シオゴン走る!

トレランとMTBで、週末は山な日々。それにマラニックと言う旅。

全体表示

[ リスト ]

EXルートに進む中盤戦。
”6有人”を通過してしばらくは3人パックで進む。
イメージ 1
 
舗装路をリエゾンみたいに進んで、手書きの道から白実線へ。
「トイレ」と言ってストップしたいのマサを置き去りにして、Aさおを先頭に舗装路を登る。
 
電柱から左の谷を見て「これは降りれん」と言ったAさお、その少し先を探し始める。
確かにその場所は、降りれんような崖。
「ポットは見える?」と言いながら5m手前を戻って探したら、あった。
さっきの所だと降りるのは無理だと思ったけど、ここならば降りられる。
イメージ 2
 
そして鞍部へ担ぎ上げ。電動殺しの担ぎ上げ。
けど、これくらいの担ぎは、ラリーじゃ普通にあるし。
 
林道、枝分かれした木、シングルへの分岐。
地図どおり、ブリーフィングどおり。
担ぎ上げと”7外す”で振り返ると、後ろに誰か来てる様に見えたので、急いで見つけたシングルに消える。
イメージ 3
 
シングルに入っても、林道見えてたのに、そこを振り返っても後ろは来ない。
手前で迷っているのか? それとも、さっき誰か来てると思ったのは見間違いだったのか?
そう思いながら進んで行くと、チョー楽しい下りになった。
ハーフパイプトレイルは、あまりにも楽しすぎて、写真を撮る暇なし。
イメージ 4
 
シングルを下ると、ぴょんさんが待つ”8有人”に到着。
なんと、コーラがないらしい、ラリーなのに。
替わりにホットカルピスを頂く。
イメージ 5
 
カルピスを飲んでても後ろが来ない。
どうやら、後ろを少し離したみたいなので、この後少し頑張ってみる。
”9付ける”先のシングルも、ウハウハの下り。「楽し過ぎ」
 
線路を越える手前で12時の放送があった。
11時45分に6でELになってるはずなので、その後のルートはEL組が前にいるだろうと思いながら進む。
 
舗装路は地図どうり。ブリーフィングにもぴったり合うので、間違い様がない。
最後のダート区間、分岐の木にある”10外す”は金のヨリヨリ。
イメージ 6
 
今はシオゴン前にいるけど、後ろは足のあるいのマサとAさお。
その影を気にしながら、焦らないように分岐では慎重に方角を確認して進む。
 
”11付ける”で金のヨリヨリを付けたあと、後ろから誰か来る気配と物音。
急いで南へ行ったら、湿地で道がなくなった。
焦りながらそこで右往左往したけど、わかんない。
コンパスを見ると、なくなった道の先に行けと言っている。
なら行くしかない。
で、そこに行くと、イノシシ罠の先に橋を発見した。
 
後はとにかく舗装路を逃げてアリベまで。
アリベには、クリエイターのなべでっちさんが待っていた。
そして次に帰ってきたのはひこざる。”11付ける”で後ろにいたのはELのひこざるだったのだ。
完走組みの、うだこ、Aさお、いのマサも帰ってきた。
イメージ 8
 
そのあと通れなかった”4外す”からの正規ルートを確認に行く。
下ったルートを担ぎ上げて”4外す”へ。
 イメージ 9
 
いやいや、こっちの正規ルートを選択したら、もっと時間が掛かってたぞ。
粘土質のくだり、乗れないところも多くて、最後は崖を降りる。
ワイルドやった。
イメージ 7
 
小雨が降り出してきたので、本降りになる前に急いで表彰式。
 
やぐらしかは、やっぱり寒い。
やぐらしかは、やっぱりシングルの宝庫。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事