最近いろいろなことがありました。

おかげで子育てを見直すきっかけになった感じなのですが。

息子、一時いじめに巻き込まれた?事件が起こりました。

ところが事実は。。。

息子きちんとやり返せる、言い返せる力がある。

むしろ喧嘩ができる力が育っていると知り、

一安心。

ママ友の言葉を安易に信じた私もバカでした。

いや、息子の場合今までの経歴や障害云々もあり、過保護に見る癖

がついていたのも事実。

正直息子の力を信じれていなかったんですよね

園長先生に今回の件で言われたことがあります。

もうちょっと肩の力を抜いたらどうですか?

なんかコレ↑言われた時

すっごい腹立ったんです、私。

だって一生懸命必死にやってるのに何が悪い!!

今までの苦労がるからこそ今の息子があるんや!!

みたいに。

でも実はこれ行き過ぎた過保護になってないか?

独りよがりの自分勝手な療育をやっちゃってないか?

とハタと思いまして・・・。

相変わらず息子はちっちゃなことでよく泣きます。

泣かないようにあれやこれや工夫して

先回りして、かえって甘やかしになってないかな?

息子がよく泣く理由はすっごい頑張ったドッジボールで負けちゃった。

大好物のお弁当のおかずを落としちゃった。

友達と喧嘩した。

ほとんどくやし泣き?

訳分からないことでダダこねてる訳じゃないんですよね。

泣いたらそっとしておけばいいものを

先生にああしてください、こうしてくだい。

息子は特別なんで声かけてあげてください。

と、やり過ぎだったかもしれない。

だから逆に一人で立ち直るきっかけの芽をつんじゃっていたかもしれない。

そんな気がしてならないのです

これからは一歩引きながら応援する勇気が必要なのかも。



最近叱らない子育て、が主流のようですが、

叱らない子育ての本当の意味は

子供ときちんと向き合う子育てだそうです。

それが叱らない=放任や過保護

と勘違いしてしまう親も多いそう。

ちょっと私もこの傾向あったなぁ。

人は痛みを知らずに育つことはできない。

痛みを知って初めて人の痛みを知ることができる。

息子が傷付くのを事前に回避させてばかりでは

いかんのですよ。きっと。

これは障害あるなしに関わらずそうだと思うんです。

沢山傷付いて失敗して経験して、

大切なのはその時に誰かがいかに寄り添えるかどうかではないかな。

親であったり、先生であったり、友達でもいい。

そこで初めてまるごと全部の自分を認めてもらえた気がして

自尊心が育つ・・・

んだと思うな。

スイマセン。

偉そうに。

でも、とても大事なこと。

この一か月で思い出しました





















開く コメント(0)

トレーニング

運動会シーズンですね。

我が家も無事終わりました。

ハプニング多々ありでとっても胃が痛かった運動会でしたが、

まぁとりあえず終わって一安心

このたびは運動会に向けて我が家で頑張ったことがあります。

それは走る練習なのですが、

というのも、

息子、走るのは遅い方だと諦めていました

・・・た。なので過去形です。

そう。

トレーニングのおかげでぶっちぎって速くなったんです。

嘘のような本当の話。

なので、うちの子は・・・と心配しているお父さんお母さん、

諦めないでぜひ見てあげてほしいです

しかもやり方は簡単。

巷によくある走るのが速くなる本みたいなやつを実践するだけ。

息子はたったそれだけでフォームが変わりリレーで

だいぶん貢献できていたように思います

私も昔走るの苦手だったんですけど

走り方を知らなかっただけなのかもしないです。

親が教えてくれていたら違ったかも?!

それに女姉妹で育つと運動力はあまり養われないのかも。

だからか?娘はめっちゃ走るのは速そうですよ

とにもかくにも、このトレーニングのおかげで自信がついたのか

走る時の表情が今までのオドオドした感じから

とても晴れやかというかキラキラしているので

このトレーニング心底やって良かった

ぜひ皆様もお試しください








開く コメント(0)

老化

白髪…できました。

いきなり何???ですが、

けっこうショックで凹んでます。

歳も歳ですし当たり前かもしれないけれど、

目の当たりにすると、やっぱり凹みますね

疲れやすいのも最近自覚していますし。

専業主婦でこんなに疲れているのに

共働きのご家庭のお母さん方、ほんと尊敬します




開く コメント(0)

まさかの・・・

夏休み、あっという間でした〜

この夏休みは帰省はせずにのんびり過ごしました。

先月から発達検査をしていたのですが、

どうやら、息子、障害のグレーゾーンを抜け出たようです

2歳の頃から発達障害と確信していたので

どうにも信じられず、結果を見ても、先生に大丈夫と念を押されても

それでも全く信じられないのです。

障害名はついていなくとも

多少のグレーのグレーゾーンくらいにはいると思っています。

だってやっぱり他の子より泣く回数多いし。

ちなみにワーキングメモリーは検査の結果でも弱めだそうです。

もしかすると、これが発達を遅らせていた原因かもしれませんが・・・

今の息子はのび太君みたい。

はぁ

気が弱い分泣き虫なのかもですね。

予想外の結果に少しだけ安心はしたけれど、

もともと私ネガティブ思考ですので

できる範囲で自分なりのサポートは必要だと思ってます。

幼稚園の間はリーフさんでお世話になれるので

贅沢ですが、ソーシャルスキル訓練と、自己肯定感アップで

継続するつもりです。

現在通っているリーフですが、なんと60人待ちだそうです。

ビックリ

きっと我が家みたいに障害名はついていないけれど

育てにくさを感じる子をサポートしてっていう親子が

増えているんでしょうね。




開く コメント(0)

夏真っ盛り

先日ママ友宅で開かれるパーティーに行ってきました。

イメージ 1
ものすごかったです

庭先にありとあらゆるプールが並び、

さらにスイカ割、ソーメン流し、などなど、

子供たちは大はしゃぎ。

親はグッタリでしたが。

企画してくれたママさん、感謝感謝です。

やりたくとも相当の気合いがないとできるもんじゃないですもん。

最近息子はとても落ち着いてくれていて

無邪気にはしゃぎ、そこそこお利口に過ごしてくれました

娘は優しいお姉ちゃんたちにかまってもらって

これまた満喫した様子。

でも実は、プール云々よりも、息子の言動が気になって

今回も凹んで帰ることになるかと思ったのですが

意外と大丈夫で・・・ほんと良かった

数ヶ月前まではよそ様宅でも失礼な空気の読めない行動が

目立っていたのに目覚ましい進歩!!!

自宅でも最近ソーシャルスキル訓練的なことをしていて

もしかしてそれが功をなしているのかもしれません。

イメージ 2
イメージ 3
雑なんですけど、こんな具合にノートに絵を描いて

こういう時どうする?

みたいにやってます。

これが意外と嫌いじゃないみたいで

新しいの描いてくれた?

なんて聞いてくれるので

やって良かったと、ここ最近の息子を見ていても思います。

ただ、最近私の疲れが激しくて

なかなか描く時間がとれない・・・

着実に老いてるんだろうなぁ。







開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事