ここから本文です
踏切の番人のブログ
アメブロがメインで活動中。プロフにアメブロへのリンクあります。

583系ラストランから2年

イメージ 1


国鉄時代から、昼行・夜行兼用で幅広く使用された、583系のラストランからちょうど2年となりました。

イメージ 2


イメージ 3


昼間は座席(上写真)、夜はベッド(下写真)に変える発想は、引退した今でも斬新

イメージ 4


1968年にデビューした583系は、北海道と四国を除く各地で、特急「はくつる」「はつかり」「ゆうづる」「あけぼの」「銀河」、急行「きたぐに」「津軽」などの運用に充当されました。

イメージ 5


イメージ 6


藍色の帯を纏った583系の晩年は、老朽化が激しかったものの、青森から「わくわくドリーム号」で舞浜(上写真/2016年12月まで)、「天理臨」で京都(下写真/2017年1月まで)を往復する運転されるなど運用は多岐に渡りました。

簡単な説明になりましたが、私の中では名車のひとつである、583系のラストランを追った当時の模様をご覧下さい。

※当時の行程表データをスマホに移してないため、行程表は省略させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【2017年4月6日】

イメージ 8


イメージ 7


仕事を終えた後、バスタ新宿から夜行高速バスで秋田へ向かいました

イメージ 10


イメージ 11


イメージ 9


佐野SA、安達太良SA、長者原SA、道の駅 雁の里せんなんで休憩しながら、約10時間で秋田駅前に到着

【2017年4月7日】

秋田入りした私は、ロケハンを兼ねながら四ツ小屋、大久保、土崎で撮り鉄を満喫、秋田名物きりたんぽ鍋で冷えた体を温め、コンフォートホテル秋田で1泊しました。

イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


秋田駅では、当時20周年を迎えた秋田新幹線、リゾートしらかみ、全線開通100周年を迎えた男鹿線のPRに力が入っていました

イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


583系の写真展も行われていました

イメージ 19


友人へのお土産に583系キーホルダーを数個購入(ケチなので自分のは無し)

イメージ 20


イメージ 21


秋田新幹線を撮影するため四ツ小屋へ

イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


四ツ小屋から大久保へ移動、翌日の583系撮影候補地へ・・・単線区間で良いポイントでしたが、当日は同業者が殺到すると判断
(翌日にJR東日本の社員さんに伺ったところ100人以上いたらしい)

イメージ 25


秋田総合車両センターがある土崎へ

イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


解体待ちの車両など見る

イメージ 32


イメージ 30


イメージ 31


秋田駅前の「秋田きりたんぽ屋」さんで、きりたんぽ鍋などいただく

食品サンプルで具材の説明をしたり、きりたんぽの歴史を紙芝居で語るなど丁寧なおもてなしを受けました♪

イメージ 34


イメージ 33


コンフォートホテル秋田で1泊

【2017年4月8日】

いよいよ本番当日。今まで関東圏内で追い続けた583系とお別れの時が・・・

イメージ 36


イメージ 35


当日の583系は、秋田〜弘前を2往復する「さようなら583系日帰りの旅」ツアー列車で最後の花道を飾りました。

イメージ 37


イメージ 38


朝5時と思えぬ光景の秋田駅では、583系関連の記念入場券やグッズを買い求める人の行列が・・・

イメージ 39


イメージ 40


場所取りで床に貼り紙を貼った人達は買えたのだろうか

イメージ 41


イメージ 42


電光掲示板には既に「さようなら583系」の発車案内が・・・

イメージ 43


イメージ 44


イメージ 45


イメージ 46


始発電車で追分駅へ、上飯島方面へ歩くこと約12分にある「中野踏切」付近で撮影

イメージ 47


7:30 さようなら583系日帰りの旅(秋田発/往路)を撮影

イメージ 49


イメージ 50


イメージ 51


「中野踏切」から大久保方面へ徒歩約30分、男鹿線との分岐点が近い「牛坂踏切」でJR東日本の社員さん監視のもと583系など撮影

イメージ 48


12:14 さようなら583系日帰りの旅(弘前発/往路)を撮影

イメージ 53


イメージ 54


追分駅方面へ少し戻り、国道7号線「天王跨線橋」で再び撮影

イメージ 52


15:00 さようなら583系日帰りの旅(弘前発/復路)を撮影、見事に失敗

イメージ 58


追分駅から秋田駅へ移動。16:06に到着、583系入線の20:19までひたすら待機!

イメージ 56


イメージ 57


待機中に、文春の記者さんから取材を受け、583系にまつわる思い出話をしたら・・・

イメージ 55


私のコメントが掲載されました!

イメージ 61


イメージ 62


イメージ 63


20:19 小雨降りしきる秋田駅2番線に、さようなら583系日帰りの旅(秋田発/復路)が入線

イメージ 64


20:33 乗客を降ろした583系は、別れを惜しむ長い警笛を数回鳴らしながら発車。

「583系ラストランでございます。(2回)長らくのご愛顧ありがとうございました。(2回)」と流れる構内放送と「ありがとう」コールが響くホームから別れを偲ぶ多くの人に見送られ、583系は秋田駅を去っていきました

翌日に秋田駅で行われた、583系展示会も行きたかったのですが、仕事の都合で断念しました(仕事も兼ねてるとはいえ、展示会も行くと教えて下さった記者さんが羨ましいと思いました)

