進藤医師のブログ

病気 病気予防などの 実用的な情報, 時に雑学

全体表示

[ リスト ]

Usa* さんから質問を頂きましたので お答えをいたします。質問の趣旨からずれていますが了承下さい。 
 
糖尿病の 予防または治療で 
  炭水化物をほとんど食べない 
  炭水化物を多く食べる  どちらが良いのか
 現在 日本では多くもなく 少なくもなく という指導が主流です
  
また カーボンカウントという方法もありますが これは食べる炭水化物の量に応じてインスリ ン量を調節する方法であり上記とは全く別のものです
これは糖尿病に限らず ダイエットについても二つの方法があり 何年かの周期でどちらかが優位となります
 
私の基本的な考え:糖尿病に限らず 生理学(体の仕組み 例えばインスリンの働きは インスリンが欠乏するとどうなる) 病気の本態は どのようなメカニズムで病変が起こるのかを理解する 多数例の臨床研究の結果も参考にする という常識的なものです
☆問題を整理するため
 A:そもそも糖尿病とは何
 B:炭水化物を制限すると
   食後血糖は上がりにくいが それは患者にとって良いことか
 C:炭水化物を沢山取る:これは基本的にはお勧めできない
      ただこうすることが脂肪摂取を減らすという側面がるかも
      (砂糖などの単純糖は論外)
           
A:血糖が上がることが糖尿病 ということに振り回されている そう感じます
インスリンが足りないということが主因である
インスリン欠乏で 細胞内は飢餓状態に エネルギー産生をするクエン酸
回路の回りが悪い 同時に多くの代謝障害(タンパク代謝 脂質代謝)が
糖が上がるということはその中の一つの代謝を見ているにすぎない!!
  
1921年にインスリンが発見されるより前には 糖尿病は血糖が上がる病気である だから糖を含む食品を食べないようにしましょう という治療が行われました。インスリン発見後は インスリン欠乏状態を無くすこと そのように考えが変わりました。
私の考え:まずインスリン不足を解消する手段をとる:それには
   ・運動をする
   ・摂取するカロリーを適正にする:
     タンパクや脂肪をとってもインスリンは必要ですので
      全体の摂取カロリーを制限する
 
B:糖尿病では血糖が上がります。特に宿命的に 食後血糖が上がり易いという特徴があります。 血糖が上がること自体が血管その他に対して 諸々の悪さをすることも分かっています。
 
血糖が上がるなら 炭水化物を食べなければ良いだろう という考え。血糖という観点だけから見れば良いことのように見えます。(注1)
 1:血糖が上がらないというメリット 
 2:相対的に脂肪やタンパクが多くなることによる問題
 
1のメリットはあります。 けれども注1にも述べたように インスリン不足という状態は基本的には改善されていない。クエン酸回路が回っていない 代謝は基本的には異化に タンパク代謝 脂肪代謝にも異常が起こってい ることが忘れられている気がします。
 
2:相対的に脂肪が多くなります。これが動脈硬化を起こし 長い目で見ると血管死が増える可能性は十分あります。この結論がでるのには10−20年の臨床研究が必要です。
 
また脂肪は一時的にはインスリンの分泌を増やしますが長い目で見るとインスリン分泌を減らします             → 脂肪毒性
脂肪摂取が多いと筋や肝臓の脂肪沈着が増えてインスリン抵抗になる
                      → 異所性脂肪沈着
脂肪摂取が多いとそれは脂肪細胞にたまる すると脂肪細胞から インスリン抵抗を促進する物質 血圧を上げる物質が増える 一方動脈硬化を防ぐアデイポネクチンは減るなど 良くないことが起こる
     → 脂肪細胞から分泌されるホルモン:アデイポサイトカイン
などを総合して考えると脂肪が増えることは長期的には大きなデメリットとなると私は考えています
飽和脂肪酸(肉などの)そのものは 動脈硬化を促進します
 
高脂肪食 20年?でも心血管死が増えなかったという論文が引用されますが。これは一般人:しかも看護士を対象にした研究なので糖尿病とは全く別                → 糖尿病は動脈硬化の強い危険因子
・高脂肪食:ガンのリスクは増える
 
タンパクの多食:腎機能が正常なら問題はないようです。微量アルブミン尿の時期にタンパクの多食がどの様な影響を与えるのかは不明。普通のタンパク尿が出るようになったらタンパクの多食は避けるべき。
私の考え 糖尿病の初期以降はタンパクの多食は避けたい
また純粋にタンパクだけを取るのは難しい。通常は脂肪摂取に結び付くことにも注意ください。(注2
 
・タンパクはインスリン分泌を増やす グルカゴン分泌を増やすが
 糖尿病が進行するとインスリン分泌は減り グルカゴン分泌は増える
 そして血糖が上がるという危惧もあります。
 
