水況  減水
釣果  28匹  釣行回数14回  総匹数 295匹  avg 21.0
サイズ 15〜21  
竿   9.0m瀬抜
糸   Mステージ赤 005
針   タイプ2 6.0 ハリス 0.8号 3本イカリ
    タイプ2 6.5 ハリス 0.8号 3本イカリ

    
総評
夏のビックイベントである「夏祭り」が終わり一息つきました。   久しぶりに車中泊の鮎釣りに行ってきました。   海釣りの先輩が京都府の「木津川」でいい引きを味わったと鼻を膨らませながら喋っていた。  勝山のトロは連日の攻めで釣果が落ちているとヤマちゃんがこぼしているし高原川の水位は安定していない。   そんなこんなで思い切って初挑戦河川への旅となりました。   ここ最近は西側の河川への釣行はなくルートもよく分かりません。   そこで先輩に聞いたバイパスルートに従い下道でのドライブとなりました。   浜松市内からは「浜名バイパス」「潮見バイパス」「豊橋東バイパス」「豊橋バイパス」・・・蒲郡で降ろされ・・・「蒲郡バイパス」「岡崎バイパス」「知立バイパス」「名四国道」・・・国1へ入り亀山から「名阪国道」に入り「中瀬IC」で降りて国道163号にて目的地の「笠置」へ到着。   4時間強のドライブでした。   関西のドライバーは気が短いのか皆さんスタスタ追い越して行きますね。   夜中の昼前に到着しましたので少し影になった駐車スペースにて就寝に入りました。   道の駅ではないのでアベックと間違えて何台も覗きに来るのでオチオチ寝ていられない(笑)。   翌朝5時から付近の散策へ出かけた。   下流域の爆釣ポイントはズバリ「加茂町にある恭仁大橋・・・」ネットに書いてあったので期待「ワクワク」でした。   橋から覗いて見たら石がまったく無い・・・5年も前の情報は当てになりません・・・トホホ。   先輩が掛けたポイントは確かに石と岩がありましたが食欲が沸いて来ません。   今回は二日もあるのでドライブを兼ねて釣場散策に気持ちをチェンジ〜↑。   話しに聞いた「名張川」が近いので向かいました。   「名張川」に到着し橋から覗いたらおびただしい鮎の姿が見えました。   「なんじゃこりゃぁあ〜〜〜」・・・「桃源郷へ来てしまったぜ」。   ちゃっとオトリ店を探して入川しました。


考察
地元のおじさんが言う「今年は10年来の遡上量なんだよ」「川に入れば鮎を踏んでしまう」とか何とか。   確かに鮎の量は半端な数ではないと感じました。   目の前の黒石でオトリの周りを「グルグル」追いかけて「ギランギラン」掛かりました。   ただ難点は水温が異常に高く、ヘチ水温が30度以上あります。   背掛かりバッチリの元気印が呑気に写真など撮っていたら横になってしまいます。   「ケラレ」「水中バレ」が多発しますが自分は「タイプ2」いっぽんなので針合わせは考えませんでした。   掛かり鮎は元気がなく「身体が重いよ〜〜」と聞こえてくるようで6.0号が良いと感じました。   型も小型で美味しそうな鮎様ではなかったけど楽しく暑い釣行でした。   写真撮ってきましたのでご覧下さい。

イメージ 1

祭りの準備に汗だくです。

イメージ 2

この「焼きそば」は美味かった。

イメージ 3

購入に問題のあった「屋台」でしたが今晩「お披露目」にこぎ着けました。

イメージ 4

すっきりした「夏空」を撮影したいんですが配達途中なのでいまいちです。

イメージ 5

「赤かぶと」発見!  電灯に来ていた。  死んでるのかと思い携帯で押したら足を踏ん張って押し返してきました。  純天然物です・・・力強い。  付近に人がいるのに皆さんまったく無感心・・・『いい大人が虫なんか撮影している』とでも思っているのでしょうか。

イメージ 6

くわがた発見・・・メスなので種類がわかりません。  くわがたはとにかくよく歩き回り撮影しずらかった。  

イメージ 7

メスかぶと発見!  でかいかみきり虫みたいのやら色々いました。

イメージ 8

「木津川」の流れ。  岩盤底で窪みがあり立ち込みには危険そうです。

イメージ 9

その付近のキャンプ場

イメージ 10

唯一の釣り人発見。  石がきたない。  水がきたない。  しばらく見学していましたが・・・。

イメージ 11

お目当ての「恭仁大橋」に到着しました。

イメージ 12

「オオマイガ〜」・・・見てのとおりの渓相です。

イメージ 13

『次行こ』『次行こ』とドライブの始まり。  「剣聖の里」・・・「柳生」。

イメージ 14

「柳生の里」・・・「武蔵さま・・・お慕い申し上げておりました」。  向こうは柳生小学校です。

イメージ 15

「追い星おとり店」に到着。  「水温が高いので気を付けて」とオトリ1匹頂きました。  サービスありがとうございます。

イメージ 16

オトリ店前の様子。  釣れそうにないです。  普通オトリ店前といえば最良ポイントですが・・・。  実は超穴場ですか?

イメージ 17

薦められた支流の上流部。  駐車スペースがありませんのでパス。

イメージ 18

やっぱり本流にしました。

イメージ 19

初鮎様ゲット。  竿出し30秒の早業。  幸先いいぞ〜。

イメージ 20

次もすぐ来る。

イメージ 21

3匹まですぐでしたが。  エビにしてしまいそこから苦闘が始まる。  水温が高くて速攻弱ります。

イメージ 22

何匹目かの鮎様です。  スタイルの良い鮎様でした。

イメージ 23

瀬の鮎様は精悍な顔立ちのヤンチャな奴でした。  目印飛びました。

イメージ 24

お風呂は「名張の湯」超満員ではだかのオヤジのケツがいっぱいで異様な雰囲気漂っていました。  自分もか・・・失礼・・・。  手持ちのタイプ2が少なかったので「プロショプかつき」に寄って明日の券と巻針を購入しました。  鮎用品の品揃えは見事でしたが肝心のグランの巻針が見当たりません。  諦めかけた時に発見! 売れない商品なのかバケット売りコーナーに山積みされていました。大特価セール品として販売していました・・・ラッキー!!。  「プロショプかつき」って名張にあるんですね・・・初めて知りました。  泊まりは「道の駅 宇陀路室生」。

イメージ 25

翌日曜日の初鮎様・・・朝日に照らされてます。

イメージ 26

朝から調子よく掛かります。

イメージ 27

綺麗な鮎様に見えますね。

イメージ 28

こんな色気の鮎様ばかりです。

イメージ 29

本日最超寸の鮎様・・・目掛かりで片目がやばくなりました。

イメージ 31

先輩が駆けつけました。  「いい所でしょう」・・・「全、然〜〜迫力なさすぎ〜〜」・・・「ウ〜ン」。  鮎はいっぱいいるのに。 (拡大できます)

イメージ 30

死亡で捨ても多くありましたが残った鮎様達です。  おしまい。











閉じる コメント(2)

釣れて良かったですね(^o^)
タイプ2は自分も使ってましたよ。
いまはがまかつのDF使ってます。
浜松の鮎好きより。

2016/8/9(火) 午前 9:25 [ 太田勝之 ]

顔アイコン

> 太○○之さん
コメントありがとうございます。
初めての川で楽しい思い出ができました。
むか〜しタイプ2を教えてもらったきり成長していませんネ
(笑い)、今度DFを使ってみます。

2016/8/9(火) 午後 6:35 [ ひろし君 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事