発車時間が迫っていた、新宿ゆき夜行高速バスの元へダッシュ

イメージ 65


2017年4月9日7:47 バスタ新宿に到着、このまま仕事に直行しました

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

かなり省略しましたが、実際はもっと内容の濃い撮り鉄旅行となりました。

イメージ 59


イメージ 60


若い頃に乗車した急行「津軽」や「きたぐに」で旅した思い出など、583系に対する想いは語りきれないぐらい思い入れある車両でした。

秋田でラストランを終え引退した583系は、中間車2両が台湾の鉄道博物館「」に譲渡、中間車1両が解体、残りの車両は現在も秋田総合車両センター内で今も留置されています。

あれから2年の月日が流れましたが、
ありがとう583系!
さようなら583系・・・

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

鉄道コム

イメージ 1


現在JR貨物で活躍中のEF510-509号機と510号機が、デビューから慣れ親しんだJR東日本 田端運転所を旅立ってから、ちょうど3年が経ちました。(※アメブロでも同記事を投稿)

イメージ 2


イメージ 3


2010年7月に川崎重工で製造された、本題の2機は、寝台特急「カシオペア」・「北斗星」の牽引をはじめ安中貨物(2013年3月まで)で活躍していました

イメージ 11


最後のお披露目となった2015年の尾久車両センター一般公開

イメージ 4


北海道新幹線開業に伴い、寝台特急「カシオペア」は、2016年3月20日 札幌発上り上野ゆきをもってラストランを迎える

イメージ 8


JR東日本で活躍の場を失った2機は、JR貨物へ譲渡(売却)されることに・・・

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


2016年3月28日、田端運転所ではJR貨物譲渡に向けた準備が行われていた

イメージ 9


↑関連記事が鉄道コムブログランキングで初めて上位(3位)に入った思い出があります

イメージ 17


そして3月31日に田端運転所を出発した2機は、JR貨物 高崎機関区・東新潟機関区を経由して新天地の富山機関区へ輸送されました。(写真は北斗星釜の譲渡配給で代用)

2016年4月3日、新潟市内の新津駅で再会

イメージ 10


配8789レ EH200-901+EF510-509+EF510-510

イメージ 12


イメージ 13


2016年6月からは、側面の虹ラッピングや星など撤去された姿で、JR貨物での運用を開始しました(上写真:EF510-509/下写真EF510-510)

イメージ 14


田端運転所ではピカピカにされていた彼らは、泥まみれになりながらも力強く貨物輸送に貢献しています(田端時代の北斗星釜で代用)

イメージ 15


イメージ 16


個人的に今の姿は好きではありませんが、兄貴分のレッドサンダー(上写真)や元北斗星釜(下写真)らと元気に活躍して欲しいと思います。

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

鉄道コム

イメージ 1


ご存知の方も多いかもしれませんが、本日で総合時刻表サイト「えきから時刻表」がサービス終了となります。

イメージ 8


Yahoo!ブログが、12月でサービス終了と告知された矢先に・・・

ジョルダンや駅探など乗り換え案内サイトは豊富にありますが、

イメージ 9


「えきから時刻表」は、ぐるなびが運営しているサイトで、時刻表検索と乗換案内ができるサイトで、全国の各路線に対応した路線時刻表は、分厚い時刻表感覚で読める上に重宝していました。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


駅時刻表の発車時刻をクリックすれば、列車番号や編成詳細(車両形式が掲載されることもあった)がひと目で分かる優れもの(9:59発あずさ)

イメージ 6


市販の時刻表には載っていない、私鉄各線の詳細な路線時刻表も、列車番号付きで掲載されていたので、まさに最強の時刻表サイトでした(写真はJR中央線)

イメージ 7


旅行の計画から、撮り鉄のプランニングなど私にとっては必要不可欠な存在でした

調べた限り、えきから時刻表に近いサイトは、交通新聞社が運営する「トレたび」かなと思います。

「トレたび」トップページはコチラ↓
http://www.toretabi.jp/

「トレたび」内、時刻表検索ページ↓
http://jikoku.toretabi.jp/cgi-bin/tra.cgi/cond

人それぞれ好き嫌い別れると思うので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

今まで、どれだけ「えきから時刻表」のお世話になったか数知れず。

本当にありがとう・・・

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

鉄道コム

近江鉄道の機関車たち

今回はスマホに蔵出し画像を複数コピーした記念に、近江鉄道 彦根駅構内がレトロ機関車で賑わっていた当時を振り返りたいと思います。

イメージ 3


イメージ 2


3年前はレトロ機関車で賑わっていた

2016年7月当時は、ED31形5両(ED311〜ED315)とED14形4両(ED141〜ED144)、ロコ1100形1両(ロコ1101)の電気機関車が留置されていました。

かつて伊那電気鉄道、国鉄飯田線、西武鉄道を渡り歩いた歴史ある機関車も存在し、歴史的価値のある機関車が多く存在しました。

イメージ 1


今では残り4機に・・・奥にあった「近江鉄道ミュージアム」も取り壊された

半分以上が解体されましたが、残る機関車が解体の運命を辿らない事を切に願います。

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

鉄道コム
通院のため新秋津からJR武蔵野線に乗ろうと思ったら、中線に機器更新で長野総合車両センターに入場する本題の車両に遭遇しました。

イメージ 1


13:40 回9432M E231系マト126編成

経年変化による電気制御系統などの機器更新で、しばらく松戸車両センターのE231系は長野で更新工事を行ってきましたが、未更新編成はマト139編成のみとなりました。

これから撮影される皆様、譲り合いの精神で頑張って下さい。

【おまけ】

イメージ 2


イメージ 3


近所は桜が開花し始め春の装いになりました

イメージ 4


河津桜はだいぶ散りました

イメージ 5


イメージ 6


ユキヤナギなど綺麗に咲きました

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

鉄道コム

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事