「みんなでつくるゴルフトーナメント」を合言葉に、
5月16日〜5月22日まで、とおとうみ浜松オープンが開催されました。 
地域・市民参加型の新しい運営スタイルの大会です。
多くのプロアマ選手の参加やボランティアの協力により、大変盛り上がりました。
小林正則選手(優勝)と石川遼選手(2位)のデッドヒートは記憶に残る激戦でした。 
地域から発信する新しいトーナメントの形として、来年以降も継続できるよう
応援していきたいです。
イメージ 1

衆議院経済業委員会

イメージ 1
5月11日 衆議院経済業委員会にて、浜岡原子力発電所の停止について、
海江田経済産業大臣に質問をしました。
静岡県出身の議員として、今回の原発停止決定については、40年以上にわたり、様々な経緯を踏まえた上で、国策として政府に協力してきた地元に相談がなかったことは、地元軽視ではないかと訴え、今後の展開においても地元の想いをしっかり受け止めてもらいたい旨要請しました。
 また、総理の法的根拠のない要請に対する妥当性、停止に対する具体的な支援措置及び担保について。 さらに製造業の一大集積地である中部地方の経済、産業状況や風評被害についても、経済産業省としての今後の取り組みの意向を質し、注視して取り組むよう要請をしました。
 
 

一次補正予算成立

本日、震災復興のための第一次補正予算が成立しました。
衆議院においては、29,30日、参議院においては1,2日と、
GW中も国会審議を行い、成立に至りました。
規模、内容ともに不十分ではありますが、緊急を要する被災地の状況を鑑み、
自民党も賛成しました。
しかしながら、特に財源については、バラマキ4Kが撤廃されていない、
また年金財源の流用など、問題が多々あるため、自民・公明・民主党間での確認事項を踏まえての
条件付きの賛成になりました。
被災地の復興については全面協力ですが、見直しを求めるべき点、現政権の問題点については、
当然建設的な野党として、引き続き厳しく対処していく所存です。

被災地を訪ねて

 
4月19日〜20日かけて、岩手県の被災地を訪れました。
三陸の地は、冷たい雪が降り、津波の映像が蘇る海は大荒れでした。
実際に訪れた被災地の現状は、我々の想像以上に過酷で厳しいものでした。

イメージ 1
 
震災復旧、被災者へのきめ細かな支援等々、迅速な対応が望まれている中、
我々も第一次補正予算、復興基本法な等に関しての議論を早急に進めております。
この国難に際して、我々は、子供や孫の世代に、この復興が新しい日本を創ったと言ってもらえるよう、
オールジャパンで立ち向かってまいります。

統一地方選挙によせて

 
本日、静岡県議会議員選挙、浜松市においては市議会議員選挙の告示日です。
未曾有の大震災に対し、自民党は、復旧・復興を最大の政治課題として、全力を挙げて取り組んでいます。静岡県においても震災への危機管理、地域の安全・安心は大きな政策課題であり、この統一地方選挙においても、我が党の政策を広く訴えていきたいと考えております。同時に大きな国難に直面する現在、日本復興のためには、経済活性化が不可欠であり、その為に静岡県が担う役割は大きいものです。被災地へ活力を送り、地方から復興への確実な歩みを生み出すためにも、この統一地方選挙を全力で勝ち抜いていきたいと思っております。
                                               塩谷 立
                                                                  

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事