生きぬくために闘う!東日本大震災救援対策本部のブログ

全国労働組合交流センター気付 メールは shinsaikyuenhonbu@yahoo.co.jp

全体表示

[ リスト ]

◆本部ニュース391号発行!

 以下から、ダウンロードできます。
 
イメージ 1
イメージ 2
11/14ヨーロッパ23カ国で1千万人を超える空前の一斉ゼネスト・デモ
民営化・首切り、大増税・福祉切り捨てに抗し、労働者の生き抜く闘いが燃え広がる
 
 最も激しくヨーロッパを襲う大恐慌の下で、緊縮政策の名で強行される首切り・大失業と大増税、福祉・年金切り捨てに立ち向かう全ヨーロッパの労働者の闘いが燃え広がっています。
 1114日、ヨーロッパ労働組合連盟(ETUC)の呼びかけで、スペイン、ポルトガル、イタリア、ベルギー、ギリシアなど23カ国・40の労組ナショナルセンターが参加する歴史的なゼネストとデモが闘われました。
 EUと各国政府による緊縮プラン・首切りと増税の攻撃に反対する全ヨーロッパ規模の闘いです。1000万人を超える労働者が怒りの声をあげました。
 スペインやポルトガルでは、デモ鎮圧に動員された警官隊と街頭で激しく激突。イタリアでは、学生が失業者とともに反政府デモの先頭に立ちました。
 24時間ストに突入したスペインでは、2大労組の労働者委員会(CCOO)と労働総同盟(UGT)の呼びかけで、自動車、エネルギー、造船、建設部門のほとんどの労働者がストに立ち上がりました。
 民営化が予定されている学校、病院でも、ほとんどの労働者がストに突入。2大労組の発表によれば、900万人がゼネストに参加。マドリッドでは35万人、バルセロナでは100万人以上がデモを行い、マドリッド、バルセロナ、バレンシアでは機動隊と激突しました。
 ポルトガルでは、最大労組の労働総同盟(CGTP)の呼びかけで、この8カ月の間に2度目の24時間ゼネストに突入しました。
 通勤列車やリスボンの地下鉄も停止しました。空の便も200便(いつもの半分の便)が運行を停止。清掃労働者や、病院労働者もストに決起。デモは全国40の都市で行われ、リスボンでも機動隊とデモ隊が衝突しました。
 イタリアでは、ナショナルセンターのひとつが4時間ストを呼びかけ、鉄道などの輸送機関がストップしました。ローマをはじめいくつかの都市で数万人の学生と労働者が機動隊と激突。各地で大規模デモが行われました。
 ベルギーでは24時間の鉄道ストが貫徹されました。
 ブリュッセル、ロンドン、パリを結ぶ高速鉄道網もストで大混乱に陥りました。
 フランスでは、労働総同盟(CGT)など5つのナショナルセンターの呼びかけで、100ヵ所以上でデモが行われました。
 このゼネストは、新自由主義に対するヨーロッパの労働者の怒りが極限に達していることを示しました。大恐慌が深まり、資本主義が最後的な崩壊の時を迎える中で、今や全世界で労働者階級の闘いが新たな段階に突入しています。(写真上はローマ、下はミラノのデモ)
 日本でも、政府や巨大資本による攻撃は全く同じ。資本主義の社会である限り、もはや労働者は生きていくことすらできなっている。労働組合をよみがえらせ、デモとストライキの力で社会を根本から変えるときです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事