北朝鮮問題

硬軟、落差の激しい不思議なブログ

全体表示

[ リスト ]

大きな活字でご覧になるにはこちらをクリックしてください。

中国:ハニートラップ手口ばらされ怒る?

日本占領下の中国描く人気映画、主演女優CMを放送禁止

 7日の北京紙「北京晨報」によると、中国で昨年公開され、大人気となった映画「色、戒」(邦題・ラスト、コーション)の主演を務めた女優、湯唯(タン・ウェイ)が出演するテレビCMなどが国家放送映画テレビ総局の指示で放映禁止になった。
 北京、上海のテレビ局関係者が同紙に対して、「上級機関の指示に従って行った」と明らかにしたという。理由は不明。
 同映画は、日本占領下の上海で、抗日運動に参加した湯唯演じる女性が日本の傀儡政権下で特務を指揮する男性(トニー・レオン)に色仕掛けで接近し、禁断の愛に堕ちるラブストーリー。
 中国国内の上映では、大胆な性愛シーンがカットされた。また、日本に協力する「漢奸(民族の裏切り者)」を二枚目男優トニー・レオンが演じたことなどから漢奸を美化し、「愛国烈士」を侮辱する作品としてインターネットで激烈な批判が出ていた。
 香港紙「東方日報」は「映画を見た中国の指導者が不愉快になったことが原因」と報じている。                                                          ( 『 読売新聞 』 3/7 )

イメージ 1 中国でいくら改革開放政策が進んだといっても、やはり共産主義国家は共産主義国家である。表現の自由もなければ人権もヘッタクリもない。百歩譲って、たとえこの映画が当局の意に沿わないものであったとしても、この主役を演じた女優の出ているテレビCMを禁止にすることはないだろう。彼女は役としてそれを演じただけで、べつに彼女が悪い(?)わけではない。中国の指導者の一言でこんなことになるとは、やはりこの国は恐ろしい国である。

 映画に対する批判も中国でネットを賑わしているというが、漢奸を二枚目俳優が演じて美化し、愛国烈士を侮辱しているという理由はウソで、本当は大胆な性愛シーンがカットされた憤りではないのか。まっ、朝鮮人同様あの民族も単純だから、勧善懲悪(?)仕立ての映画しか受け付けないというのも、また事実かも知れないが‥‥。

 映画のタイトルについて、中国語で「Lust」は仏教用語の“欲情”、「Caution」は“戒め”を表している。つまりこの映画のタイトルは「欲情の戒め」という意味。だが、「Caution=戒」には中国語で指輪のことを“戒指”と表現するように“誓い”の意味もある。したがって「欲情の誓い」という訳にもなる。

 おそらく中国の指導者たちは、彼らの諜報活動(ハニー・トラップ)の手の内を映画によって公にされたという怒りと、タイトルにもあるように諜報員たちが「欲情の誓い」によって任務に当たられたら困るという焦りがあったのかも知れない。主演の女優の出ているCMを放送禁止にしたのも、それほど中国の指導者に衝撃が強かったということなのであろう。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い‥‥、何とも気の毒な女優である。



                ホームページ http://www.geocities.jp/shiraty5027/

閉じる コメント(13)

顔アイコン

女を使う常套手段。
汚いやり方ですが現実的ですね。
僕もはまりそうになったことがあります。
幸いにして大丈夫でしたけど。

2008/3/8(土) 午後 0:01 flattwin 返信する

flattwin様、嵌りそうになったって、flattwinさんはもしかして大物?

2008/3/8(土) 午後 0:45 shiraty5027 返信する

顔アイコン

私は、はまりたい。どんなにはまつても、yahooブログで全部ばらしているから、秘密なんてないし、ただ、病気だけはこわいなぁ。
冗談はぬきにして、今の自衛隊員なら、すぐにおとせそうですね。
日頃から、最も懸念している事項です。

2008/3/8(土) 午後 1:12 [ 無路無双 ] 返信する

shinsheito51様、自衛隊員はもちろん、政治家(例:橋本龍太郎)などもどっぷりはまっていたじゃないですか。かつて僕の上司もその罠にはまろうとしていたことがありました。その相手があまり美人だったので癪に障り、良心と正義の名のもとにブチ壊してやりました。

2008/3/8(土) 午後 2:52 shiraty5027 返信する

顔アイコン

めちゃタイプの子でした(笑)
あんまり言うとばれちゃいますのであれですけど。
こういうような扱いであの国の女性ってそれでも平気(兵器)なんですかね?

2008/3/8(土) 午後 3:56 flattwin 返信する

flattwin様、多分兵器なのでしょう。

2008/3/8(土) 午後 4:00 shiraty5027 返信する

顔アイコン

三国志にも董卓と呂布を反目させるために貂蝉という女性がハニートラップを地で行く活躍をしますね。子どものころからあらゆる芸事を仕込まれたという中にも房術もあったのでしょう。とすれば、こういう女性を養成することも民族の伝統としてあるということじゃないでしょうか?

2008/3/8(土) 午後 4:01 [ 太郎ともも ] 返信する

顔アイコン

ひっかからなかったのでプライドを傷つけたのでしょうか。
何故か怒られたというオチがあります。

2008/3/8(土) 午後 4:20 flattwin 返信する

bieさん、「房術?」思わず広辞苑をひきましたが、そんな言葉載っていない。やっとで意味を突き止めましたが、bieさんあまり難しい言葉使わないでくださいよ。
そういわれれば房術とはいわないまでも、纏足なんかは他者を眩ますために利用されたでしょうね。中国の伝統に房術がある?‥‥。見て見たい!でもあくまでも好学のためです。

2008/3/8(土) 午後 4:22 shiraty5027 返信する

顔アイコン

好学ですか・・。ちょっといい感じ。

2008/3/8(土) 午後 4:26 flattwin 返信する

flattwin様、勘違いしないでください。「好学」とは「学問を好む」という意味で、今あなたがイメージしている内容とは違います。意ヒヒヒヒ。

2008/3/8(土) 午後 4:28 shiraty5027 返信する

顔アイコン

古来より最も敵情報を入手しやすい方法がハニートラップですものね。
中国はたとえどれだけ国家の要職が若返りを行おうと、結局牛耳っているのは老醜著しい北京のくそジジイどもです。そして「政権は銃口より生まれる(でしたっけ?)」という言葉にあるとおり、自身がどんな要職から追われようと、軍事力だけは最後まで掌握しようとします。この事実が変わらない限り、中国の社会主義制至上主義はちっとも完熟しません。

2008/3/8(土) 午後 10:34 フッケバイン 返信する

フッケバイン様、おっしゃるとおりだと思います。中国はやがて繁栄目覚しい沿岸部と、貧困の極にある内陸部とがぶつかり、内乱が起きるものと思います。あの国は歴史的に内紛が絶えない。いつの日か、共産党一党独裁も終焉する日が来るのではと、心より願っています。

2008/3/8(土) 午後 10:43 shiraty5027 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事