進藤医師のブログ

病気 病気予防などの 実用的な情報, 時に雑学

全体表示

[ リスト ]

大和証券のCMソング

何故か心にしみいる音楽です。
CMには色々ありますが、まさにピンからキリまであります。
いつの頃からか大和証券のCMソングに妙に心を惹かれるようになりました
 
音楽に興味の無い私にとって誰が歌っているのか 
歌詞も外国語で意味もわかりません。
 
そこはかとなく温かく それがゆったり自然に身体を包みこんでくれます。
 
  これぞ音楽 体の全ての細胞を癒してくれます
  温かさのなかに 時にある種のわびしさ が
  でもそれは悲しみのようには聞こえません
 
叫びというよりは やや遠慮がちににじみ出てくるわびしさ やるせなさのようなものが感じられます。
 
  音楽ってこういうものなんや これこそ音楽の原点や
   正装して聞かなきゃいけない音楽はよそいきや   
         そう言いたくなります
 
意味も分からぬ この歌を聴いて とめどもなく涙が流れてきた ということをかいているブログもありました(色々な曲があります)
 
浜松出身の上原ひろみ というジャズピアニストがいます  まだ32才と若いのですがその道ではすごい人だそうです。
 彼女のドキュメントをみたことがあります
 調律師:彼女ほど楽しくピアノを弾く人はいない
 彼女曰く 私が楽しくなければ お客さんは楽しいはずがない
 
音楽に興味があるとは言えない私が持っているCDは少ししかありません。その中に高橋竹山の津軽三味線のシリーズものがあります。
かれの三味線から流れる音楽は
 ある種の心の叫びでしょうか
 力強くはありますが 時にある哀しさが伝わってきます
 
昔は熱性疾患(多分 髄膜炎で)で目が見えなくなると生活のために三味線弾きになることもありました。三味線をひいて回り わずかのお金を恵んでもらう、多くの人がこのような生活をしていたことでしょう。
 
 彼がある家の前で三味線をひいていて 彼の同級生の女性が出てきた時、悲しみとも恥じらいともいわれぬ苦しみを味わったという 彼の語りをきいたこともあります。
   

閉じる コメント(2)

顔アイコン

体の全ての細胞を癒してくれる。温かさのなかに 時にある種のわびしさ。
でもそれは悲しみのようには聞こえない。叫びというよりは やや遠慮がちににじみ出てくるわびしさ やるせなさのようなもの。



いいですね〜。この感覚。

年齢によるものなのか、病気を得て分かるようになったものなのか。私も昔の若い頃なら絶対分からなかったことが少し分かるようになりました。

2011/7/29(金) 午後 10:02 川越姐さん

顔アイコン

この音楽を聴くと クラシックなんてくそくらえ と言いたくなります
実は アマゾンで初めて このCDを買いました 2800円?
じっくりと聞くのを 楽しみにしています。

2011/7/30(土) 午前 10:40 [ 健康さわやか君 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事