伸建設の現場日記

伸建設の桂です。よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

こんにちは伸建設の桂です。

  イギリスがEUを離脱することになり、世界中の経済に影響がでているようです。

   今後どこまで影響するのかが心配になりますね。


 さて、経済に左右される金利、今、日本の住宅ローンの金利はとっても低い水準にあります。

  今から家を建てる方にはとってもいい事なのですが、
    過去に住宅ローンを借りた人には高い金利のままの方もいるようです。

   
  そして先日目にした新建ハウジングという新聞に載っていた記事。

 いろいろなマーケティングをするエコンテという会社が調べたデータに関する内容でした。


  その内容は、住宅ローンを借りている男女400名にした意識調査した結果でした。

それによると、
  住宅ローンんの金利が低下していることを「知っている」と答えた人は、全体の89.8%だと、

 そのうち借り換えについて「興味がある」と答えた人は66.0%。

  しかし、その借り換えに「興味がある」と答えた人に、
   今まで住宅ローンの借り換えをしたことがあるかと聞いたところ、
    66.2%の人が過去に借り換えの経験をしていないというのだと、

  一方、これまでに借り換えの経験がある人に、
    住宅ローンの借り換えをして得をしたか、損をしたかを質問したところ、

    借り換え経験者の 93.3% が「得をした」 と回答

    その理由としては、

   「返済額が大幅に減った」

     「金利が下がった」

      「借り換えのおかげで返済期間が短縮できた」 などの回答が多くあったそうです。

  もちろん「損をした」と答えた人もいるそうで、

   「税金が余計にかかった」

     「減った気がしない」

       「借り換えの手数料をたくさん払った」という回答があったそうです。


  さらに、エコンテさんの調べには、住宅ローンの借り換えをした人に、

 「現在、住宅ローンの借り換えに悩んでいる人に対して、金融機関に相談をした方が良いかと思うか」
  
 と質問にした結果、91.8%の方が「金融機関に相談した方が良い」と思っているそうです。

  エコンテさんの調査結果を載せた新建ハウジングの記事は、こんな内容のお話しでした。


 ここからは私の意見なのですが、
 今借りている住宅ローンの金利が何%なのか、借り換える住宅ローンの金利が何%なのか、

   借り換えるにあたってかかる費用はいくらなのか、借り換えるとどれくらい得をするのか。

  などなど、わかりづらいところはあるのでしょうが、一度検討してみる価値はあるようですね。
  
今借りている住宅ローンの金利が高いと感じた人は、
ぜひ一度、いくつかの金融機関に住宅ローンの借り換えの相談をしてみることをオススメいたします。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事