鴎(マリーンズ)旋風を願って。

泥臭くたっていいじゃない。勝利に貪欲に。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全407ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

補強をどうする?

残念ながらデスパイネの退団によって、4番打者が居なくなってしまいました。
キューバとの関係を続けていきたい。とは言ってましたが、考えた方が良いかもしれませんね。延ばし延ばしにされてこれでは、今後に響きます。

話は逸れましたが、フロントの動きが遅い。
デスパイネの退団は想定していなくてはいけないはずで、だったら第2第3の手は考えておかないといけないはず。
今頃になって、経験者になるかと思う〜、とかでは困ります。

とはいえ、こうなってしまったら急いで決めても仕方ないので吟味して欲しいところ。
デスパイネに出せるだけの資金力はあるそうなのでね。

伊東監督や涌井に愛想尽かされる前にしっかりと来季に向けた準備をして欲しいものです。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

シーズン終了

残念ながら2連敗でクライマックスシリーズ敗退となりました。

結局、シーズンの時の課題と一緒で投手は踏ん張れたのですが、打線の課題は浮き彫りになりました。

結局、相手にプレッシャーをかける打者がデスパイネくらいしか居ないので、警戒して四球というのが無いんですよね。

角中は首位打者ですが、ホームラン打者ではないですから。
かといって、盗塁王が狙えるような打者で周りを固めているわけではないので、相手から見て、嫌らしさもない。

私も福浦のファンではありますが、まだ彼が5番を打ってるようでは厳しい。
また、ナバーロを使い続けないといけない状況も厳しい。

まあ、シーズンの課題が出た2連敗でしたね。

伊東監督には続投して頂いて、チームの土台作りをやってもらいたいと思います。
明日から早速、来シーズンに向けて動き出してもらいたい。

FAは参戦しないのであれば、田中浩康を狙ったり、少なくともそちらの補強はして頂きたいですね。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

2016シーズン雑感

お久しぶりです。
大分、サボってしまっていますが、なかなかブログに時間が取れないというか、意欲が乗らなかったというか。
とはいえ、試合は観ていたので感じていたことは書いていこうと思います。

投手陣に関しては、唐川がある程度復活していることは大きいものの、もう1人くらい出てこないと厳しい。
そういう意味では、二木が今シーズン、褒められた成績ではないですが、1軍1年目の選手にしては来年に向けて我慢強く使った部分がプラスに出てくれば良いな。とは思っています。

涌井・石川・唐川・スタンリッジ・二木・(チェン)
左の先発がほしいですね。また、スタンリッジ・二木は完投能力がないですし、特にスタンリッジに関しては助っ人扱いで6回で捕まる癖は何とかしたいところ。先日の投球ができれば十分やってくれそうな気配はありますが、年齢も年齢ですし、果たして。

リリーフに関しては故障で苦しい部分がありますが、南・関谷・内・益田・田中靖・松永・西野と枚数は揃っています。
松永が不安定だった時期が長かったですが、持ち直していますし、リリーフに関してはある程度、うまくやりくりできているかと。田中と南・関谷が頑張ってくれてることが大きいですね。


今シーズン観ていると、正直、大地のショートは限界というかシーズン通すと厳しいかなと。
平沢のバッティングには、やはりセンスを感じるということと、結果が出なかった時期も思い切り振っていたので、タダモノではないと思います。
来年は、上でもっと経験積ませてやっても良いかなと。
できれば、大地にはセカンドかサードに回って欲しい。厳しいこと言うと現状の守備範囲では、物足りないです。

外野に関しては清田があそこまで悪かったのは誤算。
しかし、我慢強く使っていたのは結局、清田のようなタイプが居ないため。
近年のドラフトが俊足巧打タイプに偏りすぎているので、ある程度、スラッガータイプを取っていかないと、相手からは怖さがないでしょうね。

あと、ファンには申し訳ないですが、ナバーロは解雇しないと、戦力になってない上に若手育成の妨げになるので、見切りをつけるべきでしょうね。
動きも怠慢ですし、今年打てなかったとはいえ、中村の成長力に賭けてみては?

来シーズンも更に厳しいシーズンになると思いますが、デスパイネと角中の負担を減らすこと。
大地の代わりのショートが出てくること。(大地自体は、セカンド・サードならもっと打てるのでは。)
福浦・井口に代わるファースト、助っ人でもよいので出てくること。
清田のような選手が出てくること。
もう一人先発が出てくること。
中村、細谷、大嶺の成長力

課題はてんこ盛りですね。正直、よく3位で踏みとどまったと思いますよ。
というのが今シーズン感じたことです。

開く コメント(1)

今季は今江等の怪我もあり、終盤の大事なところでの出場機会が増えましたね。

1打席の少ない打席でも今季は結果を出していましたし、個人的にはバッティング面成長してきたなー。という印象があり、中村や三木といった若手にファンの期待は押されていますが、個人的にはこの高濱、来季は期待できるのではないか。と思っています。
それだけ打席でも粘りが出てきていますし、ファーストの守備固めの起用も多かったですが、サードもセカンドもいける選手なので、ある意味、今江とクルーズが出て行ったことで彼は喜ばないといけません。
そして、そのチャンスを掴まないといけないですね。

左打者ということで、左投手のときに外される機会は多いかもしれないですが、それまでの打席で結果を出せば打席をもらえるチャンスもあるかと思いますので、今季終盤の調子を維持して、スタメンを勝ち取ってほしいところですね。彼ならやれるでしょう。

評価は、終盤の頑張りと来季への期待料をこめて「B」
もうファームに居てはいけない選手なので、一軍戦力として1年頑張ることを最低条件として期待しています。

開く コメント(1)

今季は序盤こそかなり調子が良く、抑えている印象が強かったのですが、GWあたりから打ち込まれてしまって一気に防御率を悪くしてしまいましたね。
ただ、シーズン序盤の好投も光っていたという部分で、球団ももう1年チャンスを与えてくれたというところでしょうか。

シーズン序盤のストレートの勢いとフォークのキレがあれば、間違いなく貴重なリリーバーとして計算できる球を投げていると思いますので、スタミナ的な問題なのか分かりませんが、1ヶ月でも長くその投球を続けていくことが非常に大切であると思います。

逆を言えばシーズン序盤は安定して抑えていただけに、せっかくのチャンスを逃してしまった。
防御率も一気に悪くなって印象も悪くなってしまいましたし、何とかプロ生活を続けるためにも来季は更なる結果を求められますね。

評価は、シーズン序盤の活躍を考慮して「D」とします。

開く コメント(2)

全407ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事