☆β細胞の身になって考えると
 炭水化物であれ 脂肪であれ タンパク質であれ これらが入ってくると β細胞はインスリンを出さなければいけない。→ 何であれ食べ過ぎはβ 細胞にはきつい → β細胞の減少になる
これは 重要なことだと考えています。→ β細胞を保護するには
 
炭水化物と糖尿病発症については 色々な結果があることは承知していますが、短期間の少数例の研究の結果は直ぐに納得はできないそう感じています
 
注1:私が医師になりたてのころ 点滴に入れるブドウ糖の代わりに キシリトールやソルビトールという糖を使う時代がありました。
   血糖が上がらないから。
そんなことアホと違うか そう思いました。これらの糖も最終的には クエン酸回路に入って代謝されるんやないか インスリン不足でクエン酸回路の周りが悪くなっているんだから これらは血中にフラフラしているわけや。良いことあらへん。単にブドウ糖から目をそらしているだけや 難しい代謝マップは忘れましたが 現在ではエネルギー補給としてキシリトールやソルビトールの点滴は使われません。現在は [ブドウ糖+インスリン]が使われます
こちらの方がより好ましい
 
 現在の糖質制限の考えかたと良く似ている
  インスリンが足りないというのが糖尿病の本質
  ここから 治療を考えるべきです
 
注2:ボデイビルダーがステーキを食べていると思ったら大間違い。鳥のささみ 卵の白身 そして食事の量もすごく少ない。ステーキ食べたらたちまち体脂肪が増えます。
                    2011.9 進藤医院:進藤
 
  →  その2へ 続く              
   脂肪毒性          糖毒性 
 
◎アメリカンジョーク:
 先生禁煙したいんですが
 医師が禁煙指導
 「あの患者どうなった」  「ストレスで死にました」
あちら立てればことらが立たず
血糖は重要事項ですが あくまでインスリン不足によって起こっている一つの現象 ということを忘れてはいけない そう感じます
血糖ばかりに目が行くと ACCORD試験のような血糖下げすぎの事態にもなる (すこし冷静になれば違った研究ができたでしょうに もっともこのように突き進むのが欧米人)
 
◎ダークエネルギー発見をした研究チームの 軌跡をテレビで見ました。
 あるチームは 数か月?のうちに全く逆の結論に達する 物理についての研 究でもこのようなことが起こる。人の食生活についての研究は非常に難し く その結果についての解釈も難しいです 
 
◎私ごとながら53才で進行ガンになりました。そのとき読んだ本(著者は 普通のひと)
ガンに効くという温泉に行く。そこである人がいいました。ここに来ている人は「この湯はガンに効くと言う ガンで死んでしまった人はここには来れないんだから」
ある治療法についても同じことが言えます。これ以上は各自お考え下さい。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

じっくり読ませていただきました。
たんぱく質、炭水化物、脂質を制限して、粗食でいくのが一番いい、という事でしょうか。ガリガリに痩せて、ストレスためて、ただ長生きしたい、とは思えません。最後の温泉の話も頷いてしまいます。
夫はお蔭様で血糖値が安定し、眼圧も平常になって、レーザー治療は延期になりました。でも、少し長湯をするとのぼせて気分が悪くなるようになりました。体力が落ちているのだと思います。筋力をつけなければ駄目ですね。
いつもさわやかさんの日記を参考にさせていただいています。ありがとうございます。

2011/9/17(土) 午前 9:06 川越姐さん 返信する

顔アイコン

先生、とても丁寧で解りやすく有り難うございます。
私は炭水化物を極力摂らない…というやり方を数年やってきました。
今のところクレアチニンは0.4と低値ですが
糖質制限は塩分も多いしやはり胃にも悪いですしもうやりたくないですね(胃炎持ちです)
蛋白がグルコガン分泌を増やすとは知らなかったです…。
なんでも、過ぎたるは及ばざるが如しなんですね。
改めてバランスが大事なのだと思いました。
耐糖能異常でありながらhba1c4.5でしたが、炭水化物の量を思い切り増やしても(それでもまだ少なめ)4.6で余り変化なかったですし。
あと、点滴の話で思い出したのですが…発病前に私は甘酢と昔キシリトールガムを毎日大量に飲み食いしていました。健康によいと思って。
いろいろ踊らされてはなりませんね。

2011/9/17(土) 午前 10:14 [ usa*ea*_* ] 返信する

顔アイコン

アニメにしか興味なかった俺が廃人寸前から
現実に復帰できたキッカケ
ttp://w.h-anime.me/0tgwl3f/ 削除

2011/9/18(日) 午前 6:50 [ アニメにしか興味なかった俺が ] 返信する

顔アイコン

カロリーを極端に減らすということではなく
3つの栄養素のバランスをあまり崩すのは 色々と障害が出てくると 理解していただければと思います。
今後も 糖質が多いのが良いとか 少ないのが良いとか 議論がむしかえされる というよりテレビなどで報道され、多くのヒトがそれに誘導されることことになると思っています。

2011/9/18(日) 午前 10:11 [ 健康さわやか君 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事