ブログ@新横浜

本サイト「@新横浜」のブログです.ただ今ブログ更新はゆるゆるモードです.

全体表示

[ リスト ]

金子姓と金子城

イメージ 1

新横浜周辺には、やたら金子さんが多いようです。

商業ビルにも「金子」が名前に入ったものが少なくとも2系列あり,
「K●ビル」「●Kビル」などとイニシャルっぽいものでKが付けられたもののいくつかは,金子姓由来のようです。
菊名にも「金子ビル」「金子マンション」があったり、他にも、周辺で金子とつく商店が確認できます。
新横浜名物・鴨まんを考案した新横浜町内会幹部の方も金子さんですし、
しのはらまめどを守る会の会長さんも金子さんです。

これは(おそらくですが)新横浜駅の東側,正覚院の裏山の位置に「金子城」があったことに由来すると思われます。
付近の古くから住む金子さんは,この金子城主の子孫か,または城に由来して苗字を付けたのではないでしょうか。
いくつかの「金子」は重複していて、あるいは無関係なものもあるかもしれません。

この城は小机城の支城で,戦国時代に後北条氏の北条景虎の家臣,金子出雲守が居ました。
金子出雲守あるいはその先祖の金子家忠いずれかが築城したという説があるようです。
武蔵七党・村山党の金子家忠は,保元・平治の乱で活躍し,源頼朝や源義経にも仕えました。
埼玉県入間市にその本拠地がありました。今でも金子丘陵に金子神社,金子坂などがあるゆかりの地だそうです。
入間市金子中央という地名もあります。

金子城については「シンヨコのサイト」の管理人さんも詳しくしらべておられたようです。
また,「神奈川の城」のサイトも参考にさせていただきました。

写真は,新幹線ガード下,のビックカメラ駐車場からやや北側に進んだ位置からの金子城址。
(奥の,森になったところ)

本サイトはコチラです。
http://www.geocities.jp/shinyokokun/index.html

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

よく調べていますね、私の町にも親戚にも金子姓がおります、又会社時代に早渕川の氾濫で通勤で綱締め駅で行くのに苦労した事があります。 又昔の地名が消えて行くのも哀しいです。

2007/5/14(月) 午前 6:17 川崎原住民 返信する

顔アイコン

コメント有り難うございます。専門家ではないので好奇心にまかせて調べています。 金子城は金子家忠=源氏の流れですが,それがある場所、篠原町の地名の由来は、源氏に篠原の合戦で敗けた平維盛がここに逃げて来て名づけたのだという説がある。などとまだまだ面白わからないことが出てきます。

2007/5/14(月) 午後 9:51 shinyokokun 返信する

顔アイコン

私の故郷にも、金子家忠の5代の子孫頼廣の子孫金子山城主金子備後守元家(天正の陣13年)1585年らしいですが、どうも先祖が、城代家老をして小早川軍3万騎と地本勢2000騎と無勢に多勢で悲壮な最後であったと古文書に記されています。。 削除

2008/2/6(水) 午後 5:58 [ senju@r8.dion.ne.jp ] 返信する

顔アイコン

伊予金子氏,新居郡高尾城主の子孫様でしょうか.(ちょっと調べてみました.)
コメントありがとうございます.
なるほどずいぶん金子氏は各地に広がったのですね.
ご先祖の元家さんは,その5年前には勝ち戦をしていたようですね.
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/futagami/zougamori.htm

2008/2/6(水) 午後 11:07 shinyokokun 返信する

顔アイコン

赤門の金子と呼ばれている友だちがいます。昔は敷地内に池や馬小屋があったそうです。出雲の子孫か?気になります。 削除

2017/3/26(日) 午後 11:18 [ 渡辺 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事