平成29年度篠原園地

篠原園地維持管理業務を行っていきます!よろしくお願いします。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]



みなさん、こんにちは!篠原園地管理事務所です。



この頃、秋雨前線が長引いて寒々しい毎日ですね



今回は篠原の植物紹介第二段です(^^♪





イメージ 1



シロヨメナ(キク科)



白嫁菜、と呼ばれるまっ白い花です。



イメージ 2



次にユッカ(リュウゼツラン科)です(*^-^*)



9月になったあたりから、急成長し始め、ついに白い花が咲き始めました!



なんでも、ユッカガ(蛾)という昆虫とは共生関係だそうで、ユッカの種子を食べる代わりに受粉を促してくれるそうですね。


昆虫がいなければ受粉ができないユッカですが、ユッカの花は虫に好まれるのか、虫が数匹飛んでいました(^^)/




イメージ 3



こちらはトレニア(ゴマノハグサ科)です!



トレニアは園芸品種の植物なので、ここで見かけるのは少し珍しいですね。



他のお家のトレニアからこぼれ種で増えたのかもしれませんね(*^-^*)



たまにこういった変わり種もあるので、面白いですね!




10月の植物紹介です☆



みなさん、こんにちは!篠原園地管理事務所です♬


10月に入って、一気に肌寒くなりましたね。


寒暖差が大きいと体調を崩しやすいので、気を付けないといけませんね!


では、寒さに負けないよう、元気よく篠原の植物を紹介していきます☆


まずはランタナ(クマツヅラ科)です!



イメージ 1



園芸植物のイメージが強いですが、こちらは自生してます


ランタナというと花屋さんやホームセンターで苗木を買ってきて育てることが多いですよね。


恐らくは、鳥がランタナの実を食べて、篠原園地にフンをしたんでしょうね!


緑の多い篠原園地で、鮮やかな一輪の花を咲かせていました(*^_^*)


お次はヒガンバナです☆


イメージ 2


9月の植物紹介の際は、赤いヒガンバナが咲き乱れていましたね!


今度は白いヒガンバナが突然現れました(笑)


白い花糸が長いまつ毛のようで美しいですね。


秋の風物詩、キンモクセイ(モクセイ科)です☆


イメージ 3


秋になるとどこからともなく、キンモクセイの香りが漂ってきてもうそんな時期なんだなあとふと思いますね。


キンモクセイの匂いは、何m先でも風に運ばれてくるので存在感がありますね!


お次はジャコウアゲハです!


イメージ 4


羽が欠けてしまっていますが、美しい姿ですね。


このように白い面積が多いのはジャコウアゲハの雌です。


雄は、もう少し全体が黒々としていますね!


ジャコウアゲハとオナガアゲハ、とってもそっくりなんですが、ジャコウアゲハのが尾の長さが長いんだとか。


オナガと言われているのにジャコウのが長いんですね(笑)


こちらの綺麗な蝶は、カラスアゲハです!


イメージ 5


鱗粉が緑と青で見入ってしまいますね〜〜〜。


撮影中、光の加減によって、キラキラしてましたよ


バックのヒガンバナと相まって、とても素敵な写真が撮れました!


ピントが若干ボケてしまっていて、惜しい限りです


篠原園地には大きなカラスザンショウの木があるんですが、


カラスアゲハの幼虫がカラスザンショウを食草としているため


カラスアゲハが多いように感じました!


また蝶は明るい所と暗い所が交差している場所が好きなので、そういうところが一致しているのかもしれないですね(´▽`)









みなさん、こんにちは!篠原園地管理事務所です(^^♪



9月に入り、心機一転して掲示板をプールの前の柵に設置してみました☆



こんな感じで作りましたよ!(^^)!




イメージ 2





プール柵の色に合わせてペンキを買ってきたんですが、見事に同じ色になって同化してます((+_+))




飾付をして可愛らしい感じにしようと思っているので、楽しみにしててくださいね。




現在、篠原園地のパンフレットも何部か掲示物に置いてあるので、ぜひお手に取ってみてくださいね♪




イメージ 1




みなさん、こんにちは!篠原園地管理事務所です(*^▽^*)




9月の生き物☆第二弾いきます!




