サクラ貝のうた

潮騒と夕日の海辺でサクラ貝

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全362ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

キジ(雄)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2週間前にキジの雌と子供の親子を見かけた場所から20メートル離れた場所で日暮れ頃、見かけました。
キジの繫殖期には雄雌とも行動しますが、子育ては雌だけが行うようで雄は一人ぼっちの行動になります。
雄が縄張りを持ち、雌は複数の雄の縄張りに出入りするので乱婚の可能性も高いようです。
鶏(ニワトリ)などの受精卵はオス1羽にメス10羽の割合がいいと、昔の頃、ニワトリを飼っていた時に言われていました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イシガケチョウ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

名前の通りに、石崖・石垣模様の翅であり、ひらひらと紙切れが舞うように飛び回っています。
前翅長は26〜36mm。翅は白地に細い縞模様があり、地図のように見えることから、英名はcommon Map(地図チョウ)と呼ばれています。

この記事に

開く コメント(0)

ナミアゲハ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

人家の周辺でよく見られるチョウです。成虫の前翅長は4〜6cmほどで、今年は例年より見かけることが多いようです。

この記事に

開く コメント(0)

ハスの花

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ハスの花期は7月〜8月で白またはピンク色の花を咲かせる。地中の地下茎から茎を伸ばして水面に葉を出す。
古い名前は「はちす」花托の形状を蜂の巣に見立てたとする「はす」はその転訛とされています。

この記事に

開く コメント(0)

夕陽

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2017年7月16日(長崎県五島市三井楽町淵ノ元長崎鼻海岸)夕陽です。
この場所は満潮時には行くことの出来ない小高い狭い範囲の所に浜木綿(ハマユウ)が群生しています。
前日に比べると夕陽の陽射しは弱くなって19時30分頃、雲の中の日の入りでした。

この記事に

開く コメント(0)

全362ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事