白川好光―人生よりどころ『生きてこそ今』

現在放送大学在学中、心理学と教育科を勉強中

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全451ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

有難い感謝に秋田から同級生夫婦と初対面の仲間夫婦が6人で笠間別荘に  

迎え3泊4日の予定に茨城県ひたち海浜公園に群馬県館林のツツヅ祭りに、 

少し早い栃木県足利の藤など笠間市内を観光して楽しんだようだ。

皆さんとっても大喜びしておりました、初対面の夫婦でも直ぐ仲間のように

夕食を食べてカラオケに大賑わいの笑顔でした。

私の同級生も北茨城から駆けつけて、同級生3人で歌を披露一緒に致しました

一夜を共に過ごす事も、同級生の警察署長職場の後輩退職仲間のようです。

朝ご飯を皆でワイワイ夜の余韻を引きづりながら楽しい朝ごはんでしたよ。

又秋田へ帰る車を見送り、解散して10時には自宅に帰ってきました。

日曜日から私の仲間の激励旅行、千葉白浜温泉楽しんで帰って直ぐ又笠間へ 

高速直行で楽しんでの3日間は充実した日々是好日の3日間でした。

人が喜んでくれる笑顔は私の幸せで有り、自分の笑顔で私も幸せでした。

秋田へは思い出話をいっぱい詰め込んで、無事に帰る事を願っております。

開く コメント(6)[NEW]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

楽しい激励旅行も無事に終了いたしました。

妻を亡くされて七回忌を迎える先輩も、お陰様で元気でいてくれて

夕食のバイキング食事も私の三倍を食べておりまして、皆驚いておりました。

それだけの元気83歳とは思われない豪食家に大笑いでした。

昨夜はおとなしく8時には皆さん眠りにつき、朝満足に起きての温泉でした。

5人は40年来のお付き合いに皆さんで支え合い交流しております。

楽しさに秋にも旅行しようとの声に、群馬県の伊香保温泉と決定いたしました

朝、いちご狩りしまして美味しかったが、食い放題でも10個だけ食べました

が、そんなに食べられるものではありませんね。

昼食食べて高速で2時には自宅に到着、早いお帰りになりました。

早速これから笠間に直行致します、別荘には秋田からわざわざ笠間に3泊4日

の同級生夫婦とその仲間夫婦で3組で来ているので、夕食には行って一緒に

北茨城からも同級生が来て合流8人の夕食会が有るそうです。

出は行って来ます、忙しや忙しやーーー。

開く コメント(6)[NEW]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

もうあれから奥さん亡くなられて七回忌の法要が今年にあるそうだ。

早いものです時の流れは、夫婦の悲しみは正に愛別離苦の言葉ですね。

毎年計画して仲間達で激励旅行を今年も計画しての実行です。

今日は千葉外房白浜温泉に来ております。

仲間達は良いものですね、30年来の仕事仲間が今も支え合っております。

皆さん古希も過ぎました、特に先輩は83歳の高齢ですが、何とか元気に行動

してくれております。

遠くない内に我々も天国、彼の世でしょうが、生きて居る人生は精一杯の  

人生に悔いの無い生き方をしていかねばなりません、           

皆生かされて生きる事です。

皆ワイワイ子供の遠足ですよ、上手いもの食べて温泉に入り、昔を思い出を

話ししております。明日はいちご狩りをしてから帰りまして、自宅に戻り

夕方は笠間の別荘に高速で走ります。 土曜日から三泊で秋田からの    

同級生夫婦が3組来て観光して遊んでおります。その為に夕食までには   

間に合うように走ります、 

又北茨城の同級生も駆けつけてくれるようで賑やかな夜になりそうです。

白浜海岸ホテルから眺めております、温泉も入りのんびりしておりますよ。

開く コメント(7)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今日は午前中に市民への二時間講演を終了してきました。

大勢の市民の方々が熱心に聞いてくださった事に感謝いたします。

二時間講演も無事に終わりましたが、市民には二年に一回の回数に予定が  

組まれております。出来る限りの貢献しなくてはなりませと思っております。

一つの目的に向かい目標を作りいろんな角度で内容を多角的に判断しての

講演内容に致しました。幸福論は皆の望みですからね。

生きて居ると経験と体験を収集して多面的な広い場所から広く見出す実戦から

学ぶ事が多いです、

教科書にも無く、書店で買える事も無く、自分自身の経験体験が聞く側には 

響く感動を与える話し方、梅干を食べた事がある人は酸っぱさの強度が   

分かるが、食べた事の無い人には、何かの文面からは酸っぱさの実践の味は 

分からないのと同じ事だ。

一つの物事に集中しても多角的判断は何事に対しても大切な事だと、つくづく

思う。今日の講演の内容は「馬鹿でもこうして生きて来た」いろんな角度の

多角的経験の目線からのお話でした。

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

生きて居る限りこの世に嫌な事が少なくも無いのが日常化もーー

家庭で、夫婦で、会社で一般社会の自分の歩く周りで当たり前のように起こる

苦言の数々は、逃げようにも避けられないでしょう。

ならばそれを素直に受け止めて、それを基礎に自分の改善改良をする事も  

大切だ。もしかしたらそれ自体に感謝の心を持つ事も、自分の為に出世の為に

成長の為に私に神が仕向けてくれた注意かも知れないと思ったら腹も立たない

でしょう。                              

私の修業時代は親方も兄弟子たちも、社会の人たちまでが、何時も苦言の

連続だった。言われた時は腹も立ち、怒りも憎しみまで生まれたが、考えると

全部私の為に行動して語りの苦言でした、一人前にしてくれる人生の応援団が

苦言の嵐だったと今も考えるごとに感謝の言葉しかありませんね。

繁盛しないスーパーもお客様の苦言で復活の軌道に乗せた。レストランの

味の苦言を素直に聞くコックさんが一時憤慨しても反省から大繁盛になった

上司の叱りの指導も夫婦の妻の苦言も、反省の中から学ぶ事の大きさを

冷静に受け止める苦言に感謝する事が人間を大きく変える瞬間かもしれない。

開く コメント(8)

全451ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事