お知らせ

事務局からニュースのページです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

平成19年度 心 霊 科 学 夏 期 講 座
下記の要領で開催します。ご参加お待ちしています。

日 時:第1日 8月25日(土)12:45〜
    第2日 8月26日(日)13:00〜
場 所:日本心霊科学会館 2階  
   受講料:事前購入 1日分 2,000円、2日分 3,500円
    当日受講 1日分 2,000円  

統一テーマ:「霊能者」とその「体験」 −霊能者とは?−
〔企画者:佐々木雄司氏(協会理事・精神科医)〕
司会 常任理事 小池 博子

第1日  8月25日(土)
12:45〜   開会のことば    理事長 大谷 宗司
13:00〜14:40 講 演(演題)狄肝遒茲發笋渭鱈
 森  淳 氏(協会霊能者、評議員)
15:00〜16:40 講 演(演題)狄澄考佑箸僚舒い
 榎本 幸七氏(協会霊能者、評議員)

第2日  8月26日(日)
13:00〜15:00 講 演(演題)燹嵜二促轡鵐冤J論者」の霊能者巡礼
 藤田 庄市氏(フォトジャーナリスト)
15:20〜16:20 鼎 談 
 小池喜代志氏(協会霊能者、評議員) 藤田庄市氏、佐々木雄司氏
16:20〜17:00 総合討議

[企画者のことば] 佐々木雄司(協会理事・精神科医)
霊能者・霊能という言葉は、協会内では、ごく自然に使われています。また最近は、TVや週刊誌などでも頻発しています。しかし、よく考えてみると、定義はハッキリしていないし、100人100色に、勝手にそれぞれ自分流に使われているように思われます。しかし、基本に戻って考えた時「霊能者」が霊能者たる所以は、「神秘的体験」の持ち主だから − とまでは云いきってよいのではないでしょうか。今回の講座は「霊能者」の定義や、ましてや「評価」を意図したものではありません。上記の基本的問題を率直に皆で考え、語り合う場を設けた次第です。
[第1日]
皆様ご存知の、協会の代表的な霊能者お二人に、ご自身の「神秘的体験」を、いつ頃から、どんな形で現れ、どう発展してきたかを含め、自由に率直に語って戴ければと思っております。日頃私達全員が、統一会や霊査や相談などで接している時とは別な、もっと親しみ易い「顔」もみられるのではないかと期待しています。
[第2日]
第1日とはガラリと変わり、こうした諸現象を若干「距離を置き、醒めた目」でみるとどうなるか − にチャレンジするつもりです。
(前半)
講師の藤田庄市氏は1947年生まれ。大正大学哲学部宗教学科卒。フォトジャーナリスト。
山岳信仰・民族行事・新宗教などを中心にエネルギッシュな取材・調査に従事。最近は、オウムをはじめとする現代の宗教問題に関して綿密な調査と深い洞察をもとに、鋭い論陣を展開しておられます。著書:拝み屋さん(弘文社1990)、霊能の秘儀(扶桑社1992)熊野修験の道を往く(淡交社2005)など多数
(後半)
さらにここで、協会の代表的な霊能者、小池喜代志氏にも加わって戴き、藤田氏と、講座企画者、佐々木との鼎談。普段、私達の知らない、小池氏の親しみ易い意外な素顔も見られるかもしれません。佐々木は、東京大学教授・都立精神衛生センター所長など歴任。そのフィールドワークはハンパではない。北にイタコを求めては健生病院(弘前)に勤務、南にユタを訪ねては琉球大学に赴任。協会入会は医学生時代で昭和28年。現在も酒井和夫医師(理事)とともに精神衛生相談と治療研究会の医療相談とを担当。
最後に、参加者全員による、気軽で活発な「討議の場」が設営できればと思っております。

お問合せ:財団法人日本心霊科学協会 東京都新宿区上落合1-12-12 
TEL 03-3362-7111 FAX 03-3367-4095

この記事に

平成18年度 心 霊 科 学 夏 期 講 座

日 時: 第1日 8月26日(土)12:45より
第2日 8月27日(日)13:00より
場 所: 日本心霊科学会館 2階  
受講料: 1日 2,000円

第1日
12:45〜 開会の辞   理事長 大谷宗司
13:00〜 講演と実践
演 題: 届く祈り、届く供養
講 師: 穂 積 敬 子 氏(教祖、霊能者)
御霊(みたま)は存在し、訴えている。届く祈り、届く供養が、あなたとあなたの家族を救い、明日の扉を開いていく。神さまとの交信、御霊おろしの実践を行います。

