ここから本文です
新潟商業高校ラグビー部・葦原ラグビーフットボールクラブ
熱 誠 忍 新商創立134年 創部71年目を迎えました

書庫全体表示

松尾くん引退

昨日のラグビーフェスティバル準決勝・・・実はある選手の引退試合となりました

松尾選手。

小学校よりラグビースクールに入り、中学校では新潟選抜にも選出
切れのあるステップとキック力、優れたパススキルで将来国体選手級の活躍を
するものと誰もが思っていましたしかし、彼の進学した高校にはラグビー部がありませんでした・・・

進学後、ラグビー協会、高体連ラグビー専門部から学校へクラブ設立の働きかけを行うも反応は今ひとつ

そんな中、彼をプレーヤーとして続けさせる苦肉の策が、社会人クラブ「新潟アイビス」に所属し、
練習は新商で行うといったものでした・・・

当時新商は選手が15人に満たなく、15人制の大会は常に合同チームで参加という状態でした
無論、高体連には登録していないため、花園予選や県総体といった重要な試合には出場できません
出場できる試合は協会主催の「県7人制選手権」「ラグビーフェスティバル」「NHK杯」の
3つだけですそれでも、彼は来れる日は放課後新商に通い練習に参加していました

そんな彼が新商ラグビー部に与えた影響は非常に大きかった

・声を出さないとラグビーは成立しないこと
・パススキル、キックスキルの重要性
・ラグビーは苦しさの中に楽しさがあるということ
などなど、細かいことまで挙げればとても書ききれませんしかしそんな彼が最も教えてくれたこと。それは

「何事も与えられた環境で全力を尽くすこと」

だったのかなと思います

彼の学校は県内有数の進学校です当然学校での学習内容もハイレベルなうえ、
日々の宿題なども相当出ていますそんな、ラグビーをするには不遇な環境でありながらも、
成績を維持し、課題をこなし、ラグビーにも取り組むこのような生活を彼は実践していたのです

しかし、さすがに3年になってからは、クラブに参加する回数も徐々に少なくなりました
それでも彼は新商にくれば1年生にアドバイスしたり、キック練習の相手をしたり
「今彼にできること」を一生懸命やってくれました

そんな彼の引退試合が昨日のラグビーフェスティバルだったのです

松尾選手今まで本当にありがとう新商ラグビー部を代表してお礼を言いたいです
そして、卒業後は「葦原ラグビーフットボールクラブ」特別会員として引き続き新商ラグビー部を応援してください
さらに、夢をかなえ教員として、ラグビー部顧問として新商グラウンドに立っている日が来ることを楽しみにしています

まずは彼の進路が無事決定することを祈念していますありがとう松尾選手

イメージ 1



@監督

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事