題なしblog

引越し先はアメブロです。 https://ameblo.jp/koikeoyaji/entry-1247571

その他

すべて表示

コンサート、シベリウス、グリーグ、チャイコフスキー

イメージ 1

11月8日の夜はカミサン同伴でコンサートへ。演目は、以下のとおり

 シベリウス:交響詩「フィンランディア」
 グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調
 チャイコフスキー:交響曲第4番へ短調

 指揮:尾高忠明
 ピアノ独奏:小菅 優
 演奏:名古屋フィルハーモニー交響楽団

久し振りのコンサートでしたが、この日は生の「音圧」を感じるのは良いことを再確認しました。「フィンランディア」は力のある作品ですね。この一曲だけでも素晴らしいと、満足できるかもしれません。最後はもう少し熱いものを期待しましたが、でも「入」としてはとてもよかったと思います。

グリーグのピアノコンチェルト、実演は初めてで興奮しました。この作品、実は高校の頃に嫌というほど聴きました。その頃によく聴いたレコードは、独奏ルプー、指揮プレビン、ロンドン交響楽団で、シューマンのピアノ協奏曲とのカップリングでした。
今は、シューマンのピアノ協奏曲の方が好きなので、当時の自分からするととても信じられない状態です。
さて、この日のソリストは小菅優。
以前に一度だけ室内楽の実演に触れたことがあります。その演奏を聴いたときは、少し面白いアプローチをするという印象が僅かにありましたが、今日のピアノ協奏曲は、ちょっと自分の想像より超えていました。
結論から言うと好みの演奏ではなかったです。まず、速いところは速すぎるし、遅いところは遅すぎるというところが鼻についてしまいました。保守的な意見なのかもしれません。前日に予習でリパッティなんかを聞いたのも響いたかもしれません。
とはいえ、十分に華やかな作品でもありましたし、ピアノとオケのマリージュに酔うことはできました。

最後の交響曲、どうも今年は縁があるようで、実演2回目の体験となりました。しかも、同じオケです。チャイコフスキーのこの4番、色々と工夫が感じられてどちらかと言うと好きな作品のひつでもあります。
休憩時間に手足を伸ばさなかったことが災いして、3楽章あたりから落ち着きがなくなって集中できなかったです。
最後はやっぱり上手く盛り上げてくれて、演奏会としての満足感を十分に感じることができたと思います。計算された演出と判っていても、満足感が得られるのは、指揮者が「老獪」であるからだろうか。

コンサートの後は、居酒屋へ直行w
ビールが旨かった!

おそらく今年最後の記事になるでしょう(汗)

その他の最新記事

すべて表示

瀬戸「田代」の鰻丼

2016/10/18(火) 午後 10:31

10月15日の「けんぽれん」主催の 瀬戸でのウォーキングに参加した後に 「田代」で鰻を食べに行きました。 今回、初訪問でしたが良い時間に食べることができ ラッキーでした。 とにかく人気店なので、 まともな時間に食べることができること自 ...すべて表示すべて表示

尾張瀬戸にて

2016/10/18(火) 午後 10:15

10月15日(土)は瀬戸市へ行ってきました。 深川神社や窯垣のある小径を含む約7.5kmを歩きました。快晴で気持ちの良い歩きとなりました。 深川神社では七五三を祝うファミリーで賑わっていました。 この深川神社は ...すべて表示すべて表示

名フィル 第429回定期演奏会

2015/11/8(日) 午後 0:12

今日は、コンサート(名フィル、第429回定期演奏会)のために名古屋へ出向きました。 「嘉鮮」でのランチ後、ラシック、パルコをブラ歩き。 途中でお茶をしてから、夕方からのコンサートへ臨みました。 珍しく、妻同伴のコ ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事