第2日
13:00〜 講 演(1)
演 題: 武 道 と“気”
講 師: 柳 川 昌 弘 氏(武道家)

"気"とは気配であり、オーラはその一表現である。オーラを正しく観ずる目を養う訓練とか、「心霊研究」には「主客合一」の観の目が欠かすことができません。そのため基本的な「感性」の訓練法についてご紹介します。

15:15〜 講 演(2)
演 題: 補完代替医療と見えないからだ
講 師: 上 野 圭 一 氏(翻訳家、鍼灸師)
補完代替医療の基本的な概念と、おもな代替療法に共通する身体観について、古今のアート作品を鑑賞しながら、ホリスティック医学の立場からのヒーリングについてご紹介します。
お問合わせ:財団法人日本心霊科学協会 東京都新宿区上落合1-12-12 
TEL 03-3362-7111 FAX 03-3367-4095

《講師のプロフィール》
穂 積 敬 子 氏(教祖、霊能者)
開祖である父親が他界し、その意思を引き継ぎ神司となる。優れた霊能力者であった母親の素質を受け、さらに湯殿山での筆舌し難い難行苦行を重ね、開眼に至った。25年間、宗教法人大和教教祖として、また霊能者として、救いを求める人々を日々教導している。

柳 川 昌 弘 氏(武道家)
東京理科大学卒。元防衛庁技官。システムエンジニア。のちに僧籍に入る。
二聖二天流柔術憲法宗家。(財)全日本空手道連盟・和道会師範。
著書:「般若心経」「あなたにもオーラがみえる」「宮本武蔵五輪書」他多数。

 上 野 圭 一 氏(翻訳家、鍼灸師)
早稲田大学英文科、東京医療専門学校卒。日本ホリスティック医学協会副会長 
訳書「ヘルシーエイジング」「癒す心、治る力」「人生は廻る輪のように」他 
著書:「わたしが治る12の力」「補完代替医療入門」「ヒーリングボディ」他多数

お問合せ:財団法人日本心霊科学協会 東京都新宿区上落合1-12-12 
TEL 03-3362-7111 FAX 03-3367-4095

この記事に

平成17年度 心霊科学夏期講座
講 演:ヒーリングの基本的技術の実習
講 師:平墳昭一氏(小児科医、小児精神神経科医)

対 談:西 洋 医 学 と 心 霊 療 法 ― その補完関係 ―
講 師: 酒井和夫氏(精神科医)
平墳昭一氏(小児科医、小児精神神経科医)

心霊治療と西洋医学とが互に協力し健康の維持・病気の治療を行うことは私たちの念願であります。今回の夏期講座第1日では本年度本協会主催の“心霊科学研究発表会”において心霊治療の体験を発表し、最優秀賞を受賞された平墳昭一氏の講演と、同氏と本協会の心霊治療時に協力をいただいている酒井和夫氏(精神科医、協会理事)の両氏の対談をお願いしました。
西洋医学のアプローチの対象は物質と感情と思考です。スピリチュアルヒーリングのアプローチの対象はサトルエナジーと霊です。両者の関係は本来補完的といえるでしょう。英国では保険ヒーラーに行動規範を遵守させる事で、ドイツではヒーリングを医療の代用とはならないとする事で、米国では看護師業務とする事等で、この補完関係を円滑に現実に運用可能なものにしています。

講 演: ヘミシンク音響技術の不思議な変性意識の旅
講 師:  藤崎 ちえこ 氏 (心理学修士 医学博士)

藤崎氏は内外の代替療法を学び、1998年病院・公的機関での活動と共にヒーリング活動を開始。魂という概念を取り入れた療法を行い、2003年米国モンロー研究所公認 ゲートウエイ・アウトリーチ・トレーナー(日本人初)となり、心の森研究所を設立。ヘミシンク・プログラムを開催中です。

米国モンロー研究所が40年ほど前から開発研究を続けている音によって変性意識を起こさせる技術をヘミシンクと言います。創始者ロバート・モンローが自らの体外離脱の経験を生かし、この生理学的データから普通の人でも変性意識へ導けるように特別な音を作ったのです。そしてこれを聞かせて様々な体験をさせるため、約一週間のプログラムを35年間開いてきました。その間、様々な国家機関や研究機関が注目し、研究にも携わって来ました。また、国内外各地から多くの参加者が訪れ、素晴らしい体験をしてきました。

