診療報酬請求事務能力認定試験の合格への最短コースは、通信教育や通信講座、スクール、学校に行くのが一番の早道です。確かに費用がかかってしまうのが難点です。しかし、最短距離で確実に合格に近づくことを考えれば、一度は受講を検討すべきです。なぜなら、このような通信教育や通信講座、スクールでは、過去何年にもわたって蓄積したプロの学習プランとコミュニティがあるからです。一人でも多くの人が、効率良く合格するために練りに練られた学習プランとコミュニティです。今すぐ資料を請求して、その学習プランとコミュニティがどのようなものか? だけでも知っておきましょう。

>> ヒューマンアカデミーの診療報酬請求事務能力認定対策講座
(平成20年の全国合格者3,822人のうち457人がヒューマンアカデミーから合格しています。実に合格者8人のうち1人という確率。その試験対策のカリキュラムはもちろん、最新の試験情報、活躍状況などを収録した資料を無料で配布中。)

>> 資格のことならダイエックス
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2285930&pid=878485335
(診療報酬請求事務能力認定試験資格取得から就職までトータルな情報)

診療報酬請求事務能力認定試験に最速で合格するウラ技

「どうしたら認定試験に合格できるだろう?」

「やる気はあるけど、空回りばっかり・・・」

「周りに話す人がいなくて、ストレスがたまる・・・」

もしあなたもそうなら、正直なところ、なかなか思うように
勉強が進まないのではないでしょうか?

試験勉強は、孤独で辛いものです。
問題集に向かって、「この一冊を終えるのに、どのくらいかかるだろう・・・」
なんてハァ〜っとため息。

自分では気づかないうちにイライラが募り、家族や大切な人に八つ当たり。
身をけずる思いで一冊の問題集を終えたとしても、どうでしょうか?
合格できる可能性は100%ではありません。

しかし100%に限りなく近づける方法があります。
今すぐできるのでやらない手はありません。

それが「診療報酬請求事務能力認定試験資料・費用ゼロ収集法」です。

なぜこの方法が合格100%に限りなく近づけるのでしょうか?

その理由は、

1.診療報酬請求事務能力認定試験に合格した人の体験談がわかる。

2.効率的な学習方法がわかり、ムリ、ムダのない勉強をするようになる。

3.診療報酬請求事務能力認定試験を目指している人の今を知ることができる。

4.最新の診療報酬請求事務能力認定試験の対策や合格後の就職状況がわかる。

5.費用がかからないので、今すぐできる。

6.インターネットでできるので、簡単でスピーディ。

7.ほぼ1週間程度で準備できる。

これだけメリットがあるのに、なぜ費用がかからないのでしょうか?
その秘密は、スクールや通信講座の資料を集めるからです。

これらの資料は、インターネットで請求できる上に、無料で送られてきます。
もちろん広告だから無料なわけですが、
広告以外にかなり役立つ情報も送られてくるのです。
ここがポイントです。

リアルタイムで役立つ情報は、普通お金を出して本を購入しなければなりません。
しかし、本では情報が古い場合もあるのです。
その点、この方法なら診療報酬請求事務能力認定試験の今を知ることができます。

しかもスクールや通信講座会社が長年のノウハウで積み重ねた
効率の良い学習カリキュラムを知ることまでできるのです。

それだけではありません。

診療報酬請求事務の就職状況や仕事内容も知ることができます。
さらに、DVDなどの映像資料まで無料で送ってくれるところもあるのです。
そのほとんどが一流のスクール、通信講座会社ばかりなのです。

このような有益で費用のかからない診療報酬請求事務能力認定試験を目指す人のための情報が、
今ならすぐに入手することができます。

しかし、インターネットの世界は移り変わりも激しく、
将来もこの方法が可能とは限りません。
なぜならスクールや通信講座会社も、広告費用に見合わないと判断すれば、
直ちに無料で資料を送るのはやめるでしょう。

そこで、今すぐこの診療報酬請求事務能力認定試験資料・費用ゼロ収集法を実行してみてください。
損することは一切ないのですから。

実行するのは、とってもカンタンです。

下記が無料で認定試験の資料を送ってくれるところです。
リンクしていますので、今すぐクリックしてみてください。
そしてあなたもリアルタイムな診療報酬請求事務能力認定試験情報を得てください。

>> ヒューマンアカデミーの診療報酬請求事務能力認定対策講座
(平成20年の全国合格者3,822人のうち457人がヒューマンアカデミーから合格しています。実に合格者8人のうち1人という確率。その試験対策のカリキュラムはもちろん、最新の試験情報、活躍状況などを収録した資料を無料で配布中。)

>> 資格のことならダイエックス
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2285930&pid=878485335
(診療報酬請求事務能力認定試験資格取得から就職までトータルな情報)

