サクラ貝のうた

潮騒と夕日の海辺でサクラ貝

氷柱(ツララ)

2018年2月7日(五島市三井楽町濱ノ畔)午前11時00分頃、撮影。 倉庫のスレート屋根部分にツララが吊り下がっています。 雪国、北陸や東北の人から見ると、この様な光景は珍しいことでないでしょうね。 私の住んでいる南国(長崎県五島市)ではツララの吊り下がる光景は何十年も見ていませんね。 雪が降っても屋根の上の雪は一日で溶けて流れてしまいます。 屋根の上に雪が2日間以上あることが珍しいことになります。 畑の中の積雪も2日以上になっても解けずに残っています。

その他の最新記事

すべて表示

ウミネコ

2018/7/20(金) 午後 0:47

2018年7月18日(五島市三井楽町、三井楽港)18時17分頃 全長44〜48cm。翼を広げと120〜128cmほどになる大きさです。 港内の高い外灯の上に1羽のウミネコが見られました。 ウミネコとカモメは同じカモメ科の鳥です。ウミネコは留鳥であることに対しカモメは渡り鳥(冬鳥)であるという違いがあります。

メジロ

2018/7/20(金) 午前 11:37

2018年7月19日(五島市三井楽町、桐ノ木農免道路)18時50分頃。 全長は約12cm。スズメより小さい。道路沿い草むらにいるホウジロに混じってメジロも有刺鉄線の上などに飛び上がります。 3枚目画像は7月17日、16時50分頃に同場所で撮ったものです。

ホウジロ

2018/7/19(木) 午前 11:59

2018年7月18日(五島市三井楽町、桐ノ木農免道路)17時10分頃。 全長は約17cm。翼開長が約24cm。道路沿い雑草の上で種子を啄ばんでいるホオジロは自動車が走行して来ると、有刺鉄線の上などに飛び上がります。



.


みんなの更新記事