その体験を2003年、日本人トレーナーが誕生した事により、日本でも日本語で出来るようになったのです。そのしくみやプログラムのご紹介、体験談などをご紹介させていただき、私が体験したあの世についてお話ししていきたいと思います。

講 演: 私の心霊体験 “ほんとうにあった怖い話”
講 師: 神田 紫 氏 (女性講談師)

神田氏は神戸市出身。文学座から小沢昭一氏主宰「劇団芸能座」に在籍後、講談の二代目神田山陽の門をたたく。1988年、真打昇進。「血文字のお定」「紫版・滝の白糸」等を連続上演。女の激しい情炎の世界を見事に表現し講談界のみならずマスコミに紫ブームを巻き起こす。主な怪談噺“牡丹燈籠”より「お札はがし」「真景累ヶ淵」「番町皿屋敷」ほか、舞台、テレビ、ラジオ、CM等々で活躍中。

講談の世界では、幽霊や因縁にまつわる怪談噺が幾つもありますが、私自身も霊を感じ易い方でTVのロケに際して、また私生活においても何度も不思議な体験をしてきました。心霊現象にまつわる怪談噺と私の実体験談をまじえながら、“ほんとうにあった怖い話”をしたいと思います。

お問合せ:財団法人日本心霊科学協会 東京都新宿区上落合1-12-12 
TEL 03-3362-7111 FAX 03-3367-4095

この記事に

■8/21(土)
◆ 開会の辞 大谷宗司氏(本協会理事長)
○講師  (ご本人のご希望により非公開)
○演題  『地図のない旅人 〜生と死のシンクロの狭間で〜 』
〔講演者のプロフィールとご紹介〕
 (ご本人のご希望により非公開)

○講師  渡邉 薫龍 先生 (心霊能力者)
○演題  『幸せへの誘い 〜 心霊相談へのアドバイス 〜 』
〔講演者のプロフィールとご紹介〕
京城生まれ。東京・四ッ谷に引揚げる。幼児の頃に大病に罹り医者から死の宣告を受けたが、両親が神社仏閣に願掛けをして奇跡的に全快した。以来、数々の霊的体験や言動が的中して周囲の人々を驚かせ、長じて、ある霊能者に出会い“神界からの神示により悩める人々を救うことが自分の使命”と悟る。
現在、人生上の悩みや土地建物、病気など、さまざまな心霊に関わる問題の相談に応じ、北から南まで飛び歩く傍ら、テレビ、ビデオにも出演している。協会会員。
……………☆☆☆…………
人は生死、転生を繰り返しています。人生上のいろいろな悩みや障害(病気、事故、不幸)などは、往々にして自分自身から発せられていることが多々あります。いまの不幸をなんでも霊のせいにしたり、人のせいにする人は決して幸せになれません。まず自分の落ち度に気づき、生活態度を反省して、感謝する心がけが大切です。
生霊、死霊、水子霊、因縁、霊障などについて、日々の相談ケースの中から、皆様に心得て頂きたいことについてお話したいと思います。

■8/22(日)
◆「小川 宏 」先生 
○演題  「健康は目に見えない宝石です」
       〜うつ病をのり越えて〜
 〔講演者のフロフィールとご紹介〕
 1926年東京都生まれ。早稲田大学専門部建築学科卒業。1949年アナウンサーとしてNHKに入局。人気番組「ジェスチャー」の司会を10年間務める。
1965年フジテレビのワイドショー「小川宏ショー」を担当。17年、4451回の放送によりギネスブックに載る。
 現在は司会業のほか、講演、著作活動中。主な著書には「ちょっといい行き方」、「遅すぎた男の反省」、「病気は人生の挫折ではない」など多数あり。
…………☆☆☆…………
「うつ病」から自殺願望にとりつかれ、自らの命を断とうと、ある日、踏み切りの横に立っていた…。また、「妻のがん」との壮絶な闘いの日々の中でつかんだ生と死、夫婦愛、家族との絆とは何か。うつ病をのり越えた今、生きる意味を語ります。

●シンポジウム「うつ」について
<パネラー>
小川宏氏   22日夏期講座講師 
大谷宗司     当協会理事長
恩田彰氏   東洋大学名誉教授、文学博士 
酒井和夫氏  精神科医、医学博士、当協会精神衛生相談担当 

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事