この記事に

医療事務【診療報酬請求事務能力認定試験(医科)】合格テキスト&問題集

試験対策のために最適な内容・構成で、直前1~2か月間および試験当日にも活用できます。
【第1章】では、カルテ・レセプトの例を用い、ポイントを絞って算定の仕組みがひと目でわかるビジュアル解説を行います。
【第2章】では、直近5回分の実技試験問題を収録し、カルテの読み方とレセプトの作成ポイントを解説し、第1章と第2章の学習のまとめとして、実技試験(レセプト作成)の演習を行います。
【第3章】では、直近10回分の学科試験のうち主要な問題を収録し、法律条文と点数表の引き方と読み方の演習を行います。
学習しやすいように「解答・解説」を別冊とするほか、試験会場で使用できるように取り外し可能の「診療報酬点数早見表」を収録しています。

目次
●出題傾向と対策
第I章 実技・学科試験のポイント解説
医療関連法規等/基本診療料12/特掲診療料1~9

第II章 レセプト作成(実技試験問題)演習

●実技試験受験のポイント
1 外来レセプト作成のポイント/2 外来レセプト作成演習/3 入院レセプト作成のポイント/4 入院レセプト作成演習

第III章 文章問題(学科試験問題)演習

●学科試験受験のポイント
1 医療関連法規/2 初診・再診/3 入院/4 医学管理等/5 在宅医療/6 投薬・注射/7 処置/8 手術・輸血・麻酔/9 検査/10 病理診断/11 画像診断/12 リハビリテーション・精神科専門療法・放射線治療/13 学科試験問題演習

*【別冊1】解答・解説
*【別冊2】診療報酬点数早見表

この記事に

診療報酬請求事務 早引きQ&A1178問―点数算定の?に即答!

日常の診療報酬請求事務の中で、疑問に思うことの多い事柄をQ&A形式に。点数表に記載されていない事例まで掲載しているので、どの様な請求をすべきか迷ってしまう時の頼れる虎の巻。

目次
診察料
入院料
医学管理料
在宅医療
投薬料
注射
処置
手術
麻酔
検査
画像診断
リハビリテーション
精神科専門療法
病理診断

この記事に

診療報酬請求事務パーフェクトガイド

膨大な保険請求の知識をコンパクトに整理。

目次
第1章 医療保険制度
第2章 公費負担医療制度
第3章 保険医療機関等
第4章 療養担当規則等
第5章 診療報酬
第6章 薬価基準、材料価格基準
第7章 診療報酬請求事務
第8章 医療用語

この記事に

テスト投稿

During preparations topic(診療報酬請求事務能力認定試験)

・医療事務資格試験の最難関といわれる診療報酬請求事務能力認定試験で、多数合格の実績を持つ講師陣が開発したテキスト。試験対策のため最適な内容・構成。受験に必要な基礎知識とテクニックが、1冊で身に付く。 ...

・ちなみに、この「診療報酬請求事務能力認定試験」は誰でも受験可能なので、独学で勉強している人が目標とする試験でもあります。本屋さんに行くと、この「診療報酬請求事務能力認定試験」に関する対策本が何冊か並んでいて、医療事務を独学で勉強する?? ...

・財団法人主催の標準的な資格 医療事務の要となる「診療報酬請求事務能力認定試験」業務、いわゆるレセプト業務を行う技能があることを評価・認定する試験です。 主催団体は、財団法人日本医療事務保険事務協会で、試験は年に2回、7月と12月に全国一斉 ...

・ニチイは診療報酬請求事務能力認定試験に対応しているのでしょうか?以前、資格なしで病院で働いていました。今は専業主婦で子育て中です。子育てが落ち着いてきたので医療事務の資格を取得したいと思い、ニック・ニチイ・日本医療事務協会から資料を請求 ...

・診療報酬請求事務能力認定試験 認定試験は7月と12月の年二回合格率は30%前後と難易度は高いそのため持っていれば有利な資格 学科試験・実技試験学科試験では選択方式の筆記試験実技試験は実際にレセプトを作成受験するには日本医療保険事務協会に申込 ...

・診療報酬請求事務能力認定試験とは、厚生労働省認可の財団法人である(財)医療保険事務協会が実施する全国一斉統一試験のことを言います。診療報酬請求事務能力認定試験は認知度が高く、資格を取得すれば採用や昇給などで優遇される場合があるほどの信頼 ...

・また、診療報酬請求事務能力認定試験は、数ある医療事務の資格試験の中でも水準が高いと認められており、合格率も30%と難関・・。出題も医療の多岐にわたり実際に現場で働く方がスキルアップのために受験することが多いようです。 ...

・診療報酬請求事務能力認定は厚生労働省が認定している公的資格で、全国統一で行われる一斉試験です。診察報酬請求に関わる事務職に有事する方の能力向上を目指すための試験で、医科、または歯科を選択して受験します。受験者数は年々増加しており人気のある ...

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事