イメージ 1



まずはオトコエシ(オミナエシ科)です♪



スロープ付近に白い小花をたくさんつけて咲いていますよ(*^-^*)



オトコエシ、オミナエシと聞くと和歌や歌謡曲によく出てくるイメージです。



それぞれの花に女性観や男性観を重ねているのかもしれないですね!



風情があって良いですね(^^♪



イメージ 2



次にオンブバッタです☆



背景のベゴニアの赤とオンブバッタの青々しさがメリハリがあって、



自分でもいい写真が撮れたな、と思います(笑)



オンブバッタの大きい方が雌で小さい方が雄ですね。



昆虫界だと意外に雌のが体格がよかったりしますね!



背中にぴったりくっついて可愛らしいです



イメージ 3



羽に赤いアクセントがあるのは、アカボシゴマダラです(*^-^*)



幼虫が食樹をエノキとしているので、近くにエノキがあって舞い込んできたのかもしれないですね。



幼虫は何でも越冬するのだとか。たくましいのですね( ◠‿◠ )




イメージ 4



草刈りしたところ、そのあとタマスダレ(ゼフィランサス)がでてきました!



この植物は球根植物なので、土のなかで芽を出そうと待ち構えてたんですね。



数日の間で勢いよく出てきたので、びっくりしました((+_+))



真っ白い花片がとても美しいですよ。藤棚の横にあるので、良かったら見てくださいね。



イメージ 5



こちらは結構知名度がありそうですね!ヒガンバナです!(^^)!



ヒガンバナというと上の写真のような赤い花をイメージする人も多いのではないでしょうか。



このヒガンバナもタマスダレの近くに咲いていて綺麗ですよ(^^)/





みなさん、こんにちは!篠原園地管理事務所です☆



8月から9月にかけて、たくさんの植物、昆虫を見つけることが出来たので、こちらに載せたいと思います!



イメージ 2



まずこちらはミズヒキ(タデ科)ですね



紅白の花がご祝儀に使われる、水引きに似ていることからそのままミズヒキ、と呼ばれるようになったようですね〜!



遠目からだとなかなか撮るのが難しかったので、アップ写真です(^^)/



こうして拡大してみると赤と白の色味が美しいですね。



次に、チョウセンカマキリです★



カマキリというとやはり、子どもたちの憧れですよね…♪



昔、生き物係だったのでカマキリを教室で飼育してましたが、みんなの人気者でしたよ



イメージ 1




今見てもフォルムがかっこいいなと思いますよ(#^^#)



イメージ 3





こちらの可愛らしいお花はヘクソカズラです



可愛い花なんですが、すごいインパクトのある名前ですよね(笑)



別名ヤイトバナ、サオトメバナとも言いますが、ヘクソカズラが一番知名度がありますね。



茎や葉に臭いがありますが、観賞する分には可愛らしいツル植物です



こうして拡大した写真だと、花に細やかな毛が生えていて普段見る印象とは一味違いますね!




イメージ 4




アザミに夢中のモンシロチョウを激写です♪



白のベースに淡い黄色の色味が素敵です



体も真っ白な色をしていて、かわいらしいですね。お顔にもふわふわした体毛が生えていますね。



イメージ 5



こちらはスロープ横で見かけた、ヨウシュヤマゴボウです!



日本にある、ヤマゴボウは食用ですが、ヨウシュヤマゴボウは食べられません。



ですが、色味が鮮やかできれいですね(^^)/



ヨウシュヤマゴボウというと色染めに使って遊んだ覚えがあります♪




イメージ 6



クズのお掃除をしている時に見つけました!センニンソウです!



仙人のおヒゲみたいだから、という理由で名付けられたようですね。



学名にClematis(クレマチス)とあるように、クレマチスとは科が近いんですね( ◠‿◠ )



イメージ 7



花壇の手入れをしている時に見つけた、ショウリョウバッタの脱皮しているところです☆


何か変だな…と目を凝らしてみたら、皮を頑張って脱ごうとしていたので驚きでした。



ショウリョウバッタの脱皮は見たことがなかったので貴重な写真を撮れました



こうやって、脱皮を繰り返してから成虫になり、飛ぶための羽をもつようになるんですね。(普段ぴょんぴょんしているのはまだ子どもだそう




全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事